勝間和代、カンニング竹山、乙武洋匡・・・杉田水脈議員の発言に各界から相次ぐ批判!

こんにちは!リットンです!

杉田水脈議員の生産性なし発言、各界から批判が相次いでいる模様です。

先日の記事で当メディアの記者、ココナッツも憤慨しておりました(詳しくは下記の記事をご参照下さい)

杉田水脈議員の寄稿に批判殺到!LGBTのみならず、DINKSや不妊に悩むカップルをも敵に回した炎上騒動の詳細

2018.07.24

本日は杉田氏の先の発言を受け、コメントを発表した各界の著名人とその見識についてご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

勝間和代氏は「大変な失望感」

勝間さんは25日更新のブログで、杉田議員の発言に言及。「現実と異なる認識を持っていたり、あるいは間違った概念としての生産性の高低を通じてLGBTカップルの支援の必要がないなど、一種の差別をあおるような論調の発言」だと批判し「この寄稿自体は論外」と切り捨てた。

(中略)

「党内で意見が異なっていいものもあるでしょうが、今回の杉田氏の意見はすでにそのレベルを超えていると少なくとも私は感じますし、このような発言を個人の見解として容認する自民党に大変な失望感を覚えています。

引用:日刊スポーツ

数カ月前、自身が両性愛者(バイセクシャル)である事をカミングアウトし、現在女性のパートナーと交際している勝間和代氏は大変な失望感を覚えると表明。

勝間氏は慶應義塾大学在学中に当時史上最年少で公認会計士の二次試験に合格、中小企業診断士や高度情報処理技術者等の難関資格も有し、マッキンゼーやJPモルガン等の外資系企業を渡り歩いた後、独立。

プライベートでは二度の離婚歴があり、三人の子持ちという、杉田氏が言うところの「生産性」が非常に高い女性に該当します。

その生産性が非常に高い勝間氏を以てして、杉田氏の寄稿は論外とバッサリ。

杉田議員を処分すべきとの事。

オピニオンリーダーであり、カツマーと言われる支持者を多く持つ勝間氏の主張は、LGBT当事者である事も手伝い、世論に影響を与える可能性は大いにあります。

スポンサーリンク

カンニング竹山氏は「妻以外と子供つくる?」

竹山は24日更新のツイッターで「俺妻がいるがわが家には子供はいない。でも我が国に税金はまじめにちゃんと結構な額を払っている」と前置きした上で、「でも子供がいないから俺はあのおばちゃんに言わせると生産性がない国民になる」と同議員の発言に言及。

さらに「それならば妻以外の人とバンバン子供をつくれば俺は生産性がある国民と言う事になるのか」と皮肉交じりに疑問を投げ掛け、「おばちゃん、妻を説得しに来て」とちゃめっ気たっぷりにつづってオチをつけていた。

引用:日刊スポーツ

皮肉にユーモアを交えたツイートで杉田氏を批判したカンニングの竹山氏。さすが芸人!と言った所。

いやはや、杉田氏は万が一にでも自身のお子さんが子供を持てなかった場合、「あなたは生産性が無い人間なのよ」と真顔でおっしゃるのでしょうか?

スポンサーリンク

乙武洋匡氏「次に排除されるのは『私』かもしれない」

乙武氏は杉田議員の発言を問題視し、連日ツイートしている。23日には「『生産性がない』と他者に烙印を押す方がいる。みずから選んだ境遇でもないのに、そんな烙印を押された人々の悔しさ、やるせなさはどれほどだろう。そうした人々の生きづらさに寄り添い、苦しみの声を丹念に拾い、少しでもその生きづらさが解消されるよう活動するのが政治家の責務ではないだろうか」と疑問を投げかけた。

 24日には「『あなたはLGBTなので生産性がありません』『あなたは障害があるので生産性がありません』『あなたは高齢者なので生産性がありません』『あなたは能力が低いので生産性がありません』--国家にとってどれだけ有益かという観点から優劣がつけられる社会になれば、次に排除されるのは『私』かもしれない」と危惧。

引用:日刊スポーツ

素晴らしい見解です。乙武氏自身も社会的弱者と位置付けられている立場であるからこその発言ですね!

不〇問題が無ければもっともっと心に響いたのですが・・・。

まぁその件は当騒動と無関係ですので、言及は控えます(笑)

まとめ

これまで政治家の失言に関しては少々言葉狩りに近いものもあった為、今回の杉田氏の発言は本当の所どうなんだろう?と調査していましたが、杉田氏の電波ゆんゆんな数々の主張を目の当たりにし、なかなか問題がある方だなという印象が強くなっただけでした。

男女観が古いというか、本当に2018年現在の日本で政治家として活動されている方なのか?甚だ疑問です。

炎上商法でしょうか?だとしたら、ご家族や親族に迷惑をかけるような注目のされ方は控えて頂きたい。

公人が寄稿した文章中に、国民の生産性を子供の有無で判断するかのような表現及びLGBTを名指しした事によるヘイト感が散りばめられていたら、そりゃあ批判が噴出するでしょう。

心が無くとも謝罪しておけばまだ良かったものの、件の批判に対して応戦ツイートを行った事で再炎上。

しかし、寄稿を掲載した担当者や杉田氏の秘書等、周囲の人間は誰一人彼女を制御出来なかったのでしょうか?

公人のこの寄稿にGOサインが出た事がそもそも不思議です・・・。

あと最後に、彼女の調査をしていて気になった事が・・・

その長い髪、せめて国会答弁中はまとめるなり何なりして下さいな(笑)

杉田氏は普通の感覚を大事にされているそうなので、あえて言及させて頂きたいです。

公の場で公人が長い髪を垂らし、職務を行う事、正直社会人経験があれば普通に違和感を覚えます。

普通を意識し、普通が大好きな杉田水脈議員だからこそ、常識的な髪型で公の場に立って頂きたい。

以上、最後までお読み頂きありがとうございました!

杉田水脈議員によるLGBT蔑視騒動は海を越えて海外でも話題に?同性愛者の自殺をあざ笑う動画流出でいよいよ辞職か?!

2018.07.30
スポンサーリンク