ドクターXソンタ君(ロボット)の声優は誰?名前の由来が面白いと話題!

毎度高視聴率をキープしている人気のテレビドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」ですが、

2017年の秋から新シリーズが始まり、秋ドラマの中では一番注目されていますよね〜

なんでも初回の放送で視聴率20.9%という驚異的な数字を叩き出し、早くも注目されています。

ところで、「ドクターX」といえば今作で第5期に入り、これまでのシーズンで登場してきた人物もたくさんいらっしゃいますが、

第5期から新たに登場する注目の人物!?がいます。

それは、蛭間(ひるま)院長の第二秘書である”ソンタ君”ですね!そうです。ロボットです(笑)

ドラマ中では面白い発言を連発したり、”ソンタ君”という名前の由来が意味深と話題になっています。また、一体どんな方が声優を担当されているのかも気になりますよね〜

そこで今回は、ドクターXに登場してくる「ソンタ君」について調査していきますよ〜

スポンサーリンク

ドクターXソンタ君(ロボット)の声優は誰?

まずは、ドクターXに登場する「ソンタ君」の声優が誰なのか調べてみましたが、

声優を担当しているのは、

岩崎ひろしさん

だと判明しました!!

以下、岩崎ひろしさんのプロフィールです!

  • 氏名:岩崎ひろし(いわさき ひろし)
  • 本名:岩崎 博(読みは同じ)
  • 生年月日:1953年5月29日(64歳)
  • 出身地:埼玉県
  • 身長:173cm
  • 職業:声優、俳優
  • 所属劇団:劇団青年座

主に中年男性・老人役を担当し、落ち着いた男性・情けない役・卑劣な悪人・陽気なコメディアンまで幅広く演じる声優です。また、俳優としてのドラマ出演が多いのも、周りの声優とは一線を画する特徴といえるでしょう。

声優業では主に洋画作品の吹き替えを行うことが多く、スタンリー・トゥッチやローワン・アトキンソンの吹き替えを始め、「スター・ウォーズ・シリーズ」では野沢那智の後を継いでC-3POの声を吹き替えました。

岩崎ひろしさんが出演したドラマの中で、記憶に新しいものといえば「必殺仕事人2009 第6話」隆玄 役などでしょうか。

どんな方かというと、コチラの方です!

おぉ〜これはドクターXの「ソンタ君」と共演しているではありませんか!!

ちょっと話は変わりますが、こうやって見てみると、ソンタ君って意外にサイズが大きいんですね(笑)

スポンサーリンク

ソンタ君という名前の由来が面白い!

さて、ネット上ではソンタ君の名前に反応する方々が多いですが、一体どういうことでしょうか?

<

ん〜やはり”ソンタ君”というワードに反応していますね!

単順にソンタ君というロボットが面白いという意味合いも含まれているような気はしますが、

忖度からのソンタくんはずるい

というコメントが妙に引っかかります。

そこで、忖度という言葉の意味を調べてみましたが、「そういうことだったのか!」と納得しましたね。

では、忖度について解説しますが、

忖度とは「そんたく」と読みます。

言葉の意味は、

他人の心をおしはかること。また、おしはかって相手に配慮すること。

引用:コトバンク

言葉の意味を聞かれると「そういう意味だったんだ!」と納得しますが、普段聞き慣れない言葉だけに、漢字すら読めないという方も多いのではないでしょうか?

ちなみに、この忖度という言葉ですが、

2017年に話題になった「森本学園問題」を機に出回り始めた言葉なんです。渦中の人となった籠池泰典理事長も記者会見で連発し、外国人特派員たちを大いに混乱させましたね。

そのような経緯から、まさにトレンドの時事ネタをドラマに突っ込んできたというわけです!

忖度→そんたく→そんたくん→ソンタ君

いや〜これは面白いですね!ネット上で話題になるのも頷けますよ!

ちなみに、ドラマ中では他にも時事ネタを突っ込んでいますが、皆さんはお分かりでしょうか??

例えば、

小池百合子都知事の決めセリフにちなんで、

患者ファースト

という決め台詞を志村まどか演じる「大地真央」が発言していましたし、

志村まどかが略奪不倫で週刊誌に報じられて、

「ゲスの極み」

とまで言われる始末に。

随所にトレンドのワードが散りばめられており、改めて計算し尽くされた作品だな〜っと深く感心しました。

ソンタ君ってどこのメーカーのロボットなの??

ソンタ君の名前の由来がわかったところで、お次はどこのメーカーなのか?という疑問ですが、

ソンタ君について調査していたところ、ある有力な情報が見つかりました!

どうやら「NAO」というロボットらしいですね。

そこで調べてみたところ、

SoftBankが開発した最初の人型ロボットだということがわかりました!

身長58cmのNAOは、2006年にNAOの冒険が始まって以来、ずっと進化を続けているようです。

現在その5つ目のバージョンである「9000 NAO」は、世界中で販売されています。

世界で行われている様々なショーやホテルの受付、コンシェルジュなどの仕事もこなす万能ロボットで、しまいにはドラマにまで登場するようになりましたね。

これはいよいよAIの時代が本格的に始まった予兆かもしれませんね・・・

ある方によれば、

外見はNAOで中身はほとんど「Pepper」とのことでしたが、きっとロボットに詳しいお方だと思いますので、おっしゃる通りかもしれませんね。

ちなみに「Pepper」とは、

このロボットです!

一度はご覧になったことがあるのではないでしょうか?

外見は人型のNAOで、中身は頭脳明晰のPepper・・・

2つのロボットのいいとこ取りしているソンタ君って、よく考えたら出演者の中で一番最強かもしれませんね・・・笑

スポンサーリンク

ソンタ君が今後の物語のカギを握っている!?

物語のキーマー:蛭間(ひるま)院長の第二秘書として、これから登場するシーンが増えそうなソンタ君ですが、

頭の良いロボットということで、蛭間院長に忠実で大きな仕事をやり遂げる反面、

何か重大なミスを犯してしまうのではないか?

そんな気がしてなりません。

例えば、

蛭間(ひるま)院長の秘密をある特定の人物に漏らす

とか、

単順にある人を侮辱するとか(笑)

いくらロボットとはいえ、まだ人間ほど感情的な部分のコントロールがきかないロボットがうっかりミスすることによって、ドラマが大きく動き出す・・・という展開はついつい想像しちゃいます。

なんせ、ロボットなのにドラマの「キャスト一覧」の中に加わっているぐらいですから!

ドラマ中では、ソンタ君の言動からますます目が離せません!

ソンタ君についてまとめ!

  • ソンタ君の声優担当は岩崎ひろしさん。
  • ソンタ君、名前の由来は忖度(そんたく)から。
  • ロボットのメーカーは、SoftBank。
  • ロボットの本名は「NAO」。
  • ソンタ君が物語のカギを握っている!?

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

スポンサーリンク