目からウロコ…メンズファッション、色合わせのポイントを一挙ご紹介。

洋服をコーディネートする上で欠かせないのが「色合わせ」ですよね。ただ色合わせというのは一見簡単そうで実は難しいものです。街中を歩いていても、洋服自体は良いのに色合わせがイマイチで少し残念な人を見かけます。「洋服選びやサイズ合わせだけでも大変なのに、もう面倒くさい」と思ったあ・な・た。ちょっと待ってください‼︎

色合わせもコツさえ掴めば、簡単にオシャレなコーディネートを作ることが出来るんです。セーフ。

そこで今回は色合わせのコツをご紹介しますので、ぜひ今後のコーディネートに役立てていただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

シンプルに有彩色(1〜2色)+無彩色(白、黒、グレー)で合わせよう!

有彩色とは赤、黄、緑、青、紫、のように色味のある色のことです。無彩色とは白、黒、グレーのように色味のない色のことを指します。

まずコーディネートの軸になる色(有彩色)を選びます。例えば紺色を選択します。そして後は無彩色(黒、グレー)を持ってくるだけ。至ってシンプルなんです。これを多くの人は「紺色にあう色味は何だろう?」と必死に考えてしまいます。そして考えれば考えるほど悩んでしまい、結局どうして良いかわからなくなるのです。オシャレな人を見かけたらそっとチェックしてみてください。どこかにポイントとなる色(有彩色)を使い、あとは無彩色でまとめているはずです。

無彩色を持ってくるだけって、「無彩色も3色あるからよくわからない」と思われるかもしれませんが、無彩色同士は相性が良いので色々と考えずに取り入れてみてください。

逆にあれこれ考えたくない、落ち着いた色味のコーディネートを作りたい場合は、無彩色だけでコーディネートすれば簡単にオシャレな服装が完成します。

有彩色同士で相性の良い色の組み合わせをご紹介します。

  • 赤色・・・青色、茶色など。
  • ピンク色・・・水色、紫色など。
  • 緑色・・・黄緑色、紺色など。
  • オレンジ色・・・紺色、ベージュ色など。

ざっとこんな感じです。ここで注意していただきたいのが、有彩色同士の色合わせができていないと、それだけで全体のコーディネートがうまくまとまりません。例えば緑色にオレンジ色を組み合わせるとか。ですので、色合わせにまだ自信がない人は無難に有彩色は1色のみで、他は無彩色でまとめるのがオススメです。有彩色をピンク色(1色)にしたら、後は白・黒・グレーでまとめるだけ。

春らしいコーデにするなら、トップスをグレーでまとめて、ボトムスに白パンツ、足元にピンク色の靴を持ってくるなんてオシャレですよね。

スポンサーリンク

もう一点。有彩色同士を合わせる上で注意していただきたいこと。

そしてもう一点注意していただきたいのが、同じ有彩色を乱用しないこと。

例えば、トップスに赤を持ってきて、足元にも赤を持ってくる。青(トップス)・白(ボトムス)・青(靴)なども同じですね。同じ色ですので相性が良く一見オシャレに見えそうですが、同じ有彩色同士を乱用すると少し子供っぽく見えて、オシャレなようでオシャレには見えません。

乱用して良いのは無彩色(白、黒、グレー)だけだと覚えておきましょう(笑)。

まとめ

洋服をどのようにコーディネートするのか考えるのは、思った以上にストレスがかかります。ましてや色合わせをマスターするのはオシャレ上級者だけだと思われがちですが、ちょっとしたコツさえ掴めばあれこれと悩まずにオシャレなコーディネートが簡単に作れます。

今回ご紹介したポイントを参考にしながら、今以上にオシャレを楽しんでくださいね。

 

スポンサーリンク