宮川紗江選手パワハラ騒動をわかりやすく整理!池谷幸雄も号泣した体操協会の闇

こんにちは!リットンです!

連日報道されている宮川紗江選手への日本体操協会によるパワハラ疑惑騒動ですが、この騒動に関して「よくわからない」という方が結構いるみたいなので、簡潔にまとめました。

また、池谷幸雄氏がフジテレビの情報番組「バイキング」の生放送中に号泣した事で垣間見れた体操協会の闇についても調査しました。

スポンサーリンク

騒動の発端

事の発端は日本体操協会塚原千恵子強化本部長が、宮川紗江選手に自身が監督する朝日生命体操クラブに所属する事をパワハラまがいの手法で強要した為、その事を受け、宮川選手が同氏を告発したというもの。

話をややこしくしているのは、宮川選手を朝日生命体操クラブに引き込む際に邪魔な存在であった速見コーチを外す為、速見コーチが暴力行為を行ったと塚原氏が指摘している点で、厳しい指導故、頭を叩く等手が出る事もあったとコーチ本人が暴力行為を認めている点です。

宮川選手と宮川選手の母親は、その指導を「選手として成長する為の愛の鞭」と考え、速見コーチを失脚させようと目論む塚原氏に真っ向から対峙する形で今回の告発に踏み切ったのですが、18歳のか弱い女子選手が暴力を受けたという点がセンセーショナルに報道され、パワハラ=コーチからの暴力という風潮がお茶の間でニュースを見ている世間一般に浸透しました。

その結果、この騒動に対して理解し切れていない方が僕の周囲にもたくさんいます。

「今TVで報道されている体操のパワハラの騒動ってコーチに暴力受けたってやつでしょ?」「18歳の女の子を殴るなんてひどい!」

という声を何度も聞きましたから。

なので、この騒動は

日本体操協会塚原千恵子強化本部長が、宮川紗江選手に自身が監督する朝日生命体操クラブに所属する事をパワハラまがいの手法(二人三脚で厳しくも愛のある指導をしてくれた宮川選手にとって大事なコーチを体操界から追放する事、その事を認めなければオリンピックに出場させないと脅す事)で強要した為、その事を受け、宮川選手が同氏を告発したというもの。

である事をご理解下さい。

塚原氏の言い分

宮川選手の告発を受けた塚原氏は、当初、宮川選手の主張を全面否定。「お金を使ってでも勝つ」とまで宣言しました。

また、宮川選手との会話を録音したとの事で、その行為自体にも疑問の声が挙がっています。

音声データは証拠になるとは言うものの、録音する側にとって都合の良い部分をピックアップする事が可能ですからね。

なお、当初は全面否定していたものの、一部の発言に関しては認めている節があり、小出しで主張を変えてきた印象を受けます。

・・・弁護士の入れ知恵でしょうか?

いずれにせよ、あらゆる角度から塚原氏サイドの主張を見て、個人的には嘘をついているのはこっち側である気がしてなりません。

スポンサーリンク

塚原氏の日本体操協会での影響力

塚原千恵子氏は夫である日本体操協会副会長・塚原光男氏と共に、日本体操協会で絶大な権力を持っているとの事です。

夫婦揃って幹部クラスの地位である為、協会の今後の方針を決める際等、無視出来る存在ではありません。

阿吽の呼吸で夫婦同意見であれば鬼に金棒、意のままに協会を操る事が可能だと思います。

一番上の存在は会長ですが、元体操選手でオリンピックメダリストの池谷幸雄氏いわく、所謂お飾り的存在で、運営は副会長以下に委ねているとの事でした。

※池谷幸雄氏が会長をお飾り的存在とはっきり明言したわけではありませんが、フジテレビの情報番組「バイキング」にてそのようなニュアンスの発言をしていました。

また、かつて塚原氏が体操の採点基準改定の情報を外に漏らさず、自分の教え子にのみ伝えるという行為を行っていたとも同番組にて話していました。

過去には塚原夫妻の息がかかった審判員のみで構成された大会を半数以上の選手がボイコットするという事件も起こっており、今に始まった事ではありません。

塚原夫妻は夫婦共に体操選手として立派な経歴を持つ故、このような数々の裏工作の実態を知り、残念に思っている体操ファンも多いでしょう。

スポンサーリンク

池谷幸雄氏がフジテレビの情報番組「バイキング」の生放送中に号泣

元体操選手でオリンピックメダリストの池谷幸雄氏がフジテレビの情報番組「バイキング」に出演し、生放送中に男泣きしました。

それは速見コーチがマスコミ各社にあてた体操協会の懲戒処分を受け入れる旨を記した文書を榎並大二郎アナが読み上げている時の事でした。

速見コーチは文書の中で選手ファーストという言葉を多用していました。

要するに、現時点で宮川選手にとって最良であると考えられる選択をしたのです。

それは例え自分がコーチを退く事になろうとも、宮川選手が東京五輪に出場し、表彰台に立つ為の最良の選択です。

これまで、オリンピックの表彰台を目指し共に歩んできた宮川選手と速見コーチ。

きっとあらゆる事を犠牲にし、競技に取り組んできたはずです。

そんな中での別離は、さぞ悔しかったに違いありません。

それでも、自身が捨て石となる事で、二人の最大の目標を達成出来るのであればと考えた結果、処分を受け入れる事を決めたのでしょう。

その速見コーチの気持ちを汲み、池谷氏は涙を流したのです。

池谷氏自身もコーチとして選手と接しているが故、その悔しさがどれ程のものか痛い程理解出来たのでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

行き過ぎた指導や体罰は、確かに肯定出来るものではありません。

例えトップアスリートの育成であったとしても、それは容認されるべきものではないと個人的には思います。

ですが、宮川選手と速見コーチの関係性及び証言を客観的に考慮した場合、懲戒処分は明らかに重過ぎます。

もはや裏で何らかの工作が行われたようにしか見えません。

宮川選手が絶対権力に立ち向かってまで守ろうとした速見コーチとの絆が引き裂かれた事は残念ですが、今回の騒動で是非真実が明るみになり、日本体操協会が変わる事を願います。

スポンサーリンク

追記

ネット上で速見コーチによる暴力行為を撮影した動画(宮川選手がビンタされているもの)が公開され、話題を呼んでいますね。

批判的な意見が多いですし、今は時代が違いますから、熱の入った指導だとしても賛同を得る事は難しいでしょう。

ですが、体操競技でのミス、例えばバク転の着地失敗等は命にかかわる大きな事故に繋がる可能性もあるんです。

現に、遊び半分でバク転をし、着地に失敗した筆者の知人は首から下が完全に麻痺し、20代前半にして生涯車イス生活を送る事となりました。

体操とは、一歩判断を誤ると致命的な事態になりかねない、そんな競技なんです。

もし仮に自分の子供や大事な教え子が、弛んだ気持ちでそんな危険な体操競技に取り組んでいたら、真剣に叱りませんか?

給食を残してビンタされているのとはわけが違います。

宮川選手はオリンピックを目指し、結果を出そうと真剣に体操という競技に取り組んでいます。そして、それは一歩間違えると大事故に繋がりかねない競技です。

「何を差し置いても体罰はダメ」と言うのは、やはり少々極論であると僕は思います。

痣が出来るほど殴られたとなれば話は別ですが、外傷があるわけでもありませんので、指導の範疇内ではないかと思います。

※体罰に関しては速見コーチ・塚原夫妻共に週刊誌や報道番組等で新情報が続々と報道されています。今は時代が違いますから、「悪い事をしたから罰として叩かれる」という事も体罰の範疇に入るという見方が強いようですので、スポーツ界全体の問題として、今後考えていく必要があるかと思います。

何より、辛いなら宮川選手は体操を辞めるなり速見コーチから離れるなり自由に選択する事が出来るんです。

それでもあえて、速見コーチからの指導を乞うているのです。

オリンピックの表彰台に立ちたいという、その一心で。

これはもう、スポ根の世界です。一般人には理解出来ない部分もあると思います。

我々にとって身近な上司と部下、先輩後輩の関係に置き換えるのではなく、二人三脚で五輪を目指す指導者と教え子という特殊な関係性を考慮する必要があります。

宮川選手が人生最大にして、極限られた人間にしか成しえない五輪の表彰台に立つという目標を達成する為の選手ファーストな騒動の決着を願います。

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク