秀岳館の野球部の監督(後任)は誰?鍛治舎監督の今後の進路も調査!

2017年の甲子園をもって秀岳館の監督を退任すると発表していた鍛治舎(かじしゃ)監督ですが、本日の2回戦で惜しくも広陵に敗れたことで、退任することが現実となりました。

秀岳館という高校を甲子園に導き、しかも好成績を収めるまでに成長させた監督の指導力は本物で、多くの方が鍛治舎監督に声援を送っています。

秀岳館は今夏の甲子園優勝も夢ではなかったので、鍛治舎監督の姿が見れなくなるのはホントに残念ですが、現実を受け入れなければいけないですし、気になることは「後任が誰になるのか?」という問題です。

ここまで秀岳館:野球部を名門校に育て上げ、それらを引き継ぐ監督となれば、全国的にも有名な監督が就任する可能性は高いですし、どのような方が就任するのか話題になっています。

それともう一つ気になるのが、鍛治舎監督の今後の進路についてですが、こちらはまだ何も決まっていないとのことでしたので、鍛治舎監督が今後どのような舞台で活躍するのかも気になります。

そこで今回は鍛治舎監督が秀岳館を退任することで気になるポイントを一挙に調べていきますよ〜

スポンサーリンク

秀岳館の野球部の監督(後任)は誰?

鍛治舎

わずか3年という月日で秀岳館を全国レベルの強豪校に育て上げた鍛治舎監督ですが、それらを引き継ぎ、さらなる成長を期待される監督は一体誰になるのでしょうか?

まず第一に有力と言われているのが、前監督の久木田拡吉教諭ですね。

なぜ前監督の久木田さんが有力かというと、やはり秀岳館の野球部をみてきた方ですので、彼らの特性や環境に適した練習方法なども熟知していることが挙げられるでしょう。

それと、鍛治舎監督もおっしゃる通り、3年という月日の中で選手たちも自分たちで工夫して練習できるようになり、他の指導者たちも育ってきたと発言されていました。あとは秀岳館というチームを知り尽くした前監督で引き上げていけると判断されたのでしょう。

ほかには全国的にも有名な監督が候補として挙がっているのは間違いなさそうですが、現時点では久木田拡吉教諭が有力とみて間違いないですね。

スポンサーリンク

鍛治舎監督の今後の進路はどうなるの?

さて、もう一つ気になる話題が、鍛治舎監督の今後の進路についてですが、果たしてどうなるのでしょうか?

ご本人は、「現時点では進路は何も決まっていない」と話されていますが、これだけ秀岳館で実績を残した監督ですので、他の高校が黙っているわけがありません。

名門高校の監督たちも以下のように述べています。

以下、スポニチより

 ▼横浜渡辺元智前監督 解説者をされていた時から親しくさせていただいた。県外から行って大変だっただろうが、あれだけのチームをつくり一石を投じた。

 ▼明徳義塾馬淵史郎監督 あの短期間で、あれだけできるのは凄い手腕。できたらお手合わせしたかったけれど(これまでは)機会がなかった。

 ▼大阪桐蔭西谷浩一監督 びっくりというか、残念です。その分、この大会に意気込んでおられると思います。短期間でチーム力を引き上げた指導力は凄い。

誰もが知っている野球の名門校の監督たちも、鍛治舎監督の指導力を絶賛されていますし、それこそ野球というスポーツを学校の柱にしたいと考えている高校にとっては、鍛治舎監督は喉から手が出るほど欲しいのではないでしょうか。

また、鍛治舎監督はこれまでの経歴からみても、監督以外の職業に就く可能性も十分に考えられます。そこで、どのような進路が考えられるかをまとめてみました!

鍛治舎監督の今後の進路として考えられる道は、

  • 再びどこかの高校で監督として就任する
  • 以前のようにNHKの解説者になる
  • 以前のように社会人野球の監督になる

このあたりではないでしょうか?まぁ〜どちらにしろ野球絡みということは間違いなさそうですね(笑)

この中でも特に有力なのは、やはり高等学校の野球部:監督で、それこそ全国的にも有名な高校の監督に再び就任するかもしれません。

例えば、どんな高校が考えられるでしょうか?

ネット上では県岐阜商(岐阜県)や高松商業(香川県)などの名前が挙がっています。というのも、特に高松商業などは野球の名門校で、これまで母校出身の方を監督に据えるスタイルをとってきましたが、高校野球界も変化の時代が訪れており、新しい風を吹き込むためには、鍛治舎監督のような指導者は適任だからではないでしょうか?

また、県岐阜商は言わずと知れた鍛治舍監督の母校ですので、最後に監督として母校を日本一に導いていただきたいという地域の声があるのでしょう。

ほかにも鍛治舎監督を欲している高校は数え切れないぐらいあるでしょうし、監督の家族は大阪府在住ですので、大阪のいずれかの高校をまた一から育て上げて名門校にするのも鍛治舎さんの使命かもしれませんね。

なかには「NHKの解説者として復活していただきたい」という声も多いですが、ご本人はこの3年間について「夢のような時間だった」と発言しているように、監督という職業に誇りを持ち、生徒たちとの距離も近いこの監督業に魅力を感じているでしょうから、再びグラウンドに戻ってくる可能性は高いですね。

鍛治舎監督についてまとめ

鍛治舎監督の今後の進路や秀岳館の後任については、まだまだ情報が少ないので、また最新の情報が入りましたら随時更新していきます。

最後になりましたが、鍛治舎監督に一言。

3年間本当にお疲れ様でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク