一味違うビーチカジュアルを目指すならシドニーブランドがオススメ‼︎

日本ではあまり知られていませんが、シドニーには欧米などで注目を集める気鋭のデザイナーが手掛けるブランドが数多く存在するんです。

シドニーといえば大自然や美しいビーチが近いこともあり、開放感があって動きやすい素材感やアウトドアテイストのウエアを提案するブランドが多いのも特徴です。デニムアイテムに力を入れたカジュアルなブランドも多く、大人カジュアルにもさらりと取り入れられるバランスを備えたものが意外にも多いんです。

そんないつもと一味違う「ビーチカジュアル」を楽しめるシドニーブランドをご紹介していきます。

NEUW DENIM【ニューデニム】

設立したのはベルギーのブリュッセルでありながら、現在はシドニーで活動する気鋭のブランド。パンキッシュなデザインが持ち味ですね。要するにベルギー生まれシドニー育ちってことです。

TCSS【ティーシーエスエス】

2人のデザイナーがノーザンビーチで設立したサーフウエアブランド。アメリカ西海岸のヴィンテージウエアからの影響も感じられるブランドです。

ZANEROBE【ゼインローブ】

IT業界でキャリアを積んだ2人が2002年にスタートさせた異色のブランド。美しいスキニーシルエットのデニムは特に定評があります。

INSIGHT【インサイト】

ユニークなアイデアとひと手間加えたデザインで洗練されたサーフスタイルを提案しているブランド。定番のデニムでも凝った縫製や素材感が際立っているのが特徴ですね。

ASSEMBLY LABEL【アッセンブリーレーベル】

2011年に2人のデザイナーがスタートさせたカジュアルブランド。スポーツやアウトドア、アートなど、モチーフは多岐にわたります。

ONE TEASPOON【ワンティースプーン】

女流デザイナーが自由な発想で仕上げたラインナップは、セレブの愛用者が多いのも特徴。複数の大胆な加工を施したデニムはアイコンの一つです。

KSUBI【スビ】

ファッショニスタを唸らせるデニムコレクションを展開。ショーでの挑発的な演出などが常に話題になる実力派ブランド。中でもデニムは世界中のファッショニスタに支持されています。

最後に一言

いかがでしょうか?ちなみにシドニー発で一番有名なブランドといえばDEUS EX MACHINA【デウスエクスマキナ】ですが、別記事でご紹介していますので今回は省略しました。

個人的にはKSUBI【スビ】のデニムが好きですね。

どのブランドもオススメできるものばかりですので、「ビーチカジュアル」を目指すならぜひ取り入れてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク