アズカバンの囚人をわかりやすく解説!シリウスがなぜ悪人で脱走した理由なども!

ハリー・ポッターシリーズの第3作「アズカバンの囚人」といえば、ファンの間でシリーズ屈指の名作と言われ、

ハリーが13歳に成長し、両親の死の真相に迫っていく見どころ満載のストーリーです!

本作の主人公はもちろんハリーですが、アズカバン監獄から脱走した凶悪犯、シリウス・ブラックが第3作の鍵を握っているのは間違いありません。

ラストの意外な結末にはちょっとビックリしましたね・・・

また、今後のストーリーを左右するキャラクターが続々登場する中で、これまで謎だった事実が少しずつ明らかになり、ハリーに史上最大の危機が迫るなか、

彼は仲間達と共に立ち向かっていきますが、なんだか物語をみていて、どうにもしっくりこない・・・という方も多いのではないでしょうか?

なんとか概要は掴めているが、あの部分がわからない・・・という感じですね!

そこで今回は、ハリー・ポッターシリーズの第3作「アズカバンの囚人」について、わかりやすく解説していきます!!

また、本編でも重要な登場人物でもある、「シリウス・ブラック」についても調査していきますよ〜

スポンサーリンク

アズカバンの囚人をわかりやすく解説!

さて、「アズカバンの囚人」について解説していきますが、ハリーポッターシリーズって物語が進むにつれて

「これってどういうこと?」

という疑問が増えると思いませんか??

これからどんな展開になるのか?というのはもちろんですが、そもそも現在登場している人物達の相関図なんかもサッパリわからなくなることがあります。

ん〜やはり時間の限られる映画なんで、原作をそのまま公開しているわけではなく、ところどころで端折っているからでしょうね。

特に洋画は、全般的に複雑な構成になっていることが多く、物語の前半部分は全くと言ってよいほど内容は掴めませんが、いきなり中盤ぐらいから急ピッチに進む・・・なんていうパターンが多いですよね?

その波についていける人は良いですが、もし出遅れたらもうどんな展開になるのか?登場人物達の関係性などはサッパリわからなくなります。

そこで、「アズカバンの囚人」を実際に観て、

「これって結局どういう意味なの??」

という疑問をまとめてみましたので、読後にスッキリしていただければ幸いです!

「シリウス・ブラック」はどうやって脱獄したの?

まず気になったのがコチラです!

シリウス・ブラック

物語の後半にかけて、アズカバン監獄から脱走した凶悪犯、シリウス・ブラックがハリー達の前に現れますが、そもそも彼はどうやってアズカバン監獄から抜け出したのでしょうか?

正解は・・・犬に変身して脱獄しました。

吸魂鬼(ディメンター)は目が見えません。→全身が黒くマントに覆われている不気味な生き物です!

吸魂鬼は、人間のプラスの心を嗅ぎ取って人間を確認しています。つまり、動物のことは察知することができないために、吸魂鬼が食事を配給するときに、犬の姿でそのわきをすり抜けることができたというわけです。

スポンサーリンク

シリウス・ブラックは何のために脱獄したの??

コチラの疑問については、割りとわかった方が多いのではないでしょうか?

物語の前半では、ハリーの名付け親であるシリウスは、ハリーを殺すために脱走したという情報が出回り、

ハリーにとっても恐怖の存在でしかなりませんでしたが、事実は違いました。

シリウスがわざわざアズカバン監獄から脱走し、ハリーのもとに出向いたのは、

ハリーを助けるためです!!

つまり、シリウスは良い人だったんですよ!!

では、誰が悪人だったかといえば、ハリーの友人「ロン」の肩に乗っかっている「ねずみ」ですね!

実はこのネズミが「ペディグリュー」だったわけです。物語の後半でも呪文がとけて、太ったおじさんが転がってきましたよね(笑)

なぜシリウスは「ペディグリュー」がねずみに化けていることに気づいたのか?というと、ペディグリューとシリウスは学生時代仲が良かったので、何度もネズミに変身した姿を見ていたからなんです。

シリウスってなんで悪人呼ばわりされてたの??

ここがちょっと理解できなかった・・・という方のために、わかりやすく解説します!!

先ほどもご紹介したとおり、シリウスは良い人で、要するに無実の罪を被っていたのです。

ハリーの両親を守るため、特定の人物(秘密の守人)が居場所を明かさない限りは守られるという魔法を使い、

この特定の人物(秘密の守人)がシリウスになる予定でしたが・・・直前でシリウスが拒否し、友人のペディグリューに託すことになります。

誰しも、特定の人物がシリウスだと思っている状況だからこそフェイクとして変えたのです!この事実はハリーの両親以外は誰も知りませんでした。

しかし、ここで事件が起こります。

なんと、ペディグリューは親友を裏切り、ヴォルデモートにハリーの両親の居場所を教え、逃走しました。

つまり、誰もが秘密の守人=シリウスだと認識していましたので、シリウスが悪者扱いされたわけです!

スポンサーリンク

「ペディグリュー」はねずみに化けてハリーに近づいていたのに、なぜすぐ狙わなかったの??

ペディグリュー

ヴォルデモートが力を失った今、ヴォルデモートのために働いても意味が無いと思っていたために、ハリーを狙わず静かにしていたのです。

ちなみに、ヴォルデモートは魔法界の歴史上において最強の闇の魔法使いであり、最も不滅に近づいたと言われる人物です。言うまでもなく、ハリポタ本編のラスボス的な存在です!

そしてヴォルデモートが復活したら手柄を見せ付けて、仲間に入れてもらおうと考えていたというわけですが、

計画は失敗した・・・ということです!笑

ルビウス・ハグリッドの身長って何センチなの??

ルビウス・ハグリッド

第3作で「ルビウス・ハグリッド」が登場シーンは、ホグワーツ魔法魔術学校の新学期が始まるシーンですが、彼が席を立つとあまりの迫力とパワーで、テーブルのグラスが次々に破壊されますよね?

そして、次の瞬間・・・

てか身長高すぎ〜!!

なんて思った方も多いのではないでしょうか?

それもそのはず。彼の身長は350cmだからです(笑)ハグリッドは、半巨人の魔法使いであり、人間のハグリッド氏と巨人のフリドウルファとの間に生まれた異色の魔法使いなんです。

身体のサイズが異様に大きいと思っていましたが、そういうことだったんですね・・・

ただし、ハグリッド演じる俳優:ロビー・コルトレーンさんの実際の身長は185cmですので、お間違えのないように!!

たまに、ハグリッドを演じている方って、ホントにでかいの??なんていう方がいますので(笑)

まぁ〜日本人からしてみたら、185cmでも十分に高いですけどね!

アズカバンの囚人についてまとめ!

本作はハリーポッターシリーズでも屈指の名作と言われており、とても面白い内容に仕上がっていますが、その反面、他にも様々な???が存在します。

まだまだスッキリしないことが多いですので、また随時更新していきます!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

スポンサーリンク