ユアタイム終了で露出激減?!メインキャスターだった市川紗椰の現在

2016年4月4日から2017年9月29日までの約1年半、毎週月曜から金曜深夜に生放送されていた報道番組「ユアタイム」。

市川紗椰さんと共にMCを務める予定だったショーン・K氏が学歴詐称問題発覚により降板した事で話題になった番組です。

結局、ショーン氏の代役は立てず市川さん単独MCで番組をスタートしたものの、序盤から低視聴率が続き、放送1年半での番組終了となりました。

ここまで早々に番組が打ち切られた遠因は多く、ショーン氏の件でスタートダッシュに失敗した事や市川さんのMCとしての力不足等様々な理由が挙げられています。

さて、そこで気になるのが市川紗椰さんの現在です。

帯番組が終了した芸能人って、一気に露出が減ったような錯覚に陥りますよね?

「ごきげんよう」で長年MCをされていた小堺一機さんも、番組終了後に芸能界での存在感がもの凄く薄くなったように思います。

無論、小堺さんは年齢的にも仕事をセーブして何らおかしくありませんし、市川さんとはキャリアが違いますが・・・。

というわけで今回は、ユアタイム終了後の市川紗椰さんの現在について調査しました。

スポンサーリンク

ユアタイム終了の原因?市川紗椰のMCとしての手腕

気になった事・物はとことん突き詰めて極めるというオタク気質の市川さん。

加えて早稲田大学出身の才女という事も手伝ってか、ユアタイムのMCに大抜擢されました。

しかし、フジテレビによる番組改編の中で、ユアタイムは真っ先に打ち切りが決定したそうです。

ショーン氏の件もさることながら、視聴率の悪さに加えてMCの市川さんの力不足が原因であると言われています。

具体的には、

  • とにかく原稿を噛みすぎ。
  • 身体が揺れて落ち着きがない。
  • 滑舌が悪いので、声が聞き取りづらい。1年経っても変わらない。
  • 目上の人の話に「へぇ〜」「うんうん」などと相槌している。

他にも自分の意見に自信がないのか、すぐコメンテーターにバトンタッチする。など言われたい放題です。

番組の企画者達はなんとか視聴率をあげようと、VTRを多くしたり、さまざまな改革を試みていたようですが、市川さんはそれが面白くなかったのか、局の幹部に働きかけて、気に入らないスタッフを別の部署に異動させるなど強権を発動していたという噂も出ていました。

ですが、そもそも彼女はモデル畑出身のタレントです。

よって帯番組のMC、それもニュース番組を任せる事自体に無理があったと言えます。

未経験の新人に「原稿を噛みすぎ」だとか「活舌が悪い」などというダメ出しをし、責任の大半を市川さんに押し付けるような風潮はいかがなものかと個人的には思います。

無論、仕事を受けた彼女に全く責任がないわけではありませんが・・・・。

そんな市川さんをアシストするのがショーン氏の役目だったのでしょうが、その屋台骨は番組が始まる前に降板・・・もうその時点でユアタイムの運命は確定していたと言っても過言ではありませんよね。

例えば、滝川クリステルさん辺りがユアタイムのMCであれば、おそらく結果は違ったものになったでしょう。

市川さんを起用したフジテレビの狙いは定かではありませんが、そもそも無理があった事は一般人でも察するに容易です。

スポンサーリンク

市川紗椰の現在

市川紗椰

ユアタイムの番組終了が発表された後ではありますが、市川さんと共演アナウンサー野島卓さんの熱愛報道がありました。

その年齢差何と20歳!

世のおじ様方に夢を与える形(?)でユアタイムは幕を閉じました(笑)

市川さんにとってはまるでもらい事故にでも遭ったかのような状況でしたが、逆に良くも1年半耐え抜いたなと思いますよね。

月曜~金曜の毎日深夜に生放送、未経験のMC、日々のニュースに目を通し自分なりの意見を持つ・・・これ結構ブラックな環境ですよね?

芸歴ウン十年の大御所でさえ、生放送は緊張するから苦手という話を聞きます。

それを週5日、しかもメインMCとして!

そりゃ本番中身体が揺れて落ち着かなくもなりますわ(笑)

ですが、この経験はきっと無駄にはならなかったはずです。

そんな市川さんは現在、ラジオ番組のレギュラーを数本こなし、硬めの番組から趣味である鉄道に関する番組地上波のバラエティ番組等、以前からのテリトリー内に軸足を戻して活動しています。

加えて週刊プレイボーイにて「市川紗椰のライクの森」も連載中です。

冒頭で書いた通り、露出が減ったような錯覚に陥っていただけで、別に激減しているわけではありません。

毎晩見ていた顔をたまにしか見なくなった事が露出減を感じさせる原因になっていただけだったんですね。

報道番組のMCより、上記のような活動形態の方が「美人だけどオタク気質でマニアック」な彼女の魅力を存分に発揮出来ていると言えますよね。

熱愛報道のその後も気になりますが、そちらの件に関しては続報を待ちましょう!

以上、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
The following two tabs change content below.