とろサーモンが今後売れる可能性は?遅咲き芸人の将来について調査!

漫才日本一決定戦『M-1グランプリ2017』が12月3日に生放送され、今年はホントに接戦でしたが、

その激戦を見事に制したのはベテラン芸人の「とろサーモン」でしたね!!

今年は出場資格ギリギリの15年目ということで、ラストチャンスの年でしたが見事に優勝を飾りました。

ところで、この遅咲きの「とろサーモン」ですが、果たして今後は売れるのか??正直気になりますよね!?

そこで今回は、とろサーモンが将来的にブレイクするのか、過去のM-1の結果なども参考にしながら調査していきますよ〜

スポンサーリンク

とろサーモンが今後売れる可能性は??

ひとまずM-1グランプリという大舞台で見事に勝ち抜いた「とろサーモン」ですが、私たちとしてはその後ブレイクするのか?ということが一番気になりますよね!?

過去にM-1グランプリを優勝した芸人たちは揃って売れている印象ですが・・・ちょっと参考までに詳しく調査してみることにしました!

過去にM-1グランプリで優勝者したコンビは以下の通りです。

  • 2001年度 中川家/参加組数【1603】
  • 2002年度 ますだおかだ/参加組数【1756】
  • 2003年度 フットボールアワー/参加組数【1906】
  • 2004年度 アンタッチャブル/参加組数【2617】
  • 2005年度 ブラックマヨネーズ/参加組数【3378】
  • 2006年度 チュートリアル/参加組数【3922】
  • 2007年度 サンドウィッチマン/参加組数【4239】
  • 2008年度 NON STYLE/参加組数【4489】
  • 2009年度 パンクブーブー/参加組数【4629】
  • 2010年度 笑い飯/参加組数【4835】
  • 2015年度 トレンディエンジェル/参加組数【3472】
  • 2016年度 銀シャリ/参加組数【3503】

いかがでしょうか??

ざっと目を通していただけるとわかりますが、

過去にM-1グランプリで優勝した芸人たちはその後ブレイクしているということがわかりますよね!?

2016年度の覇者(銀シャリ)などもこれからジワジワと売れていくだろう・・・なんて言われていますし、

強いて言えばパンクブーブーのように大ブレイクまではしなかったとしても、一時はメディアへの露出なども増えて稼ぐことができるでしょう。

したがって、2017年度の優勝者「とろサーモン」も、今後は売れるということが予想できます!

そのぐらいM-1グランプリで優勝することには意義がありますし、個人的にはキングオブコントよりインパクトがあるイベントだと感じています。

スポンサーリンク

「とろサーモン」についてはコチラ!

とろサーモンは2002年7月に結成されたお笑いコンビで、「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」に所属しています。

お二人がなぜ出会い、お笑いの道に進んだのか?というと、実は彼らは高校の同級生で卒業後にNSC(お笑いタレントの養成所)を受けようと約束していたみたいです!

ただし、久保田が不合格になり一年遅れて養成所に入ることに(笑)よって、厳密にいうと彼らは同期ではありません。

また、お二人ともすぐにコンビを組んだわけではなく、それこそ久保田は色んな方とコンビを結成しては解散を繰り返していました。

そして、もともと高校の同級生だった2人は、「共に夢を見る」ことを誓い、コンビを結成しました。

お二人の息はピッタリあったのか、コンビ結成の翌年(2003年)には早くもM-1グランプリで準決勝に進出するなどの好成績を残されており、

このまま一気にブレイクするのではないか!?などと言われていましたが、その後は思うような結果が得られず、いつも準決勝に進出しては落選などという惜敗を繰り返してきました。

これほどあと一歩のところで栄光を掴むことができない芸人も稀で、それから数年が経ちましたので・・・もう彼らの全盛期は終わり、芸人として大成するのは不可能ではないかとさえ言われていましたが、

彼らはラストチャンスで奇跡を起こしたわけですよ!

こうやって振り返ってみると、「とろサーモン」というコンビの苦労が垣間見えますし、ホントにおめでたい話だということがわかりますよね??

最後になりましたが、

M-1グランプリ2017の優勝おめでとうございます!!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

スポンサーリンク