北朝鮮ミサイル11月はいつ発射の予定?グアムやアジア圏が落下地点なのか予想!

日に日に過激化している北朝鮮の核実験や弾道ミサイル問題ですが、先日(10月)も各国が気を休めることなく、緊迫した状態が続きました。

北朝鮮は米国(世界)と対話する意思はないと述べており、このまま放っておけばホントにいつ核戦争が起きてもおかしくない状況ですよね?

11月に入ってからは、とある重要なイベントを狙っているとか、それこそアメリカ本土に向けてミサイルを発射するかもしれないなど、各メディアが報じています。

そこで今回は、果たして北朝鮮は11月にミサイルを発射する予定なのか?それはいつなのか?

他にも落下地点などの予想も立てながら北朝鮮問題について整理していきます。

スポンサーリンク

北朝鮮は11月に弾道ミサイルを発射する予定なの??

まずはコチラの議題についてですが、単刀直入に申し上げますと、

11月にミサイルを発射する可能性は高いでしょう。

先ほども述べましたが、11月にはある重要なイベントが待ち構えていますし、ここ最近の米韓の親交関係をみていると、お隣の北朝鮮としては苛立ちを隠せないでしょうね。

例えば、10月に行われた「米韓合同軍事演習」などは代表的な催しの一つです。

もうアメリカと韓国が協力して、北朝鮮に立ち向かいましょう!って言ってるようなものですから・・・

これには北朝鮮も憤りを感じており、ますます反発心がエスカレートしているわけです。特に米韓合同軍事演習中は、北朝鮮がミサイルを発射するかもしれないと、各国が懸念していましたよね?

これまで以上に米韓が関係性を強めている中、もう今にも堪忍袋の緒が切れそうな北朝鮮ですので、11月に何かしらのタイミングで弾道ミサイルを発射する可能性は高いといえるでしょう。

また、北朝鮮が最も敵対視しているアメリカといえば、11月にある重要なイベントが行われます。これは、北朝鮮側からみれば絶好の機会と捉えているかもしれませんね・・・

11月に行われる重要なイベントって一体何なの??

さて、11月に行われる重要なイベントについてですが、

それは、アメリカのトランプ大統領がアジアを歴訪するからです。

歴訪とはすなわち、色々な国を訪問するということです。

11月3日〜14日までアジア各国に滞在し、その間に日本、韓国、中国、ベトナム、フィリピンの5カ国を訪問することが正式に決まっています。

つまり、10日以上もアメリカを離れるわけです。

では、トランプ大統領がアジア歴訪している際、北朝鮮はアジアの各国に向けてミサイルを発射する予定なのか?

これは各メディアによって、意見の分かれるところですが、

個人的な意見としては、トランプ大統領の滞在しているアジア諸国に向かって、弾道ミサイルを発射する可能性は低いと感じています。

スポンサーリンク

では、ミサイルの落下地点は一体どこなの??

では、北朝鮮側は一体何を企んでいるのか?どこに向かって弾道ミサイルを発射する予定なのか?

トランプ大統領がアジア諸国に滞在しているなら、アジアに向かってミサイルを発射するのでは??っとついつい考えてしまいますが、

むしろ、トランプ大統領がアジア歴訪している際に、

アメリカに向かってミサイルを発射する可能性が高いのではないでしょうか?

それはなぜか?

米国のトップが不在ですので、組織力が弱まっている、すなわち国力が低下しているからです。

今やインターネットの発展によって、どの国にいても自国のニュースをいち早くキャッチすることはできますが、やはり米国のトップがアジアを訪問中となれば、

本来発揮できるはずの組織力も弱まってしまいますよね?

ちょっと的外れかもしれませんが、旅先で家のことなんて冷静に考えられない・・・という感じです(笑)

北朝鮮はこの機会を狙っているのではないかと感じています。

現に北朝鮮側は10月、米領グアムに到達可能な大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を近く実施する可能性があると述べていましたので、

これは油断していると・・・ホントにスキをつかれるかもしれませんね。

北朝鮮の標的がアメリカだからといって、一切油断はできない!?

ここまでの話から、

「北朝鮮の狙いは米国だから、日本は関係ないよね!」

なんて他人事にするのは危険すぎます。

もちろん、日本列島に向かってミサイルを発射する可能性も十分にありますし、アメリカが危険に晒されたら、当然ですが日本も黙っているわけにはいかないでしょう。

そうなれば、アメリカと手を組んでいる日本を敵対視するのは当たり前の話です。

他にも、お隣の韓国に危害が及べば、間接的に我が国に何かしらの影響が出るのも間違いないでしょうね。

つまり、日本にミサイルが落下しなければひとまず安心・・・なんて甘い話ではないのです。もし核戦争なんて起きれば、もう世界中の国々を巻き込む大惨事になる・・・

とんでもない悪夢が待ち受けているのです。

世間を騒がせている北朝鮮問題についても、どうせ一般人だから何も出来やしない・・・なんて他人事にせず、

今世界で何が起きているのか?北朝鮮は何を企んでいるのか?

そして、日本はどう動こうとしているのか?

何も専門書を読む必要などはないですので、毎日見るニュースから情報を得るだけでも良いと思います。

今後も北朝鮮問題に関する最新の情報を得ながら、皆で情報を共有し、世界がどう動いているのか?

マメにチェックしていきましょう!

スポンサーリンク

11月5日にトランプ大統領が来日するみたいだけど・・・

先ほども述べたように、11月はトランプ大統領がアジア各国を歴訪しますが、大統領が日本を訪問するのは11月5日(日)〜11月7日(火)です。

まぁ〜トランプ大統領は他の国々も訪問するわけですが、日米って特に親交が深いので、「それってちょっとやばくない!?」という意見が相次いでいます。

皆さんの口コミをまとめてみましたので、ご確認ください。

トランプ大統領が来日する3日間は、気を緩めることができないという意見がありますね。

ほかには、今回の大統領来日で開かれるメインイベントとも言って良い企画、

トランプ大統領、安倍首相、ゴルフの松山くんの3人で、ゴルフを堪能するという企画なんですが・・・それについても世間の人達は容赦なく突っ込んできますね(笑)

例えばですが、日米のトップがゴルフを楽しんでいる間にミサイルなんて飛ばされたらたまったもんじゃありませんよね!?

たしかに、こんな緊張状態の時にゴルフなんて・・・というのが私たちの目線ですが、総理にとっては米国のトップと信頼関係を築ける

「これ以上ない機会」

であることには間違いありません。

何も娯楽のためではなく、関係構築のためにゴルフというスポーツを行うということは押さえておきたいですね!

ところで、気になる肝心の部分についてですが、

果たして11月5日に、北朝鮮は弾道ミサイルを発射するのか??

前の見出しでも述べたように、

個人的な意見としては、トランプ大統領がアジア歴訪している最中に、アメリカに向かって弾道ミサイルを発射するのではないかと感じています。

では、東京は安全なのか??

と言われるともちろん絶対に安全だという保証はありませんが、何かしらの挑発行為を行ってくる可能性は高いでしょうね。

たとえ日本に向かってミサイルを発射しなくても、以前のように日本の上空を通過して太平洋上に落下させるとか、ミサイルではなく大掛かりな核実験を行うとか・・・

そう言われると、トランプ大統領はアジアの各国を訪問するわけですので、他の国(韓国、中国、ベトナムなど)も緊張状態が高まり、北朝鮮のミサイルを警戒するでしょうが、アメリカと一番仲良しの国はどこか??と問われると、

日本ですので、やはり油断は禁物ですね。

北朝鮮問題についてまとめ!

  • トランプ大統領がアジア歴訪している11月に、ミサイルを発射する可能性大。
  • 標的は米領グアム!?で、到達可能な大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を実施する可能性が高い。
  • 米国の大統領が不在(国力が低下)の時を狙っている!?
  • どちらにしろ、日本も危険に晒されているのは間違いない。
  • 11月5日、大統領来日の際に何かしらの挑発行為を行ってくる可能性あり。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

スポンサーリンク