ブッフォン2018年W杯後に引退とその理由は?イタリア代表GK。

サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)の「ユベントス」に所属するGKブッフォンが、2018年W杯後に引退する意向を示したというニュースが入ってきました。

もともと昨年から引退の噂があったブッフォンですが、今回の報道で引退することが確実となったようです。

イタリア代表GKブッフォン、2018年W杯後に引退。

2018年のロシア・ワールドカップ(W杯)を40歳で迎えるブッフォンは、その舞台を最後にユニフォームを脱ぐかもしれないと以前から言われていました。それは、彼自身の発言からそのような噂が広まりました。

「2018年のW杯まで自分をプッシュできるなら前進する。それからシャッターが下りるだろう」

シャッターが下りる・・・とはすなわち「引退」ということを意味します。

他にも引退についての発言がちらほらあり、今に始まった話ではないので特に驚くことでもないのですが、2018年ロシア・ワールドカップをもって引退することが確実となりました。

ブッフォンが引退を決意した理由はなに?

ブッフォン

なかなか本人からはっきりとしたコメントは出ていない状況ですが、2018年ロシア・ワールドカップ(W杯)はちょうど40歳を迎える年なので、年齢的に区切りが良いというのは、一つの理由だと言われています。

また、40歳を迎えようとしているのに、いまだにハイレベルなパフォーマンスを披露するブッフォンは、正直まだピッチに上がれる体力と気力はあるのでしょう。しかし、40代半ばや40代後半の体が衰えてくる頃よりも、ハイパフォーマンスでプレーできる今のうちに、最高の形で引退したいという思惑があるのではないでしょうか。

日本でいうと、現在50歳の「三浦知良」のように、体がいうことを聞かなくなるまで現役を続けるというのではなく、最高のパフォーマンスが発揮できる今のうちに、最高のパフォーマンスを披露してピッチを去りたいということです。

ロシアW杯で引退・・・でもブッフォンがもう1シーズンだけプレーする可能性があるの!?

そうなんです。ちょっと複雑ですが、ロシア・ワールドカップ(W杯)が閉幕しても、ブッフォンがもう1シーズンだけプレーする可能性があるんです。

以前から、ご本人はこのように発言されていました。

「ただもう1シーズンだけプレーを続ける可能性もある、ただし、実現させることは難しそう

この言葉の意味するものがイマイチよくわかりませんでしたが、ついに謎が解決しました。

それは、欧州チャンピオンズリーグ(CL)で優勝した場合は、さらに1シーズン現役を続行するということでした。

つまり、2018年の6月頃に決勝を迎える欧州チャンピオンズリーグ(CL)で勝ち上がり、見事に優勝すると、ロシア・ワールドカップ後も1シーズン現役を続行するということですね。

残念な話ですが、2017年6月3日に行われた欧州チャンピオンズリーグ決勝でブッフォンの所属するユベントスは、レアル・マドリードに1−4で屈し、2年前の(決勝)FCバルセロナ戦に続き、トロフィーを手に取ることができませんでした。

2度もチャンピオンズリーグ制覇を逃したブッフォンは、チャンピオンズリーグに対してただならぬ情熱を抱いていることがわかりますし、それはワールドカップ以上だと言っても過言ではありません。

2006年のドイツ・ワールドカップでイタリア代表を見事優勝に導いたブッフォン。2018年はロシア・ワールドカップでの活躍にも期待したいですが、それよりもチャンピオンズリーグ(CL)で勝ち上がり、そして念願の優勝トロフィーを手にした姿をみて、少しでも長くピッチに立っていただきたいですね。

イタリア代表(GK)ブッフォン引退後の進路は?

メディアでは様々なコメントが取り上げられていますし、本人からもフワッとしたコメントが多いので、今のところはなんとも言えない状況です。引退後は少しゆっくりしたいという気持ちもあるでしょう。

ただ、やはり有力なのはクラブチームの監督、もしくはスカウトマンといったところでしょうか。

ブッフォンはあるインタビューで、「監督よりもスカウトマンの方が自分には合っている」と発言されていました。それも「引退後の目標」だとも言われていました。

「アメリカや中国のような大国に行って、有能な選手を見つけ出したい。もし何かやるなら、止まることなくトップになるまで極めたい」

さすがはイタリアの守護神です。ゴールキーパー(GK)としては間違いなく世界No.1プレイヤーだった彼は、現役を退いても高い志を持ってビジネスに取り組んでいくでしょう。

アメリカや中国を選択したのは、「大国」だからというのは一つの理由でしょうが、あまりサッカーが発展していない地域、将来性のある市場、という風に捉えているかもしれませんね。

ブッフォンの姿をピッチで見れなくなるのは残念ですが、引退後の動向もますます目が離せません。

スポンサーリンク