不知火・海の火まつり2017の日程や見どころ、アクセス、駐車場情報。

熊本県宇城市では、今年もいよいよ「不知火・海の火まつり」の季節がやってまいりました。

他地域の方にはわかりづらいかもしれませんが、不知火は「しらぬい」と呼びます。

1年のうちで数時間だけ見ることできるという神秘の火、「不知火」の伝説にちなんだ祭りです。

鳥居を美しく彩る海上花火を一目見ようと、地域住民のみならず、毎年、多方面から観覧者が訪れます。

スポンサーリンク

不知火・海の火まつり2017の日程

不知火・海の火まつり2017の日程は、

  • 開催日:9月19日(火)
  • 開催時刻:18:00〜21:30
  • ※小雨決行

  • 開催場所:宇城市(松合新港沖)
  • 花火発数:約1200発
  • 最大打ち上げ:一尺玉
  • 昨年の人出:約5000人

気になるアクセス・駐車場などの情報は?

遠方からクルマで来られる方は、九州道:松橋ICから約10㎞ですので、まずは松橋ICを目指して行きましょう。

そして、会場がよくわからない方は、

天の平農村広場

住所:熊本県宇城市不知火町松合206−1

場所がイマイチわからない方は、会場近辺の「天の平農村広場」を目指して行けばわかりやすいですよ。
当日、天の平には無料駐車場を特設しており、会場まで無料シャトルバスが運行されていますので、安心ですね。

不知火温泉

住所:熊本県宇城市不知火町永尾1910-1

また、「不知火温泉」にも無料駐車場を特設し、会場までの無料シャトルバスが運行されています。
当日は早めに現地入りしてから、ゆっくり温泉に入り、夜はお祭りを満喫するのもいいですよね。

もし、JRを利用して電車で来られる方は、

JR鹿児島本線:松橋駅 → 産交バスに乗り換え → 「松合」で下車 → 徒歩5分で会場に到着。

もしわからなければJRの職員やバス会社の方に確認すれば、親切に教えていただけますよ。

不知火・海の火まつり2017の見どころは?

不知火 海の火まつり

やはり、鳥居を美しく彩る海上花火です。「永尾神社」の海上鳥居を囲むように打ち上がる海上花火は神秘的な美しさが魅力で、写真スポットとしても大変人気が高いです。

もちろん花火以外に太鼓披露、ダンスなどの出し物や露店もあり、子どものみならず大人達も存分に楽しめるイベントがたくさんあります。

不知火・海の火まつりの日程を再チェック!

  • 開催日:9月19日(火)
  • 開催時刻:18:00〜21:30
  • ※小雨決行

  • 開催場所:宇城市(松合新港沖)

会場がわからない方は、会場近辺の「天の平農村広場」か「不知火温泉」を目指して行けば大丈夫です。
どちらも無料駐車場を特設、さらに会場までの無料シャトルバスも運行されていますので、安心して会場まで到着できます。

スポンサーリンク