大森靖子のブチギレ事件はどっちが悪い?ヨギーボーカル発言の真意は?

シンガーソングライターの大森靖子(せいこ)さんが、ロックフェスでブチ切れたことが話題になっていますね〜

なんでも同じフェスに参加していた「Yogee New Waves」にブチギレだったとか・・・

ステージ上では無事に演奏は終了しましたが、何だか後味の悪い展開となり、会場につめかけた方々もちょっとテンションが下がりますよね。

そもそも今回の騒動の発端は、Yogee(ヨギー)のボーカルのある発言に対して大森靖子さんがブチギレましたが、果たして一体どちらが悪かったのでしょうか?

それと、ボーカルのあの発言には何か深い意味はあったのでしょうか?その発言の真意が気になりますよね。

そこで今回は、一連の騒動を整理しながら、皆さんのモヤモヤしたところを解決していきますよ〜

スポンサーリンク

大森靖子のブチギレ事件の概要

大森靖子

まずは今回の騒動について簡単に整理していきましょう!

トラブルの発端は、2017年9月9日に神奈川県川崎市で行われたロックフェス「BAYCAMP 2017」のステージ上での出来事でした。

大森さんが激怒した相手は、このフェスで共演した4人組若手バンド「Yogee New Waves」です。大森さんの投稿などによれば、ステージで起きたYogee側とのトラブルは以下の通りです。

まず、大森さんはこの日のステージで、「音楽は魔法ではない」という歌詞が繰り返し登場する楽曲「音楽を捨てよ、そして音楽へ」を披露した。その直後、次の出番でステージに上ったYogeeのボーカルは、演奏を始める前のMCで、

「音楽は魔法だよ」
と口にしたという。

これに激怒したのが大森さんだ。自身のライブが終わり、Yogeeがまだ演奏をしている最中のツイッターで「簡単に音楽は魔法っていうクソミュージシャンが永遠に嫌いです」と投稿したのだ。

引用:J-CASTニュース

つまり、大森さんは自身のステージで「音楽は魔法ではない」と連呼していたわけですが、直後のステージでYogeeのボーカルから「音楽は魔法だよ」っとあたかも反論・全否定された言葉をステージ上で言われて怒りを露わにしているということです。

そりゃ〜音楽は魔法ではない!って繰り返し言っていたあとに、音楽は魔法だよ!なんて言われたら、自分の音楽を平気で踏みにじられたという言い分はわかりますよね〜

そしてさらに事件は続きます。

その後、Yogeeの演奏中にベースの弦が切れるトラブルが起きた。ここで、スタッフが大森さんのバンドメンバーのベースを代用として手渡した。この出来事についても、大森さんが「本人の許可なく(楽器を)使われた」などと主張したことで、さらに騒動が拡大することになった。

大森さん 「どういう神経して触ってんの。気持ち悪ぃ」
大森さんは先述した一連の出来事について、9日深夜に更新したツイッターで改めて怒りを爆発させた。

引用:J-CASTニュース

大森さんとしては、自分の音楽を平気で踏みにじられただけでも許せないのに、さらに弦が切れたとかで本人の許可なくバンドメンバーの楽器を使われて・・・さらに怒りがヒートアップしたわけです。

「どういう神経して触ってんの。気持ち悪ぃ」

この発言を見るからに、大森さんの怒りは相当なものだったと考えられます。

そして、11日にYogeeのメンバーが直接大森さんの元を訪れ、問題のMCについての謝罪と真意の説明をされたようですが、大森さんの熱は収まっておらず、

「あーなんかなんでこんなやつ相手しちゃったんだろーと余計不快というか 日本語の断絶がすごくて、かなしくなっただけだった。もう忘れよう。ゆるさないけどわすれよう」

というコメントを残されていました。

ちなみに現在は大森さんのツイッターアカウントなどは削除されており、今回の騒動に関連する発言は確認できなくなっています。

大森靖子のブチギレ事件は結局どっちが悪いの?

さて、まずは今回の騒動について結局どっちが悪いの?という問題ですが、ん〜個人的な意見としては、もちろん大森さんにも非はありますが、やはりYogee側が悪いという印象ですね。

というのも、そもそも同じフェスでステージに上がるグループ同士ですので、お互いの楽曲ぐらい把握しているはずです。

そこで、大森さんが「音楽は魔法ではない」と繰り返していた後に、何食わぬ顔で「音楽は魔法だよ」なんて言われたら、そりゃブチ切れるのは当然です。

しかも、大森さんのステージが終わった直後の話ですから!

また、いくらベースの弦が切れるトラブルが起きたからといっても、本人の許可なく楽器を使用するのはダメですよね〜

なんだか一般の方からみれば、「なぜこのぐらいのことで大森さんはキレるの?」という風に捉えてしまうかもしれませんが、これは音楽というものに真剣に取り組んでいる人からすれば、おそらく共感できるのではないでしょうか?

1つの曲を作るのに作詞家は様々な意味をこめており、それらをアーティストが熱唱して観客に伝えるわけですが、この心のこもった歌詞を全否定されたら、音楽家としては黙っていないと思います。

音楽に興味のない方からすればどうでも良い話かもしれませんが、真剣に音楽と向き合っているからこそ、大森さんはブチギレたわけです。

また、本人の許可なく楽器を使用した件についても同様です。

板前さんで例えると、商売道具の包丁を無断で使われた時のような感覚ですね。

音楽家にしてみれば、板前さんの包丁が楽器にあたり、自分の分身のようなものを無断で使われたらそりゃ怒りますよ。まぁ〜楽器の件は現場スタッフの対応なども絡んでいるため、一概にYogee側が全て悪いとは言えませんが。

スポンサーリンク

Yogee:ボーカルの発言の真意は?悪意はあったの??

さて、最後に気になるポイントが、

結局、Yogee:ボーカルの発言に悪意はあったのか??

ということですが、いかがでしょうか?

これまでの経緯から考えると、個人的には多少悪意はあったのではないかと感じています。

「ただまあそうしないと私のステージの空気を断ち切れないぐらい弱くて、自分の音楽に自信がなかったんでしょうね」

という大森さんの発言はちょっと言い過ぎかもしれませんが、ん〜もっと簡単に言うと自分たちの土俵にもってくるというか、ステージの雰囲気をガラッと変えて、自分たちの音楽を提供したかったのではないでしょうか?

ましてや直前に大森さんが「音楽は魔法ではない」と連呼していたこともわかっていたでしょうし、ん〜やっぱりよく考えると大森さんの言い分はあながち間違いではないと思います。

Yogeeのメンバーが直接大森さんの元を訪れて謝罪したにも関わらず、大森さんの怒りが収まっていないことからも、何か本音が聞けなかった、回りくどい言い方で解決しようという意思が出ていたのでは?という気がします。

大森靖子のブチギレ事件についてまとめ!

  • 今回の事件について、個人的にはYogee側に非があると感じた
  • Yogeeボーカルの発言については、多少の悪意はあったと推定

今回の事件は一般の方からすれば、「どうってことない出来事」として片付けてしまいそうですが、音楽に対して真剣に向き合っているからこそ起こった大騒動だったといえるでしょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク