失敗しない洋服の買い方。アパレルショップで衝動買いしない方法とは?

「また余計な物を買ってしまった…」洋服を購入した後、誰もが一度は経験することではないでしょうか?タンスにしまえば二度と引き出さない。それらが高価な物でしたら、ホントにお金がもったいないですよね?

そこで失敗しない洋服の買い方についてまとめてみましたので、ご参考にしていただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

【結論】一度お店に入り、一旦はお店を出る。もしくはそのまま自宅に帰る。

またお店に行くなんて面倒!っと思われるかもしれませんが、この一手間で衝動買いを確実に抑えることができます。また、アパレル店員の言うことも話半分で聞き、その場の勢いで購入するのはやめましょう。「他のお店も回って検討します」や「今日はお金がないので、この商品を購入する際はまた来ます」などと言って、一旦はお店から出てください。

洋服を買いに来たのに、わざわざお店から出るメリットとは?

大好きなブランドの洋服が目の前にズラリ。気持ちが高ぶり、冷静に判断できません。

目の前に大好きなブランドの洋服が並んでいたら、誰でも興奮して我を見失ってしまうものです。

アパレル店員はお客さんに商品を購入してもらいたいので、必死にPRしてきます。

洋服を売るのも当然ノルマがあります。我々に話しかけたい感情を抑えて、脇目からそっと見ているアパレル店員も実はノルマを抱えています。アパレル店員から必死のPRを受けて流されてしまい、その場の勢いで商品を購入してしまうんです。また、買う必要のない物までついつい買ってしまいます。

例えば、今日はジャケットを購入しよう!と決めて買い物に出かけたのに、いざお店に入ると「この新作のジーンズめっちゃカッコいい。ジーンズいっぱいあるけど買おうかな」とか、「そういえばあの色の靴も探していたんだよなー」とか、色々と物欲が出てきますよね?さらにアパレル店員からの一押しがあれば、誰だって商品を購入してしまいます。もともと買う目的がなかった物まで買ってしまうのはある意味当たり前と言えますし、それらを防ぐには一度お店から出るしかないんです。あの場で冷静に判断できる人なんてよっぽど意志の強い人かアパレル店員ぐらいでしょう。

一度お店から出ることで、お目当の商品をホントに購入すべきか冷静に考えることができます。歩き回って疲れているので「休憩」という名目で喫茶店なんかに入るのも良いでしょう。一度その場から離れることで、「あの高いジャケットを買って、ホントに何年も着るだろうか」「あのお勧めされたジーンズは欲しいけど、よく考えたら今持っているジーンズとカブるよなー」とか。冷静に考えたら買う必要のない物なんてホントに沢山ありますし、大抵の人は自宅に帰ってから気づきます(笑)。

極論を言うとお金を持っていかずにお店を回り、自宅に帰るのもアリだと思います。そんなの二度手間になるという声が聞こえてきそうですが、高いお金を払って着回さない商品を買うよりはよっぽど合理的ですよね。

スポンサーリンク

では冷静に判断できそうな「ネットショップ」で洋服を購入するのが良いのか?

正直、オシャレ上級者でない方にはお勧めできません。まずサイズミスで失敗します。同じMサイズでもブランドによって全くサイズ感が違いますし、洋服のデザインや色合いも画像ではなかなか伝わりづらい部分があります。やはり実物を見るに越したことはありません。

最後に

私も昔はよく失敗しました。必要のない洋服を購入してしまい、結局は一度も着ることがなく低価格で売る…まさにお金をドブに捨てるようなものです。今まで冷静に判断できていれば、冗談抜きで車一台買えました(笑)。皆さんがそうならないためにも、一度はお店から出て本当に必要な洋服なのか考えて購入しましょう。

スポンサーリンク