拘留孫(そば屋)店舗の場所やメニューについて!食材の調達先情報も!

2017年10月7日(土)放送の「人生の楽園」で、手打ちそばを提供するそば屋、山里乃蕎麦家 拘留孫 (やまざとのそばや くるそん) が紹介されましたね。

夫婦でお店を経営されており、ご主人がそば打ちに徹し、奥さんが自家製野菜を使った天ぷらなどの料理を提供されています。

しかも、ご主人と奥さんが阿吽の呼吸でタイミングを合わせて、茹でたて揚げたての蕎麦定食を提供していますが、ホントに美味しそうでした。

また、どんな食材を使っているのかも気になりますよね〜

そこで今回は、三重県いなべ市のそば屋「拘留孫」について調査していきますよ〜

スポンサーリンク

拘留孫(そば屋)店舗の場所はどこ?駐車場はあるの?

まずは、拘留孫(そば屋)の場所をチェックしておきましょう!

  • 店名:山里乃蕎麦屋 拘留孫(やまざとのそばや くるそん)
  • 住所:三重県いなべ市藤原町篠立771-2
  • TEL:0594-46-3181
  • 営業日:土・日・月・火
  • 営業時間:午前11時30分〜午後2時30分まで
  • (売切れ次第終了)

  • 定休日:水・木・金

もし、拘留孫に行かれる場合は、営業日や営業時間にご注意ください。また、売切れ次第終了とのことですので、遠方から来られる方は早めに行かれることをオススメします!

また、お店に行く手段は車しかありませんが、お店の周辺は道が狭いので十分に気をつけて訪問してください。

最寄りのICについて、

名神高速道路:関ヶ原ICから約19km、東名阪道:桑名ICから約26kmです。

店先の庭とすぐそばに第2駐車場がありますので、駐車場に困ることもないですね。

拘留孫のメニューについて!

狗留孫 蕎麦

続いては「拘留孫」のメニューについて、ご紹介します!

  • ざる蕎麦:800円
  • (追加ざる有り)

  • 蕎麦ランチ(数量限定)1000円
  • (ざる蕎麦、揚げ物、小鉢、デザート)

  • 蕎麦定食:1300円
  • (ざる蕎麦、天ぷら、小鉢、ご飯、漬物、デザート)

  • 追加ざる:500円
  • (ざる蕎麦を注文された方のみ)

  • 手作り蕎麦アイス:250円

などなど。

(いずれも税抜き)

蕎麦は二八か十割を選べます。

ランチや定食のサイドメニューは日替わりになっているようです。理由は、旬の野菜を使用するので日によって提供する野菜が変わるからです。デザートも手作りみたいですので、ホントに美味しそうですよね。

ちなみに、玄関には「当日のメニュー」が置かれており、おしながきに無いメニューもあるかもしれない!?ようですね。

土日は特にお客さんが多く、順番待ちが出来るほどの盛況ぶりです!

スポンサーリンク

拘留孫(くるそん)について!蕎麦屋を始めたキッカケは?

狗留孫

拘留孫はご夫婦で経営されている蕎麦屋ですが、店主はご主人の松下祐康さん(62歳)ですね。

もともと三重県いなべ市で役場勤めをしていた松下さんですが、25歳の時に看護師をしていた妻(清子さん)と結婚し、2人の子どもが生まれました。

祐康さんが蕎麦打ちを始めたのは52歳の時です。地元で休耕田を活用したソバ栽培の町おこしが始まり、それをキッカケにそば打ちを習い始めました。

偶然にも祐康さんの実家は農家で、父・幸一さんが土建業をしながら畑を守ってきましたが、81歳で他界し、祐康さんが本格的に農業をすることになりました。

役場勤めをしながら農業もこなしていた祐康さんは、いつしか育てた野菜と長年の趣味で打ってきた蕎麦を提供する農家レストランを始めようと考えました。

そこで、59歳の時に一念発起して役場を早期退職。自宅前に畑がある利点を活かし、自宅をお店に改装して、2015年9月13日に「山里乃蕎麦家・拘留孫(くるそん)」をオープンしました。

ちなみに「拘留孫」の由来は、自宅裏にそびえる拘留孫岳にちなんで決められたようです。

使う分だけ玄そばを製粉して作る蕎麦は香りが良いと大評判で、いつしか地元の人気店になりました。

ここで、忘れてはいけないのが松下さんの奥さん(清子さん:60歳)の存在です。

先ほども述べたように、清子さんが自家製野菜を使った天ぷらを作っており、お店の接客も対応されています。

また、ご主人の蕎麦が茹で上がるタイミングで天ぷらを作り上げるという「阿吽の呼吸」は、長年付き添ってきた清子さんだからこそ成し遂げられる神業だと思います。

地元の旬な食材を使っているのはもちろんですが、それ以上に夫婦の息がピッタリですので、美味しい蕎麦ができるということも押さえておきましょう!

食材はどこから調達しているの??

この美味しい蕎麦はどのような食材で作られているのか?どこから調達しているのか?

そこで早速調査してみましたが、蕎麦やお米の調達先がわかりましたのでご紹介します!

  • 蕎麦:いなべ産常陸秋蕎麦、自家製粉
  • 小麦:三重県産ニシノカオリ
  • 出汁:いなべ産醤油、鹿児島産本枯れ節、利子産昆布 他
  • お米:いなべ市藤原町篠立産キヌヒカリ
  • 野菜:自家栽培と地域の食材
  • たまご:いなべ産こめ米たまご

ご覧になっていただくとわかりますが、全て地元の食材を使っています。しかも小麦以外は「いなべ産」ですね。

野菜は自家栽培したものを中心に提供されていますし、それ以外の野菜はもちろん地元の新鮮な野菜を使っているようです。

とにかく地元の食材にこだわり、「地産地消の農家レストラン」とも言われているぐらいですから(笑)

もし三重の新鮮なお野菜を仕入れたい!という方は、一度ご連絡されてはいかがでしょうか?

  • 店名:山里乃蕎麦屋 拘留孫(やまざとのそばや くるそん)
  • TEL:0594-46-3181

拘留孫についてまとめ!!

  • 拘留孫は夫婦で経営。店主は松下祐康さん。
  • ご主人のそば打ちと奥さんの天ぷら料理が阿吽の呼吸で作られて絶妙。
  • 開店のキッカケは、地元で休耕田を活用したソバ栽培の町おこし。
  • お店に行く手段はマイカー。
  • 営業日と営業時間に注意してお店に行く。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

スポンサーリンク