高品謙一(おなかすいた)の年収っていくら?ほか出身大学などの学歴情報 

「安くて、新鮮で、美味しい」と主婦達の間で注目を集めているお店「おなかすいた」の社長:高品謙一さんが、カンブリア宮殿に出演されますよね。

なんでも、「野菜」「菓子」「調味料」のみ扱う専門店というから、ちょっと変わった業態で面白いです。

「おなかすいた」を運営している会社「モンテン」は、ここ数年で急成長していると言われ、現在は関東ほか周辺地域に絞られますが、今後は全国展開なども視野に入れているのではないでしょうか?

将来的には一体どれぐらいの規模になっているのか、楽しみですよね。

今回はちょっと面白い商売を始めた「モンテン」の社長:高品謙一さんについて、出身大学などの学歴情報や気になる年収などについて調べて見ましたので、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

高品謙一さんの出身大学ほか学歴などの情報はコチラ。

高品謙一
  • 氏名:高品謙一
  • 生年月日:2017年現在、43歳
  • 出身地:千葉県
  • 最終学歴:専修大学(経営学部)
  • 職業:株式会社MongTeng(モンテン):代表取締役
  • 事業内容:加工食品及び青果物の販売

大学卒業後は、父親:高品 政明さんが創業した株式会社タカヨシに就職して、2008年頃には同社の専務取締役を務めていました。

株式会社タカヨシは、もともとホームセンターをフランチャイズ展開していましたが、思うような業績が上がらず、カラオケボックスや農産物直売所を展開するなど、色々と試行錯誤を繰り返していきました。

その中で、農産物直売所「わくわく広場」が地道な努力を重ねて、成長していきました。

最初は地元の農協からなかなか協力が得られず、入荷してくれる農家を探すのに相当苦労されたようですね。

それでも諦めずに、地道な努力を重ねて、店舗面積が広くない直売所の利点を生かし、多店舗展開や独自の集客力でみるみる会社は成長していきました。

タカヨシは全国に101店舗、年商120億円もの売上を記録するまでに成長しました。

前職でそのような経験もあり、高品謙一さんは更にお客さんに価値のあるものを提供したいと考えて、「野菜」「菓子」「調味料」しか扱っていない「おなかすいた」を立ち上げました。

2015年11月に設立された会社ですが、わずか1年半で10店舗展開するまでに成長しています。

生肉や飲料水、ペーパーなどの消耗品などは扱わず、なぜ「野菜」「菓子」「調味料」のみ扱う専門店にしたかというと、

他のスーパーなどと差別化をはかり、価格競争に巻き込まれず、「新たな市場」を作り、価格競争をしない選択をとりたかったと述べています。

そして今や新鮮な野菜が安く買えるということで、お店の知名度も上がり、急成長しているということですね。

一般的なスーパーで売られている野菜や果物より、更に2、3割は安いと言われているので、一度は行ってみたいですね。

スポンサーリンク

高品謙一さんの年収っていくらなの?

さて、気になる高品謙一さんの年収についてですが、一体いくらもらっているのでしょうか?

株式会社モンテンの設立日が2015年11月で資本金:1300万円、従業員150名ほどの会社です。

会社の売上高が公表されているわけではないですし、ご本人が発言していたわけでもないので、正確な情報は確認できませんでしたが、

現在、「おなかすいた」を10店舗ほど展開されていますので、少なく見積もっても、

年収1000〜1500万円ぐらいはありそうですよね。

以前、務めていた株式会社タカヨシなどにまだ籍があり、他にも収入源があれば

年収2000万円ぐらいは到達しているのではないでしょうか?

これから会社が大きくなれば、色々なデータがわかるようになりますし、当然、社長であるご本人の年収も増えますよね。

高品謙一さんについてまとめ

新鮮な野菜を安く届けてくれる「おなかすいた」は、これから私たちの生活になくてはならない存在になりそうですので、これから会社と共に高品謙一さんもどんな成長を遂げていくのか、要チェックですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク