西の絶叫マシーン王国「ナガシマスパーランド」に国内初のハイブリットコースター誕生?!

こんにちは!ココナッツです!

西の絶叫マシーン王国ナガシマスパーランド(三重県桑名市)の名物木製ジェットコースターホワイトサイクロン(2018年1月に営業終了)が、2019年3月に国内初のハイブリットコースターとしてリニューアルオープンする事が発表されました。

新名称は「白鯨(はくげい)」になるそうで、最大斜度80度・最高地点55m・最高速度時速107kmと、ホワイトサイクロンのスペックを凌駕するものに生まれ変わります。

さらに、これまで不可能だった「垂直方向への回転」も追加され、今までにない絶叫体験を味わえるとの事。

そんなナガスパの新アトラクション白鯨国内初のハイブリットコースターという触れ込みでメディアに取り上げられていますが、絶叫マシーンフリークの私的に何がどうハイブリットなのか気になったので、調査しました。

スポンサーリンク

何がハイブリット?ナガスパの新ジェットコースター「白鯨」

新ジェットコースターの「白鯨」、何がハイブリットなのかと言うと、

「木」の柱と「スチール」の部品とを組み合わせて造られたという意味でハイブリットなのだそうです。

木の柱はホワイトサイクロンに使われていたものを使用するそうで、世界最大級の木製コースターであったホワイトサイクロンの骨組みに鋼材が加わり、より複雑でスリリングなコースレイアウトに仕上がるとの事。

ホワイトサイクロンはナガスパでも人気が高かったジェットコースターで、その爽快感やスリルは1994年の完成から今日まで語り継がれる名作コースターです。

木製独特の揺れや軋みもあってか、個人的にはナガスパの看板アクラクションスチールドラゴンより怖かったと言っても過言ではありません。

そんなホワイトサイクロンがアップデートしてリニューアル・・・これは楽しみですね!

スポンサーリンク

ナガスパの各種絶叫マシーンたち

東の富士急ハイランドと並び称される西の絶叫マシーン王国ナガシマスパーランドには、数々の絶叫マシーンが存在します。

そんなナガスパの絶叫マシーンを4つ程ピックアップしてご紹介したいと思います!


まずご紹介するのはこちら、先項で少しご紹介したナガスパの看板絶叫マシーン

「スチールドラゴン2000」です!

名称は2000年辰年開業にちなんで名付けられたもので、近郊の名古屋を本拠地とする野球チーム中日ドラゴンズとは無関係です。

ナガスパの入場ゲート、いいえ、高速道路からの遠景より既に感じる、あの強烈な威圧感

絶叫マシーンが苦手な方には気絶ものだと思います。

このスチールドラゴン、絶叫フリークで知らない者はいない超大物で、開業当初は最高高度97m・最大落差68度・最高時速153km・全長2478mの4項目でギネスに認定されたローラーコースターです。

現在も全長は全ジェットコースター中世界一で、巻き上げ式のローラーコースターとしては世界最高のスペックを誇ります。

もはやこれに乗らずしてナガスパに行ったとは言えない程の絶叫マシーンです。

2つ目はこちら、「ジャイアントフリスビー」です。

50人乗りの円盤が回転しながら大きくスイングする乗り物で、最高到達点は43m、最大傾斜角は120度、最高速度は時速102kmに達します。

淡々とスペックだけ見てもあまりイメージが湧かないかも知れませんが、これ

想像以上に怖いです。

例えるなら、進撃の巨人に出てくる超大型巨人に服をつままれ、高速でブンブン振り回されているような感覚です。

私の個人的一押し絶叫マシーンでもあります。

3つ目はこちら、日本初のフライングコースター「アクロバット」です。

最高高度43m・最高時速90kmで、空を飛び回る様な体験が売り。

USJに同型のコースター「フライングダイナソー」が存在するので、今となってはスペック的に少々劣るこちらは注目度が低めですが、

平日ですとほぼ並ばずに乗車可能です。

フライングダイナソーとスペック的にさほど変わりないにも関わらず、待ち時間は雲泥の差です。

これは非常にお得です!

4つ目はこちら、日本初の4Dスピンコースター「嵐(ARASHI)」です。

最高高度34m・最高時速約65kmとスペック的にはパッとしないのですが、今までに体験した事のない異次元の体験が可能だそうです。

こちらのコースターは私自身まだ乗った事がない上に開業して間もない為、どのような乗り心地なのか噂も聞きませんし、皆目見当もつきません。

ですが、動画を見る限り非常に面白そうです。

スポンサーリンク

まとめ

ピックアップしてご紹介した4つ以外にも、ナガスパには絶叫マシーンが数多く存在します。

加えて、夏季には世界最大級のジャンボ海水プールがオープンし、毎年近畿・東海の各府県からの人出で賑わいます。

なお、ナガスパ一帯はナガシマリゾートとして複合的に運営されており、アンパンマンミュージアムや広大な敷地を持つなばなの里、アウトレットモールのジャズドリーム長島湯あみの島とラインナップは多種多様。

宿泊施設も充実しており、1年中楽しめるリゾート地です。

ナガスパ擁する桑名市は、まさに日本のオーランド(フロリダ州にある世界有数のテーマパーク都市)と言えますね。

そんなナガスパに「白鯨」が加わり、リゾート地として一層魅力を増す事になりそうですね!

以上、最後までお読み頂きありがとうございました!

スポンサーリンク