森井絃斗投手(板野高校)の出身中学や身長、彼女、球種などの情報。

2017年、夏の甲子園もいよいよ始まりますが、今年も各地方から夏男が集まり、多くの野球ファン並びに日本中に感動と勇気を与えることでしょう。

2017年、夏の甲子園の注目選手といえば、清宮 幸太郎(早稲田実業)選手や春のセンバツ優勝投手である徳山 壮磨(大阪桐蔭)選手などの名前が真っ先に挙がりそうですが、他にもゾロゾロと注目の選手が登場してくるでしょう。

そして、四国地方ではちょっと面白い経歴の方が注目を集めています。

甲子園出場経験もない公立校、自身の最高成績は県大会2回戦なのに、自己最速:150キロの直球を投げる投手で、すでにスカウトマンからも目をつけられています。

今夏の四国No.1投手と言われている彼は、

板野高校(徳島県)の森井 絃斗投手です。

そんなちょっと面白い経歴の森井 絃斗投手について色々と調べてみましたので、出身中学や身長、球種などの情報から気になる彼女の噂まで一挙にご紹介していきます。

スポンサーリンク

森井 絃斗投手の出身中学、身長などのプロフィール情報

森井 絃斗
  • 氏名:森井 絃斗(もりい げんと)
  • 出身地:徳島県徳島市
  • 身長:184㎝
  • 体重:88kg
  • 利き腕:右投げ右打ち
  • 学歴:加茂名中学校 → 板野高等学校(在学中)

加茂名南小学校2年から軟式野球を始め、中学に進学してから「徳島中央シニア」に所属しています。

同シニアの練習は土日だったため、加茂名中学校では「バドミントン部」に所属して、平日はラケットを握っていたようです。

バドミントンの腕前はそこそこだったようで、とにかくスマッシュは速かったみたいです(笑)

板野高校(徳島県板野郡板野町)では、1年春からベンチ入りして、1年夏初戦から先発出場し、高校1年時で140キロを計測します。

一時は右ヒジ疲労骨折の手術を受け、2年夏の予選には3番・ライトで出場。

2年秋予選から投手として復活し、自己最速:149キロを計測しましたが、2回戦敗退となりました。

翌年(2017年春)予選の1回戦で自己最速:150キロをたたき出します。

2戦18回12安打3失点の好成績を記録しますが、惜しくも2回戦で敗れています。

森井 絃斗投手(板野高校)の特徴ってなに?

やはり、恵まれた体格から投げられる威力のある直球が一番の特徴といえるでしょう。

Max150キロの直球は、高校生からしたら相当速い球ですし、どっしりとした体格から放たれる重い球は、そう簡単に打たれないでしょう。

また、変化球は苦手かと言われればそうではなく、

  • スライダー
  • カーブ
  • フォーク
  • チェンジ
  • ツーシーム

などを操ります。

150キロの速球とこれだけの変化球を操れれば、申し分ないと思われるかもしれませんが、森井投手にも欠点はあります。

まず一つは、制球力(コントロール)です。直球は申し分ないスピードですが、コントロールが乱れる時があり、カウント:ボールを与えてしまったり、球は速いものの、ど真ん中に放り込んで打たれてしまうといったケースがあります。

また、先ほど変化球についてご紹介しましたが、これといった決め球はまだありませんし、直球と同様にコントロールがまだまだですので、正直ピッチングが安定しません。

最後に、森井 絃斗投手の板野高校での成績は県2回戦が最高成績で、甲子園経験がないということですね。

甲子園初出場で華々しい成績を残す高校もありますが、やはり甲子園独特の雰囲気を体験したことがあるチームに比べると、ちょっと不安な面はありますし、場数を踏んでいる名門高校などが初戦の相手になれば、相手チームに主導権を持って行かれるかもしれません。

スポンサーリンク

森井 絃斗投手って彼女いるの?

色々と調べて見ましたが、現時点でそのような情報はないので、彼女はいない可能性が高いですね。まぁ見ての通り、野球に集中している時期ですし、学業もおろそかにできないので、彼女と遊んでいる暇はないのでしょう。

将来プロ入りしたら、素敵な彼女を作って、話題になるかもしれませんね。

徳島大会の日程ってどうなっているの?

2017年夏の高校野球(徳島大会)は、抽選会が6月26日に行われて、組み合わせが決定しました。

7月8日(土)から1回戦がはじまり、板野高校の初戦は7月15日、相手は城南高校(徳島市)です。

徳島大会の決勝戦は7月26日に行われる予定ですので、板野高校の課題は、まずは26日の決勝戦まで何とか突き進むことですね。

森井 絃斗投手は将来的にドラフト指名(プロ入り)される可能性ってあるの?

甲子園に出場した経験もない中、これほど注目を集めていますので、将来的にプロ入りする可能性は十分にあります。

しかし、本人の考えとしては高校卒業後にプロ入りを目指しているようではなく、「3年後のドラフト1位」を目指しているようで、高校卒業後は社会人野球に進む予定みたいです。

高校卒業から社会人に進んだ選手を指名できるのが3年後ですので、森井選手は「3年後のドラフト1位」を目指しているということですね。

森井 絃斗投手について「まとめ」

  • 中学校時代は、「徳島中央シニア」に所属していた。
  • 同シニアの練習は土日だったため、加茂名中学校ではバドミントン部に所属して、平日は「ラケット」を握っていた。
  • 持ち味はMax150キロの直球。
  • 今後の課題はコントロールと変化球のキレ。
  • 高校卒業後は社会人野球に進み、3年後のドラフト1位を目指している。

森井 絃斗投手は今まで甲子園に一度も出場したことがないのに、これほど注目されていますので、ぜひ徳島大会で勝ち進み、甲子園でそのたくましい姿を見せていただきたいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク