上月左知子の若い頃の画像が気になる!夫や息子など家族構成や離婚歴も!

宝塚出身女優・上月左知子さんが死去したというニュースが入ってきました。

上月さんは宝塚時代は上月あきらとして活躍、57年に退団してからは“上月左知子”として活動されていました。

そこで、ふと思ったのが上月左知子さんの若い頃は一体どんな姿だったのか?また、彼女の経歴や家族構成なども気になります。

今回は、上月左知子さんについて気になるポイントをまとめて調査していきますよ〜!!

スポンサーリンク

上月左知子の若い頃が気になる!

上月左知子さんといえば、上品な優しい笑顔が素敵な女優さんで、

87歳という年齢ながら、艶々しいお肌と相変わらずの美貌を保っていました。

“お美しい”という言葉が似合う女性です。

で、

いまだに美貌を保っているということは、

彼女の若い頃は一体どんな姿だったのか!?

と必然的に気になりますよね?

「きっと美人なのは間違いない!」・・・っと考えても、やっぱり実物をチェックしたいですよね!?

そこで・・・

皆さんの期待に応えるため、上月左知子さんの若い頃の写真を調達しましたので、一緒にチェックしていきましょう!

まずはコチラです!

上月左知子

上月左知子さんが舞台に出演していた時代の貴重なショットです!

比較的若い時代のショットですが、貫禄ありますよ。綺麗で色気のある姿には惚れ惚れしますよねー!!

続いてはコチラです!

上月左知子

初々しいです!!また、白黒写真が昭和の雰囲気を見事に醸し出しており、いい味だしていますよ。

この写真をみて、過去にタイムスリップできた方も多いのではないでしょうか??

若い頃の上月さんをみて、ホッコリした瞬間でした。

上月左知子のプロフィール!

続いては上月左知子さんの経歴をチェックしていきましょう!!

上月左知子
  • 氏名:上月 佐知子(こうづき さちこ)
  • 生年月日:1930年10月9日(87歳没)
  • 出身地:兵庫県
  • 血液型:B型

学歴は高卒で、兵庫県立第三高等女学校(現兵庫県立御影高等学校)を卒業されています。

1949年、宝塚歌劇団に上月あきら(こうづき・あきら)の芸名で入団します。宝塚歌劇団時代の愛称は“コイちゃん”でした。

『南の哀愁』で初舞台。同期は女優の有馬稲子、南風洋子、福田公子などです。

配属組は最初、月組で、その後は雪組に。男役として活動します。その後は実力派の役者として活躍するも、1957年3月31日付で宝塚を退団しました。

晩年も仕事を続けていましたが、2018年1月24日に心不全で死去。87歳没。

スポンサーリンク

上月左知子の夫や子供など家族構成!

上月左知子さんの家族構成も気になりますので、チェックしていきますよ〜!

まずは夫についての情報ですが、

宝塚退団後ほどなくして“ある男性”と結婚しますが、わずか1年で離婚します。特に芸能人ではなさそうですので、この方は一般人で間違いないでしょう。

その後、映画『太平洋戦争と姫ゆり部隊』で相手役であった南原宏治と結婚して、二男一女をもうけます。

が、しかし、

後年、南原と不仲となりまたまた離婚・・・

で、

今度は同じ劇団昴に所属していた俳優・山口嘉三と再婚を果たし、3人の子供を芸能活動の傍ら育てあげました。

つまり、離婚歴は2回で3回結婚していることになります。

昔の方にしては婚姻歴が多い方だなぁ〜っと感じました。

続いては、お子さんに関する情報ですが、

  • 長男:俳優の南原健朗
  • 次男:元俳優の山口正朗
  • 娘:元宝塚歌劇団月組副組長の嘉月絵理

こんな感じです。

見ての通り、子供達はみな芸能界で活躍されています。さすが上月左知子さんの遺伝子を引き継いでいるだけのことはありますよねー。

娘の嘉月絵理さんがコチラ!

嘉月絵理

母親譲りで美人ですよねー!!

親子で宝塚というのも珍しく、二人とも美人ですので何とも羨ましい・・・

上月左知子さんが亡くなったニュースはホントに残念でしたが、前日まで元気だった上月さんはきっと安らかな眠りについていることでしょう。

最後になりましたが、ご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク