元モー娘・吉澤ひとみが飲酒運転&ひき逃げで逮捕!被害者のTwitterアカウント流出で騒動拡大?!

こんにちは!リットンです!

元モーニング娘でタレントの吉澤ひとみ容疑者が飲酒ひき逃げ事件を起こし、逮捕されました。

まさかあのよっすぃーが芸能界始まって以来、前代未聞とも言える程の大事件を引き起こす事になろうとは・・・。

ハロプロ時代からのファンはさぞショックだと思います。

何せ飲酒運転の上、ひき逃げですからね・・・。

幸い被害者は軽傷で済んだものの、イメージは最悪。引退は免れないと思います。

そんな吉澤容疑者の経歴とこれまでの活動を静かに振り返りつつ、飲酒ひき逃げ事件の全貌を確認したいと思います。

スポンサーリンク

かつて「天才的に可愛い」と言わしめたルックス

オーディション番組ASAYANの第三回追加オーディションにてモー娘入りした吉澤容疑者は、オーディションの際「天才的に可愛い」とつんくプロデューサーを唸らせました。

個人的な意見ですが、芸能界デビュー時点での純粋なルックスは歴代のモー娘の中でも一番だと思います。

その後、4代目リーダーとしてモーニング娘を牽引する存在に。

脱退後は特別に目立った活動はなかったものの、バラエティ等でたまに見かける程度には活動していました。

※今現在、モーニング娘を脱退後に活発な芸能活動を行っているのは矢口真里さんと辻希美さん(主にブログ)ぐらいなもので、同じく国民的アイドルグループだったおニャン子クラブやAKB48の元メンバー達程、TVで元モーニング娘を見かける機会は多くありません。

なお、バラエティ番組以外では地元である埼玉県三芳町の広報大使としても活動していましたが、今回の騒動を受けて大使は解嘱された模様です。

気になる飲酒ひき逃げ事件の全貌

ニュースサイトによると、吉澤容疑者は

東京都中野区の東中野駅前の交差点に赤信号を無視して進入。自転車で横断していた20代女性をはね、自転車が倒れたことで近くを歩いていた40代男性にもケガを負わせたが、そのまま現場を離れた。

との事。

この約15分後に110番し、現場に戻ってはいますが、やった事は飲酒運転&ひき逃げです。

警察には「周囲に車が多く、停止できなかった」と証言したようですが、残念ながら、言い訳にしか聞こえませんよね・・・。

なお、吉澤容疑者から検出されたアルコール濃度は何と基準値の4倍だそうです。

事故の2時間後にはイベント出演を控えていた上に、彼女は2歳児の母親です。

事故を起こしたのは午前7時頃ですから、そんな時間まで飲み明かしていた上に飲酒運転をしたというだけでまず人格を疑ってしまいますし、芸能人としての自覚・母親としての自覚が無さすぎます。

一部報道ではアルコール中毒説も囁かれていますが、状況的にその可能性は十分あり得ます。

スポンサーリンク

被害者のTwitterアカウント流出で騒動拡大?!

こちらをご覧下さい。

これは、吉澤容疑者にひき逃げされた被害者のツイート画像です。

犯人が芸能人とわかった途端に高額を要求しようとする旨のツイートが炎上し、アカウントを削除した模様です。

被害者のこの思考は少々考えものですが、自分自身がひき逃げされたら腹が立ちませんか?

ましてや、酔っ払った挙句のひき逃げです。

決して笑って許せる事ではありませんよね。

まとめ

吉澤容疑者は2007年に実の弟を交通事故で亡くしています。

さらに2017年には追突事故を起こしているので、運転には人一倍気を付けなければいけないはずでした。

それが飲酒運転の上にひき逃げをしたのですから、経験から何も学んでいない事になります。

保釈金を支払い釈放される可能性は高いですが、しっかりと反省し、今後は母親としてお子さんの傍にいてあげる事を願います。

なお、余談ですが、元フジテレビアナウンサーの千野志保さんは死亡事故を起こし、芸能界から引退しました(業務上過失致死で書類送検)。

彼女は福田康夫元総理の甥っ子(ゴールドマン・サックス社員)と結婚した為、引退後もセレブリティな生活を送っていると思われますが、吉澤さんはどうなるのか・・・と思い旦那さんについて調査しましたが、IT企業経営者との事なので、こちらも金銭面の心配はありません。

なので、お子さんの今後の為にも、表舞台からは姿を消し、専業主婦として家事育児に専念する道が唯一にして最良の道であると思います。

※追記※

吉澤ひとみさんの芸能界引退が発表されましたね。国民的アイドルグループの元リーダーでセンター経験もある彼女がこんな形で芸能界を去るのは残念ではありますが、

酔っぱらった挙句、都内の一般道を時速86キロでぶっ飛ばしていたという事実は、もはやフォローのしようがありません。

上の方で記載した通り、今後は専業主婦として家事育児に専念する道をしっかり歩んで頂きたいです。

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク