月光恵亮、覚せい剤使用で逮捕。担当していたアーティストって誰? 

多くの有名アーティストを担当した音楽プロデューサーの月光恵亮さん(つきみつ けいすけ)が覚せい剤使用で逮捕、というニュースが入ってきました。

月光恵亮さん!?知らなかった・・・という方もいらっしゃるかもしれませんが、多くの有名アーティストを担当していた音楽プロデューサーだけに、音楽業界では大物と言って良い方ですね。

あの「氷室京介」さんの名付け親なんで、ホントすごい方なんです。

突然の逮捕に世間が注目しているニュースですので、気になるポイントをまとめてみました。

スポンサーリンク

月光恵亮さんはなぜ覚せい剤を使用していたの?

まず一つはご本人もコメントしていたように、「吸ったら目が覚める」というのが一番の理由でしょう。

多忙な生活を送る月光恵亮さんは寝ないで仕事をするほど忙しかったようで、覚せい剤は目が覚めて仕事がはかどる絶好のものだったのでしょう。

まぁ〜そうは言っても、それが事実かはわかりませんけどね。純粋に興味本位で手を出したって可能性も十分にあるわけです。

そして、これは皆さんも想像できるかもしれませんが、一度手を染めると、もうやめられない状態に陥ったのでしょう。ご自身でもコントロールがきかない状態に陥り、常習的に使用していたと考えられますね。

逮捕容疑のでた5月中旬〜25日ごろだけ使用していたというのは、ちょっと考えにくいですね。

月光恵亮さんってどんな人なの?

月光恵亮

氏名:月光恵亮(つきみつ けいすけ)
生年月日:1952年6月13日(2017年現在、65歳)
血液型:AB型
職業:音楽プロデューサー

音楽原盤制作及びアーティスト・マネジメント組織の「パブリック・イメージ」社の創業者(代表者)です。

以下、ウィキペディア抜粋

1977年に舘ひろしのアルバム制作に関わる。長戸大幸、織田哲郎とともに音楽制作会社ビーイングを創業し、副社長に就任。長戸大幸にポパイを紹介したことがきっかけで、スピニッヂ・パワーの「POPEYE THE SAILORMAN」が誕生した。LOUDNESSのデビュープロデュースに参加。1982年BOØWYの制作に参加。1984年11月、ビーイングを退社し独立。音楽制作会社パブリック・イメージを創業。以降、LINDBERG、氷室京介などの音楽プロデュースを担当。

この記事を読んだだけでも、すごい方だというのがわかりますよね?

スポンサーリンク

月光恵亮さんがプロデュース、担当した有名アーティスト一覧。

氷室京介
氷室京介

山瀬まみ
山瀬まみ

ZIGGY
ZIGGY

シャ乱Q
シャ乱Q

BOØWY
BOØWY

LINDBERG
LINDBERG

モーニング娘
モーニング娘

他にもあげたらキリがないぐらい有名アーティストを担当しています。ホント誰もが知っている有名アーティストばかりでビックリです。

いかに月光恵亮さんが凄腕の音楽プロデューサーだったかがわかりますよね。

月光恵亮さんと接点のある有名アーティストも怪しくない!?

ネット上では様々な意見が出ています。

やはり、氷室京介さんの名前は真っ先に上がりましたね。
月光恵亮さんは「氷室京介」の名付け親だと言われており、お二人は以前から親密な関係でしたし、今回の覚せい剤を仲介した白井一祥容疑者はアメリカから覚せい剤を密輸してきたとの事でしたので、渡米している氷室京介さんとの関係もあったかも・・・と想像してしまいますね。

スポンサーリンク

月光恵亮さんの今後はどうなるの??

個人での所持・使用という判定なら、初犯の場合は大抵、執行猶予がつきます。

だいたい懲役1年半〜2年、執行猶予期間が3〜4年ってところでしょうか。

それにしても初犯は執行猶予がつくって海外では考えられない事みたいですし、日本の法律は海外に比べると甘いですよね。

ここ最近は芸能関係者の薬問題が後を絶たないので、「芋づる式」でまたビックニュースが入ってくるかもしれませんね。