にこるん(藤田ニコル)ポップ卒業おつかれ。今後、次はどこの雑誌?

残念なお知らせですが、「にこるん」こと藤田ニコルが今日発売の「Popteen」を最後に専属モデルを卒業するというニュースが入ってきました。

ご本人も、いきなりSNSで公表してネット上はちょっとした混乱状態に陥っています(笑)

まずは「3年間おつかれ様」と言いたいところですが、にこるんは「Popteen」を卒業して今後どうするのか?次はどこの雑誌に移るのか?気になる情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

にこるん(藤田ニコル)の今後の活動はどうなるの?

「Popteen」を卒業する理由については、

「1から頑張ったPopteenだけど、また1から始めたいって気持ちがすごくでかいです」

とコメントしています。

また、「Popteenが終わったからってモデルを止めるわけじゃありません。私の本業はモデルです」

と、モデル業を続けることを明言しています。

やはりお笑いタレントとは言わずに、あくまで「モデル」が本業と言っていますね。

まぁモデル業界から完全にいなくなるというのは誰も考えていませんでしたが、では「Popteen」を卒業したあとはどうなるのって話ですよね!?

にこるんポップ卒業後、次はどの雑誌に登場するの?

これは現時点で公表されていませんが、今までとは違った路線で「にこるん」が再びファッション誌に登場してくるのではないでしょうか?

例えば、

20代の大人ギャル向け雑誌

「ViVi」

vivi

もしくは「BLENDA」なんかもあるかもしれませんよ。やっぱりないかな・・・

「EDGE STYLE」

エッジスタイル

などは候補に上がりそうですよね。

さすがに、にこるんが「GLITTER」や「ELLE」、「VOGUE」などに登場してくるとは想像できないですし、大人ギャル向けの雑誌で再び登場してくるのが有力ではないでしょうか?

それにしてもなぜ急に卒業することになったのでしょうか?

「Popteen」は、卒業の年齢は人それぞれですが、だいたい22歳ぐらいだと言われています。

現在19歳の「にこるん」はやっと年配組に入る頃ぐらいで、ちょっと卒業するには早い気がしませんか?

にこるんは2014年から「Popteen」の専属モデルになり、同誌の顔として3年間牽引してきたことで、まぁ自分に自信がついて他の雑誌でもやっていける!っと意気込んだのかもしれませんね。

時期尚早にならなければいいのですが、ちょっと心配してしまうのは私だけでしょうか?

でも、にこるんの場合はモデル以外に活躍の場はいくらでもありますので、大丈夫ですよね。

まだまだ「おバカキャラ」で食べていけそうですし(笑)

スポンサーリンク

にこるん(藤田ニコル)プロフィール

藤田ニコル
  • 氏名:藤田ニコル(ふじた にこる)
  • 愛称:にこるん
  • 生年月日:1998年2月20日(2017年現在、19歳)
  • 出身地:ニュージーランド
  • 最終学歴:飛鳥未来高等学校
  • 身長:167㎝
  • 血液型:A型

父親はロシア人とポーランド人のハーフ、母親は日本人です。あと意外に身長高いですよね。

2009年、ファッション誌「二コラ」のモデルオーディションに応募し、グランプリの5人に選ばれます。モデル業スタートです。

2014年4月「二コラ」を卒業すると、同年6月に雑誌「Popteen」のモデルになり、翌年、表紙に登場します。

2015年は飛躍の年となり、テレビ出演や「Yahoo!検索大賞 2015・モデル部門賞」などを受賞しました。

2016年はシングル「Bye Bye」で歌手デビューまで果たし、「ネイルクイーン2016」を受賞しました。

他に「Popteen」を卒業した人ってどんな人がいるの?

一番有名な方といえば、「ローラ」ではないでしょうか?

ローラ

他には、「益若つばさ」などがいますよね。

スポンサーリンク

にこるん、及びファンの方々の声を集めました。

まずは、にこるん自身の声から。

次はファンの方々です。

なんというか、言葉が見つからず、しみじみしますよね。

ホントに努力の積み重ねで今の地位を獲得した人ですし、こんなに多くの方から感謝や励ましの言葉をもらえるなんて、にこるんも立派な一流モデルですし、幸せ者ですよね。

「Popteen」を読み始めたきっかけは「にこるん」という方も数え切れないぐらい沢山いますし、にこるん卒業で「もう、Popteen買うのやめよ!」って方もいるぐらいですので、にこるんが卒業する影響はやっぱり大きいでしょうね。

今回のニュースはちょっと残念な一面もありますが、にこるん自身が決めたことですし、

「二コラ」を卒業してすぐ「Popteen」に移ったように、次はどの雑誌に登場して活躍するのか、これからがホントに楽しみです。

最後になりましたが、

藤田ニコルさん、3年間本当にお疲れ様でした。

スポンサーリンク