秋山ピッチャー(阪神)の降板理由や異変ってなに?登録抹消の可能性も調査!

ペナントレースも終盤戦を迎えるというところで、楽天に続き、次は阪神に悲劇が起こりました。

阪神の先発の柱である「秋山」が試合中に異変を訴えたようで、突如、マウンドからベンチに引き下がりました。

その後ベンチに姿を表さずに、どういう状況なのかまだ何も報告されていません。

ここまで秋山投手は9勝4敗という飛躍を遂げており、現在2位の阪神にとって、なくてはならない存在だけに気になって仕方ありませんよね?

そこで、秋山投手に一体何があったのか?その降板理由や、異変の正体、ほか登録抹消の可能性などについて調査していきます。

スポンサーリンク

秋山ピッチャー(阪神)の降板理由はなに?

ヤクルト戦に先発した秋山投手ですが、3回2死からヤクルト:坂口に四球を与えたあと、投手コーチやチーフトレーナーをマウンドに呼び、なんでも異変を訴えたようです。

まぁ坂口選手相手に投げている時、振りかぶらずにセットポジションで投げていましたので、ちょっとおかしいとは思っていましたが、その直後に投手コーチ陣をマウンドに呼びました。

ご自身でなんらかの体を不調を感じたのか、話し合った結果、そのままベンチに引き下がり、松田投手と交代しました。

秋山投手が降板した理由は、この異変が原因ということはわかっていますが、この異変とは一体なんのでしょうか?

ネット上では腹痛などという意見もありましたが(笑)

一般的に考えたらその可能性は低いでしょうし、ピッチャーですので、肩や肘に違和感を感じて・・・と考えるのが妥当ですよね?

走者がいないのに、振りかぶらずにセットポジションで投げていたことからも、肩や肘などのどこかに違和感を感じていたのは間違いないでしょう。

それにしても、なぜこのタイミングで秋山投手に異変が出てきたのでしょうか?

一つ考えられることは、秋山投手は例年の登板回数はだいたい7〜8回ぐらいでしたが、今年はなんと16試合に登板しており、今までにないハイペースで投げていることがわかります。

まだローテーションに適応できていない部分もあるのか、体を酷使しているのはちょっと想像できますよね?

単純に考えると去年より2倍登板していることになりますので、まぁ体を痛めるのも無理はありませんか。

軽傷で済むなら何よりですが、ご自身で異変を訴えるぐらいですので、ちょっとただ事ではないのかもしれませんよね。

今年は期待されていた選手だけに、この異変がなんなのか、早く原因を突き止めてピッチに戻っていただきたいです。

阪神:秋山ピッチャーのプロフィール情報

秋山拓巳
  • 氏名:秋山拓巳(あきやま たくみ)
  • 生年月日:1991年4月26日
  • 身長:188cm
  • 体重:97kg
  • 右投げ左打ち
  • 出身:西条高校
スポンサーリンク

秋山投手が登録抹消になる可能性は?

最後に気になるポイントは、やはり「登録抹消になるのか」ということですよね?

こちらについても、秋山選手の故障の原因がはっきりしないことには、なんとも言えませんが、現在の阪神で秋山投手がいないのはかなり致命的ですので、一軍に残留してほしいのが本音です。

ただし、先ほども述べたように、マウンドで異変を感じて、その後はベンチにも姿を表さないぐらいですので、軽傷で済む問題ではないのでしょう。

考えたくはないですが、現時点の情報から察するに、登録抹消は避けられないのではないでしょうか?

阪神:秋山ピッチャーについてまとめ

また、これから球団側から詳細情報が報告されるでしょうから、新たな情報が入りましたら随時更新していきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。