半袖シャツはダサい!?メンズ夏コーデのポイントをご紹介。

ここ最近は温暖化の影響もあり、過ごしやすい春なんてホント一瞬で終わりますよね。気が付いたら暑い季節がやってきて、半袖が当たり前のシーズンになります。

今回は皆さんも一度は着用したことがある「半袖シャツ」について、お話ししていきたいと思います。

スポンサーリンク

夏場は要注意。半袖シャツは避けるべきです。

唐突ですが、半袖シャツは着ない方が良いです。むしろオシャレな男は着ません。

しかし、夏場は当然のように店頭で売られるいるので、皆さん当たり前のように購入されますよね。私もその一人で、昔はよく半袖シャツを購入していました。

半袖シャツの何がダメなの?

それはズバリ!見た目がダサいからです。他にデメリットはなく、たったそれだけなんですが(笑)。しかし、オシャレを目指す男は避けるべきです。半袖シャツって夏の万能アイテムに見えて、実は落とし穴があるんですよ。

学校の先生や近所のオヤジが夏場に半袖シャツを着ているのをイメージするとわかりやすいかもしれませんね。シャツ自体がダサいケースもありますが、やはり半袖というデザインがダサいんですよ。

もともとシャツは長袖が普通という認識ですよね?それが半袖になった瞬間、カジュアルな印象が強くなり、本来の持ち味であるドレス感がなくなります。

特にオヤジの着用率が高いアームホールが広い半袖シャツなどは目も当てられません(笑)。

たしかに半袖シャツを着用したい気持ちもわかります。特に麻素材のシャツなどは快適に過ごせますし、何よりシャツは羽織るだけなので着やすいのも特徴だと思います。

しかし、いくら快適だからといってTシャツやポロシャツ同様に半袖シャツを着るのは駄目です。どうしてもダサく見えてしまうので絶対に避けるべきです。

スポンサーリンク

夏場でも長袖シャツを着よう。ポイントは袖をまくること。

長袖シャツをまくる・・・つまり半袖シャツと変わりないのでは?と思われるかもしれませんが、全く違います。長袖シャツをまくっている男性はホントにかっこいいです。洋画に出てくる俳優さんなどは絶対といって良いほど長袖シャツをまくっています。もともとイケメンなので、イケメン+袖まくりの相乗効果ってやつですね。

ちなみにヨーロッパの男性は半袖シャツは着ません。答えは単純で半袖シャツがダサいと知っているから。どんなに暑くても半袖シャツは着用せず、長袖シャツをめくります。ファッション雑誌に登場する方々も揃って長袖シャツをめくっています。

しかし、ここ日本では半袖シャツが許容されているのが現状です。少し妥協して中年のオヤジならまだしも、若い男が着用するのはナンセンスです。半袖が許されるのは、Tシャツとポロシャツぐらいだと覚えておきましょう。

まとめ

ただでさえ暑くて少しでも快適に過ごしたいと思っているのに長袖シャツ!?と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、オシャレには我慢も必要なんです。女性が少し無理してでもギリギリのボトムスを選択するように(笑)。

楽してダサい格好をするか、我慢してオシャレに振る舞うか。オシャレ男を目指すあなたは、きっと迷わずに後者を選んだはず。

 

スポンサーリンク