全国高等学校クイズ選手権の最常連校!東大寺学園(奈良)について調査

東大寺_二月堂

1983年から日本テレビ系列で放送されている知の甲子園、全国高等学校クイズ選手権

今年2019年で第39回目を迎えます。

主に高偏差値の進学校が火花を散らすアツい戦いは視聴者をハラハラさせると共に、それまで知らなかった地域の高校について知る事が出来ますよね。

ちなみに、私はラ・サール高校の存在を高校生クイズで知りました。

そしてラサール石井さんの「ラサール」の由来がラ・サール高校である事を知ったのはさらに後でした・・・。

なお、超進学校であるラ・サール高校は高校生クイズの常連校で、出場回数は第39回までで何と計20回。

歴代出場回数ランキングで2位だそうです。

じゃあ1位、つまり最常連校はどこなのか?

その高校は第39回までで計24回、今年2019年は特別枠で出場します。

高校生クイズファンならご存知ですよね?

泣く子も黙る

東大寺学園

です!

というわけで今回は、高校生クイズ強豪校として知られる東大寺学園について調査しました。

スポンサーリンク

偏差値77~78、「京大付属校」の異名を持つ超進学校

東大寺学園の運営母体は『奈良の大仏』で知られる世界遺産東大寺です。

中高一貫教育の学校ですが高校受験の際、外部からの学生も受け入れています。

関西では兵庫県にある超進学校・灘高校と並ぶ名門男子校です。

ちなみに、外部から高校受験で東大寺学園を受ける際の偏差値は何と77~78で、兵庫の灘高や東京の開成高校に匹敵する偏差値を要します。

そりゃあクイズ強いわけですよ!

東大・京大・旧帝大医学部に合格者を多数輩出する学校ですからね。

なお、東大寺学園の所在地は奈良県ですが、大阪府をはじめとする他府県から通学している学生もいます。

そしてこれは余談ですが、大阪府は西側の兵庫県に灘高と甲陽学院、北東の京都に洛南高校、東側の奈良県に東大寺学園と西大和学園・・・

という具合に周辺府県に私立の超進学校が乱立している故か、大都市であるにも関わらず公立・国立志向が強い傾向にあります。

全体的に私立志向の東京近郊とはかなり異なる構造ですよね。

大阪府よりも周辺府県の方がより私立志向という私立志向ドーナツ化現象みたいな状況が長年続いている模様です。

そんな中、東大寺学園は天下の灘高と大阪を挟んで東西を分かつ最難関校として君臨しているのです!

スポンサーリンク

東大寺学園クイズ研究部

東大寺学園のクイズパワーの源泉、東大寺学園クイズ研究部ですが、何とTwitterにて公式アカウントを運営しています。

時代ですね・・・。

それでは、ちょっと天才高校生たちの運用するアカウントのツイートを覗いてみましょう!

何と!決勝戦に同じ奈良県の西大和学園の姿が・・・

人口約133万人の奈良県の学校が2つも決勝進出って、ちょっと考えられないですよねぇー

東大寺学園クイズ研究部のツイートをいくつか見ていてふと思ったのですが・・・

みんな顔めっちゃ隠してる!

個人情報保護の観点からなのか、単に恥ずかしがりやが多いからなのか定かではありませんが、軒並み部員の顔がスタンプやモザイクで加工されています。

これ、逆に怪しいですよ(汗)

仮入部の新入生達の隠され具合がヤバいです(笑)

これもうTwitterに画像載せる意味ないような・・・(笑)

圧倒的な偏差値とクイズ力を誇る東大寺学園に畏怖の念すら抱いていましたが、今回の調査でお茶目(?)な部分も垣間見れ、少し親近感が湧きました。

「SNSなんて時間の浪費、一切不要」とか言ってそうなイメージでしたからね・・・汗

スポンサーリンク

まとめ

あらゆるクイズ番組でその力をお茶の間に見せつけている東大寺学園、印象的ですよね。

かつて「アメリカ横断ウルトラクイズ」というクイズ番組で、立命館大学クイズ研究会が東大のクイズ研究会をも凌駕していた過去があります。

当時まだ幼かった私は立命館大学が東京大学と肩比する程優秀な大学であると思っていました。

実際に優秀な大学ですが、「東京大学と比較して」というところではやはり軍配は東大に上がるでしょう。

このように、我々視聴者の頭の中にはクイズが強い学校=優秀という図式が多かれ少なかれ描かれているように思いませんか?

個々人やクイズチームのリーダーのポテンシャル、クイズ問題対策等、実際の学力とは全く無関係な部分を駆使するものであるにも関わらず、「クイズの強さ」が学校に対するイメージに与える影響は大きいように思います。

ならば、クイズに力を入れる事が非常に有用な学校の宣伝になるのではないかと個人的に思いました。

東大寺学園クイズ研究部はメディア露出が多めなので、いつか全国一とも言われる灘高以上に高偏差値の受験生が集まる学校になっているかも知れませんね。

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.