藤井聡太の次戦(対戦相手)は誰?31戦目の中田功七段との予想。

今やメディアで見ない日はないと言って良いぐらい超有名になった将棋の「藤井聡太」四段。

それもそのはず。現在、負けなしの連勝記録を更新しており、7月2日(日)の佐々木勇気(五段)に勝利すれば、記録は「30連勝」となります。

気になる31戦目の対戦相手「中田功」七段とはどんな方なのか?31戦目の勝敗予想などご紹介していきます。

スポンサーリンク

藤井聡太の次戦(対戦相手)ってどんな人なの?

気になる31戦目の対戦相手は、

中田功七段

中田功(七段)です。

対局日は、7月6日(木)10:00〜です。

中田功(七段)がどんな棋士なのかというと、

中田功(七段)

  • 氏名:中田功(なかた いさお)
  • 出身地:福岡県福岡市
  • 段位:七段

順位戦はc級2組、竜王戦は5組に在籍しています。

棋士レーティングは「1473」で、

プロの中では真ん中より少し下といった感じですね。

棋士レーティングってなに?
将棋における実力の測定値(レーティング)を数値化したものです。

ちなみに将棋で有名な「羽生善治三冠」は、

1861

です。

2017年7月現在、羽生善治三冠は日本の棋士レーティング順位は第3位になります。

31戦目の相手は中田功(七段)。勝敗はどうなりそう?

先ほどの将棋レーティングを参考に勝敗を予想するなら、やはり藤井聡太(四段)が有力といったところではないでしょうか?

なぜなら、藤井聡太(四段)の棋士レーティングは、

1712だからです。

中田功(七段)が「1473」ですので、ちょっと開きは大きいですよね。

ちなみに、藤井聡太(四段)の棋士レーティングの順位は、日本で23位です。

藤井聡太

まだ14歳という若さで23位ですから、将来どうなりそうなのかは皆さんも想像できますよね?

ちょっと話を戻しますが、

31戦目の対戦相手、中田功(七段):棋士レーティング1473は、30戦目の佐々木勇気五段:棋士レーティング「1773」に比べれば挑みやすい相手ということがわかりますので、もし順調に佐々木勇気五段との対局に勝利すれば、次戦も勝利する可能性が濃厚ですね。

佐々木勇気の画像、実力、彼女、過去の戦績などの情報まとめ。

2017.07.02

31戦目、中田功(七段)との対局日は、

7月6日(木)10:00〜です。

藤井聡太四段がどこまで連勝記録を更新するのか?今は将棋に全く関心がなかった人まで注目している話題になりましたので、これからの試合もますます目が離せませんね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク