アウトレイジ最終章で中田(塩見三省)が着用のサングラスは?ブランド名と通販も!

北野武が監督を務める「アウトレイジ」といえば、裏社会に生きる男たちの、仁義なき抗争を描いた大ヒットシリーズで、

豪華キャストによる迫力ある演技には多くの方が魅了されています。

先日公開された「アウトレイジ最終章」でも、また新たなキャストが加わり、これまでの作品とは違った見どころ満載の仕様となっていました。

ところで、アウトレイジといえば、出演している俳優さんが着用している衣装にも注目が集まり、

「俺もあんなカッコいい男になりたい!」

と俳優さん達が身にまとっているブランド物をついつい買いたくなってしまいます・・・

そこで今回は、アウトレイジ最終章の中でも特に評判の高かった、塩見三省さんが映画で着用していたサングラスについて調査していきますよ〜

アウトレイジ最終章では、中田が一番カッコいい!?

俳優の塩見三省さんといえば、

塩見三省

アウトレイジ最終章で、花菱会の幹部(若頭補佐):中田として、数々の重要なシーンに関わる役を演じていましたよね!

なかには塩見三省さんが実際に病み上がりからの参加だったため、前作に比べて覇気がなかったという意見もありましたが、

その影響もあってか、役に重みがあって個人的にはよかったと感じていました。

まぁ〜たしかに「アウトレイジ ビヨンド」の頃と比べると、明らかに中田は衰えていますもんね・・・

ただ、それこそ前作から五年の月日が流れていますので、ちょっとコワモテだった中田が病を得て弱みをみせるなんて、なかなかリアリティーのある作品だと思いませんか??

また、西田敏行演じる西野(若頭)と中田のコンビは最高でしたよね〜

野村会長はスマホなのに、西野と中田はガラケーなのがウケましたよ(笑)

どれだけアナログ人間なんだよ〜

最終章で中田(塩見三省)が着用しているサングラスは??

さて、中田演じる塩見三省さんが「アウトレイジ最終章」で着用していたサングラスについてですが、

やはりサングラスをかけた中田さんのオーラが凄かったこともあり、ネット上でも話題になっていました。

映画で眼鏡やサングラスを着用していたのは、

  • 野村会長(大杉漣)
  • 中田(塩見三省)
  • 大友(ビートたけし)
  • 李(白竜)

などですが、

やはり中田が着用していたサングラスが一番カッコいいという意見が多かったですね!

そこで、中田が愛用していたサングラスを調査したところ、ついにブランド名が判明しました!!

ブランド名は、

CHARMANT(シャルマン)

です!

実はコチラのブランド、前作などでも衣装協力していたブランドで、これまでのアウトレイジシリーズでも他のキャストが着用していたアイウェアブランドなんですね。

CHARMANTは1956年に福井県鯖江市で創業し、社名の由来はフランス語で「魅力的な」という意味を持つcharmant(シャルマン)からきています。 メガネフレームの小さな部品製造がCharmant(シャルマン)の始まりでした。

創業の後、日本が誇る工業技術力と鯖江の職人のもつ技術力をベースに、Charmant(シャルマン)はメガネのかけ心地を追及、既成の概念にとらわれない自由な発想をもって製造・開発にあたります。

こういった姿勢が功を奏し、一部品メーカーから総合メガネフレームメーカーへと転換を果たしたのです。

そして現在では、数多くのテレビドラマや映画でCHARMANTのメガネが採用されています。

塩見三省さんが映画で着用していたモデルは、かけ心地、デザインともにこだわり抜かれ、まさに大人の男性にピッタリのフレームに仕上がっています。

↓↓商品の詳細情報についてはコチラ!

塩見三省さんが「アウトレイジ最終章」で着用していたこともあり、今後は在庫切れも予想されます。

少しでもご興味のある方は、早めにチェックされることをオススメします!!

中田(塩見三省)が着用のサングラスについてまとめ!!

  • ブランド名は、CHARMANT(シャルマン)。高機能アイウェアブランド。
  • かけ心地、デザインともにこだわり抜かれ、大人の男性にピッタリ。
  • アウトレイジ最終章で採用されただけあって、ホントにカッコいい!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

スポンサーリンク