冬場のメンズファッションを格上げするチェスターコートについて解説します。

今回は冬場のメンズファッションを格上げするチェスターコートについてご紹介します。

チェスターコートって今や冬場の大人コーデには欠かせない洋服といっても過言ではありませんよね。しかし、残念なことに多くの方が購入するのを諦めます。その理由は人それぞれでしょうが、「フォーマルな洋服なので似合わない」「キメすぎと思われる」といった意見が多いと感じます。

「私にはチェスターコートなんて似合わない」

そう思っているあなたはホントに損しています。こんなエレガントに見える洋服を着ないなんて。

スポンサーリンク

チェスターコートってテーラードジャケットよりフォーマル。

チェスターコートって簡単に説明するとテーラードジャケットを長い着丈にしたようなデザインですよね。

もともとはフォーマルな場所で着られていたコートですので、紳士的なのは当然です。しかも、テーラードジャケットより紳士的に見えますので、羽織るだけで大人の雰囲気に仕上がります。

私は以前、チェスターコートは着る人を選ぶ洋服だと思っていました。たしかに背の低い人や童顔の人は似合わないとは言われますが、それに自分が当てはまってるいるからといって諦めるのはナンセンスです。

どんなに身長が高くて大人びた顔の人でも着こなしのポイントを掴めていなければ当然かっこ悪くなります。

スポンサーリンク

チェスターコートを上手にコーディネートする方法をご紹介します。

まず絶対に守っていただきたいことがあります。それは細身のボトムスを選択するということです。要するにスキニーパンツですね。

それはなぜか?チェスターコートって着丈が長いので上半身にボリュームが生まれます。なので下半身も同じボリュームのあるモノを選択するとおかしくなってしまいます。別の記事でもご紹介しておりますが、下半身は細身のボトムスを履いてYラインシルエットを作る。これがチェスターコートをオシャレに着こなす最低条件だと思って下さい。

次に大事なことは、キメ過ぎコーデにならないように注意することです。どうすれば良いか?簡単です。どこか一点でもカジュアルなアイテムをもってくることです。パーカー、デニム、スニーカーなどを取り入れ、ドレスダウンします。この作業をおろそかにするとキメ過ぎコーデに見えて幻滅される可能性がありますのでご注意ください。

但し日本人の服装はもともとカジュアルすぎる傾向にあるので、これまでのコーディネートにチェスターコートをもってくるだけでバッチリ決まる方もいらっしゃるかもしれませんね。個人的にはデニムやスニーカーを合わせるのが好きです。

あと一点、初心者はモノトーンや落ち着いた色味の洋服で全体のバランスをとることです。赤や緑などの有彩色をもってくるコーデなどは上級者向けですので初心者は控えましょう。チェスターコートがもともと紳士的な洋服なので、カラーバリエーションも黒・紺・グレー・キャラメルなどの落ち着いた色味で展開されているケースが多いです。他の洋服も落ち着いた色でまとめると簡単に大人コーデが完成します。

そして一番大切なことかもしれませんが、自分に自信を持つことです。いくら着こなしのポイントを押さえていても似合わないと思って羽織っていては、いつまで経っても似合いません。

自分に自信を持ち堂々としていれば、自然に大人のオーラが出て、それを感じ取った周りの人達がオシャレだと思うのです。

まとめ

チェスターコートはちょっとやめておこう・・・とすぐに諦めずにしっかりとポイントを押さえて自信を持てば、あなたもきっと着こなせるはず。上手に着こなせた時の紳士的でエレガントな印象は、他の洋服ではなかなか出せませんよ。

ぜひチャレンジして、ワンランク上のオシャレ男になっていただきたいですね。

スポンサーリンク