松本花奈が制作した過去の作品(動画)一覧!将来は大物映画監督?

8月2日発売のHKT48のシングル「キスは待つしかないのでしょうか?」のMV(ミュージックビデオ)をまだ19歳の女性「松本花奈」が監督したことでちょっと話題になっていますよね。

しかも、監督兼女優というから、ついつい「綺麗な方だろうなぁ」と想像してしまいます。

なんでも小学校時代に女優デビューし、中学校からは映像制作も開始。現在は現役女子大生として大学に通いながら監督業を中心に活動しているなんて、すごい方だと思いませんか?

そこで、松本花奈とは一体どんな方で、過去にどんな作品を制作してきたのか?色々と調べてみましたので、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

松本花奈が過去に制作した作品ってどんなの?

さて、気になる松本花奈が過去に制作した作品についてですが、

ごちゃごちゃ説明しても仕方ないので、これまで監督した作品を一覧でご紹介していきます。

まずは松本花奈が監督・制作した映画からご紹介していきますね。

短編映画「真っ赤なポピー」

こちらが最初に手がけた短編映画になります。

「真夏の夢」

こちらの作品「真夏の夢」が初長編監督映画になります。「映画甲子園」で最優秀賞、史上最年少で「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015フォアキャスト部門」にて上映されました。

制作スタッフの平均年齢が18歳というからちょっと驚きですよね?ちなみに松本花奈さんは当時16歳でした(笑)

映画に出演するキャストも若ければ、制作スタッフも若いということです。

ご紹介しているのは予告編ですので一部始終しか観れませんが、とても10代の方々が制作した作品とは思えませんよね?

もちろん、普段私たちが観ている映画なんかと比べれば、キャストの演技力や演出などは見劣りするでしょうが、「自主映画」でこのクオリティーはすごいですね。

スポンサーリンク

脱脱脱脱17

こちらは2017年9月2日から東京・渋谷のユーロスペースでレイトショー公開されることが決定している作品です。

今作は「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2016」で審査員特別賞と観客賞をダブル受賞した作品です。

日本を代表する映画監督の一人「岩井俊二」さんも以下のようにコメントしています。

映画.comより

この若さにしてこの技量。自主映画なのにこの質量。こんな映画が現れたら学生映画だからという言い訳はもうできない。これを新たなるパラダイムとして若い君たちが映画を作り始めたら確実に将来の映画界は変わる。という意味でこの作品は既に事件だ。

と述べています。

日本を代表する映画監督がすでに称賛していますので、将来は一体どんな風になっているのでしょうか?

しかも、映画監督と言ったら、なんだか無意識に男性をイメージしてしまいますので、女性監督の第一人者として活躍していただきたいです。

次に松本花奈が監督・制作したミュージックビデオ(MV)をご紹介していきます。

竹友あつき – 「ワレモノ注意」

「井上苑子 -大切な君へ」

「Softly – あなたのことを想って指先でなぞる文字は(あかりとまさき 告白編)」

室井雅也「A GIRL BY SEASIDE」 MV

室井雅也さんは東京を中心に活動するシンガーソングライターですが、彼の1stシングル「A GIRL BY SEASIDE」のミュージックビデオを制作しています。

花澤香菜 「ざらざら」

HKT48「キスは待つしかないのでしょうか?」MV

最後になりましたが、今回話題になった作品がコチラです。今作はHKT48の10枚目となるニューシングルになりますが、HKT48のミュージックビデオの監督を19歳の現役女子大学生が務めるなんて、ちょっと信じられないですよね?

この映像を観ていただければわかりますが、この真夏のラブソングにピッタリのテイストに仕上がっています。

これまで制作されてきた作品を観ているとわかりますが、現在に至るまでに数え切れないぐらいの苦労をされているでしょうし、やっとその努力がちょっと実った、というところでしょうか。

これからどんな作品を世に送り出すのか、ホント楽しみですよね。

スポンサーリンク

松本花奈のプロフィール情報

松本花奈ってどんな人なの?って方のために、年齢や学歴などの情報をまとめてみました。

松本花奈
  • 松本花奈(まつもと はな)
  • 生年月日:1998年1月24日
  • 出身地:大阪府
  • 最終学歴:慶應義塾大学(総合政策学部)在学中
  • 身長:164cm
  • 職業:映画監督、女優

もともとは女優として活動している傍、映像制作もはじめ、今や映画監督が第一の職業になっています。

映画監督兼「女優」ですので、もちろん過去にキャストとして映画やテレビドラマに出演した経歴もあります。

要するに、松本花奈を一言でまとめると、

「二刀流」ということですよ!

現在は「映画監督」に専念されていますので、今後はキャストとして出演する機会はないかもしれませんが、この容姿で出演しないのはちょっと勿体無いですよね。

また映画監督の経験があるからこそ、それがキャストとして出演する際にも活かしていけるのではないかと感じますので、将来はぜひ二刀流も目指していただきたいものです。

松本花奈について「まとめ」

彼女が監督・制作した全ての作品を観ましたが、とても10代の女性が「自主映画」で制作した作品とは思えないぐらいクオリティーが高かったです。

将来は大物映画監督になっているかもしれませんので、今後の活躍にもますます目が離せない方です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク