増田珠(横浜高)が堤下敦(芸能人)に似てるってマジ?プロになる可能性も調査!

2017年夏の甲子園は、早実の清宮幸太郎選手や、履正社の安田尚憲選手などのスラッガーが出場しないことで、今年は見どころがない・・・なんて言われそうですが、実際そんなことはありません。

各県の代表に選ばれた高校が出揃うわけですので、当然、選手たちのレベルも高いですし、今年は全体的に野手のレベルの高さが例年以上と言われていますので、甲子園での活躍がキッカケでまた清宮選手のように注目を集める選手が出てくるでしょう。

この夏は一体どんなドラマが展開されるのでしょうか。今からホント楽しみですよね。

そんな逸材たちが出揃うなか、今年の甲子園で一番注目されている野手といえば、横浜高校の増田珠選手ではないでしょうか?

なんでも、走攻守の三拍子そろった選手で、欠点がないようですね。

そして、どんな方なのか気になったので調べてみましたが、恵まれた体格の持ち主で、笑顔の素敵な好青年という印象でしたが、パッとみた感じがどうもあの芸能人に似ているなぁーと感じました。

あのお笑いタレントです。

ということで、今回は増田珠選手はあの芸能人に似ているのか?また、彼が将来的にプロになる可能性はあるのか?などについて調査していきます!

スポンサーリンク

増田珠がお笑いの「堤下敦」に似てるってマジ?

甲子園に出場する野手の中で一番注目されている選手が、お笑いの堤下敦に似ている?

これを聞いて、皆さんはどう思われましたか?

なんだか増田君がちょっとかわいそう・・・なんていう声が聞こえてきそうですが(笑)

でも、パッとみた感じの印象ですが、たしかにちょっと似ていると思いませんか?

まぁ色々と説明してもわかりづらいと思いますので、実際に顔写真をみながら解説していきますね。

まずは、横浜高校の増田珠選手の顔写真をご確認ください。

増田珠

もう第一印象から野球少年って感じですよね?

日焼けした体で男らしく、恵まれた体格の持ち主です。

次に堤下敦の顔写真をみてみましょう。

どうぞ。

堤下敦

いかがでしょうか?

たしかに、そっくりとまではいかなくても、全体的な雰囲気は似ていると思いませんか?

ちょっと納得がいかない方のために、もう1枚ずつ載せますね。

堤下敦

堤下さんは顔がちょっとふっくらしていますので、もし顔の贅肉が取れると、また一段と似てるような気がします。

特に、増田珠選手の笑った顔が、堤下敦に似ていますよね?

それにしても今年の甲子園で一番注目されている野手と、お笑いの堤下敦が繋がるなんて、ちょっと意外ですよね?

中には、

「高校球児と堤下を一緒にするな!」

という声も聞こえてきそうですが、実はちょっと面白い話があって、なんでも昔は堤下も高校球児だったという話があるんです・・・

インパルス:堤下も実は高校球児だった?もしかして甲子園に出たの?

インパルスの堤下が高校球児・・・ちょっと想像できないですが、事実なんです。

彼は小学生の頃から野球に打ち込み、高校時代は神奈川県内でも強豪校と言われる「武相高校:野球部」に所属していました。

ポジションはキャッチャーだったようです。

武相高校といえば、スポーツが盛んな高校として有名で、数多くのプロ野球選手やJリーガーを輩出しています。

しかも、堤下はキャプテンを務めていたようですので、結構すごいですよね?

高校卒業後は、野球推薦で関東学院大学に進学しています。まぁお笑い芸人を目指すため、大学は中退することになりましたが。

ちなみに高校時代の堤下はコチラです。

堤下敦

なんだか今とちょっと雰囲気が違うというか、堤下にもこんな時代があったのかと思いました。まさに高校球児という感じですよね。

ちょっと話を戻しますが、横浜高校の増田珠選手とインパルスの堤下がちょっと似ているという問題ですが、これはひょっとしたら偶然ではなく、必然だったのかもしれないですね。

共に幼い頃から野球に打ち込んでいる球児ですし、同じ神奈川県内の高校で甲子園出場を目指している点など、なんだか偶然とは思えない部分は多いですよね。

スポンサーリンク

増田珠が将来、プロ野球選手になるのか調査!

さて、こちらも気になる話題ですが、果たして増田珠選手はドラフト候補に入るかという問題ですが、今のところはプロ球団からの評価も高く、走攻守そろった選手だけに、注目が集まるのは間違いないでしょう。

中でも、彼自身はロッテへの入団を希望している可能性は高いでしょうね。

というのも、彼は昔からロッテが好きだったようで、もともと九州出身だけにソフトバンクのファンだと思っていましたが、ロッテのファンだったんですね。

まぁ今年の甲子園に出場する野手の中では、一番注目されている選手ですし、甲子園でもその能力を十分に発揮できれば、いずれかの球団が手を挙げるのは間違いないでしょうね。

一番理想的なのは、双方合意のもとでロッテに入団するというプランではないでしょうか?

増田珠選手のついてまとめ

  • 増田珠選手は、たしかに堤下に似ているという印象。
  • 堤下も昔は高校球児だった。出身は神奈川の武相高校。
  • 今年の野手で一番注目されている選手だけに、ドラフトに入る可能性は高い。

横浜高校は甲子園:第4日目に、熊本の秀岳館と対戦します。

この4日目は強豪校が集結している注目カードと言われ、横浜高校の対戦相手:秀岳館も選抜4強入りする優勝候補の一つですし、別のシードにはあの大阪桐蔭もいます。

甲子園という世界には独特の雰囲気が流れていると言われ、どんなドラマが繰り広げられるかホントにわからないので、強豪の横浜高校でさえも勝ち上がって行くのは並大抵ではないでしょうし、どんなドラマが展開されるかわからないからこそ人々を惹きつけるものがあります。

増田珠選手には、甲子園で悔いのないように思う存分プレーしていただき、皆に感動と勇気を与えていただきたいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク