スナック女子の心理とは?通いつめる理由は甘え下手な女性が急増中?

ここ最近、聞きなれない言葉を頻繁に耳にするようになりました。

その言葉は、

“スナック女子”

女子がスナックに通うのだろうということは何となくわかりますが、なぜスナックを訪れる女性が増えたのでしょうか?

そこで今回は、スナック女子の実態について調査していきますよー!!

スポンサーリンク

スナック女子とは?

では、改めて“スナック女子”について解説していきますが、

スナック女子とは、夜な夜な一人でスナックを訪れる女性のことを指します。

なんだかスナックといえば、酔っ払ったオヤジがお酒とカラオケを嗜むために通いつめる“癒やしの空間”というイメージですが、

最近ではそのオヤジたちの聖域に女性が足を運んでいるというのです。

しかも、ハンパない数の女性が。

お店によっては店内に若い女性がずらりと並び、30人ぐらいが“すし詰め状態”の店舗もあるのだとか。

なぜコレほどまでに女性がスナックに足を運ぶようになったのか!?

今から、

彼女たちが“スナックに通おう”と思う心理について紐解いていきたいと思います!

スナック女子の心理が気になる!

それでは、いよいよ本題に入りますが、

世の女性たちがなぜスナックに足を運ぶのか?その心理についてネット上の情報や口コミを参考にまとめてみましたのでご覧ください!

自分をさらけ出せる場所だから

そもそも女性とは昔から何かと不満や欲望を抱えて生きているものです。現代の世の中だからではなく、昔からずーとです。

特に、一昔前までは専業主婦が当たり前の時代でしたので、家を守っているにもかかわらず女性の地位は極めて低いですし、

毎日毎日、育児と家事で奮闘していました・・・

では、現代社会ではどうなったのか?

一昔前に比べて女性の地位もグッと高くなり、社会でバリバリ活躍するキャリアウーマンやシングルマザーが圧倒的に増えましたよね!?

また、専業主婦という概念がなくなりそうな勢いで、たとえ主婦でも働くのが当たり前の時代になりました。

悪く言えば、一昔前より女性はハードな毎日を送らなくてはいけないのです。

ストレスを溜め込んだ女性が求めるものは、

“心ゆくまでに自分をさらけ出せる空間”

まさに多忙な女性を癒やす空間としてスナックはピッタリなわけです!

全く知らない他人の話を聞きたい、意見を言いたい

先ほど自分をさらけ出せる空間について解説しましたが、よく考えてみると・・・

何もスナックではなく、他にも同じような空間はありますよね!?

例えば、ビアバーとかは一人でも入れますし、なんなら居酒屋でもオッケイなわけです。

では、なぜスナックという場所を世の女性たちが好むようになったのか?

それは、

全く知らない他人に対して自分の悩みや不満をぶちまけやすいから。また、話を聞きやすいからですね。

例えば、

高級クラブで赤の他人と交友関係が深まるなんていう話は聞いたことがないですし、そんなルーズな空間ではありませんよね!?

居酒屋でも、お隣で酒を飲んでいるサラリーマンや女性と親交が深まるなんてケースは稀でしょう。

お手頃な価格で出入りできるスナックでは、お隣のお客さん達と親しみやすいことが世の女性達にウケているのです。

しかも、

昔からの友人よりは、全く知らない他人の方が意見を言いやすい、自分が腹に溜め込んでいるモヤモヤしたものを吐き出しやすいという意見が多いんですよ。

逆に、全く知らない他人の話を聞くのも楽しんだとか。

これまで親しい人としかランチしたり飲みに行かなかった女性にとって、この他人と呼べる方々とのコミュニケーションが逆に彼女たちの不満を解消する手段になっているのです。

言われてみると、

自分のことを全く知らない人には、誰にも言えない悩みをぽろっと言ってしまうこともありますよね・・・

スポンサーリンク

甘え下手になっている

そもそも、なぜ世の女性がスナックに通うようになったのか?

こんな意見があります。

甘え下手になっている。

そうなんです。特に現代の女性たちは自分の意見を言えないまま胸に溜め込んでいるケースが多く、

誰にも甘えずにヒッソリしているのです。

そりゃストレス溜まりますよ・・・

で、彼女たちの心を癒やすのが、温かい環境で迎い入れてくれるスナックなんです。

今では女性専用のスナックまで出来ており、これからスナックに通いつめる女性がますます増えそうな予感ですね!

スナック女子の心理についてまとめ!

今回はスナック女子の心理について解説していきましたが、いかがでしたか?

スナックに通う女性と聞くと、ちょっと違和感を感じる方も多いかもしれませんが、現代では女性専用のスナックが存在するぐらいです。

“何も知らない人の方が不満をぶちまけやすい”

この事実に気づいた方々は、ちょっとハマりそうな気がしますね。SNSでもそうですが、現代社会では“ゆるい繋がり”を求めているわけです。

ただ、女性専用のスナックも素敵ですが、たまにはオヤジたちが群れているスナックに顔を出して夢を与えることも忘れずに!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク