anoneドラマ1話のあらすじとネタバレ感想!

いよいよ広瀬すずさんが主演を務めるテレビドラマ「anone」がスタートしましたね〜!

彼女の10代最後のドラマということもあり、今作に懸ける想いは半端なものではないでしょうし、オリジナルドラマだけにこれからの展開もますます気になってきますよね??

ただ、一話でも見逃すと物語の概要を把握するのが難しくなってくるのも事実です・・・

そこで今回は、anone第一話のあらすじと独自の感想も交えながらネタバレしていきますよ〜!!

スポンサーリンク

anone第1話のあらすじ&ネタバレ!

まずは第一話のあらすじについてですが、

林田亜乃音(田中裕子)はその日、自宅1階の廃業した印刷工場の床下で、大量の1万円札の束を見つけます。

林田亜乃音

一方、通称“ハズレ女”こと辻沢ハリカ(広瀬すず)は、清掃のアルバイトをしながら同年代の美空(北村優衣)と有紗(碓井玲菜)と共にネットカフェに寝泊まりしているという典型的な負け組人生を歩んでいました。

ただ、スマホのチャットゲームの中でだけ会える闘病中の“カノン”さん(清水尋也)と他愛ない会話を交わすのが楽しみでしたが、それ以外に明るい人生はないという感じです。

ある日、友人とのドライブ中に札束の入ったバッグが捨てられているのを見たという有紗の記憶を頼りに、 ハリカたち3人は「柘」という町を目指すことになります。このバッグは林田のものです。

「つげ」は、かつてハリカが祖母(倍賞美津子)と暮らした幸せな記憶のある町の名前ですね。

「人は持って生まれた物がある」

「変な子っていうのは褒め言葉なのよ」

という“おばあちゃん”の名言を思い出した一時でした。

一方、医者から半年の余命宣告を受け店を畳もうとしていたカレー屋店主・持本舵(阿部サダヲ)は、の客・青羽るい子(小林聡美)と意気投合します。

世の中の名言なんてあてにならない・・・

そして、焼きうどんをタダで食べた青羽るい子はふと立ち止まり、彼が死に場所を探していることを察します。それから二人で死に場所を探す旅に出ていました。

カレー屋のワゴンで二人が流れ着いたのは柘という町。捨てられた大金がきっかけとなって、出会うはずのない人たちの運命の糸が引かれようとしていました。

無事に札束の入ったバッグまでたどり着いた3人ですが、そのうちの1人:美空(北村優衣)が裏切ります。理由は留学したいから!二人を騙してお金を奪い必死に逃走しますが、そこに林田亜乃音が現れて、お金を返してほしいと言い出します。

ただ、美空は言うことを聞かず、なんとか逃げ切ります。

数枚の札束しか手元になかった有紗ですが、2万円をもってドラッグストアで使おうとした瞬間、林田亜乃音がその札を自分がもっていた札と交換して、なんとトイレに流してしまいます。

その後は色々と騒動があり、最終的に札束の入ったバッグを手に入れたのはハリカ(広瀬すず)でした。それから過去に過ごした街に辿り着きましたが、過去の出来事が次々とフラッシュバックしてきます。

目の前に広がる施設は、全寮制の学校(不登校の生徒が治療を受けるところ)でほとんどの人が親から虐待を受け、親に見放された子が集まるようですが・・・ハズレ(ハリカ)はなんとその学校の生徒だったことを思い出します。

学校ではひたすら劣悪な仕打ちをくらい、学校長から“ハズレ”というネーミングをつけられるほどに。

しかも、自分がおばあちゃん(倍賞美津子)だと思っていた人がなんと学校長(悪女)だったんです。

ハズレは過去の出来事に胸を押し付けられそうになり、落ち込んでいたスキをつかれて、最終的に林田が札束の入ったバッグを持ち去ります。

つまり、おばあちゃんなんていない、自分が思っていたより“ハズレ”だったわけです。

その後の経緯で、いつもスマホでやりとりしているカノンが、昔いた更生施設(学校)にいた人物だということが判明します。

君の名前はハズレじゃないよ。

物語の最後で、ハリカ自身はやっとのことで“辻沢ハリカ”という自分の名前を言えるようになります。

そして、彼に

“あのね”

と告げて彼とのやりとりは終わりました。

最終的に札束を取り戻した林田が海辺で札束を燃やすシーンが写り、ハリカが数枚だけ手に入れていた札束が重なったシーンで第一話が終了します。

関連記事:広瀬すずの実家が意外だった件・・・
関連記事:anone 第2話のあらすじ&ネタバレ!

スポンサーリンク

anone第1話を視聴した感想!

広瀬すず(ハズレ)がネカフェで暮らすというちょっと想像もつかないドラマですが、そこはやっぱりプロの女優だけに、物語の世界観を見事に表現しています。

また、バッサリと髪を切った広瀬すずさんはホントにイケメンだという印象で、スケボーで移動するシーンはとにかくボーイッシュでかっこよかったです!!

第一話で特に印象深いシーンはやはりあの“札束”で、あのお金に困っている林田がわざわざ大金を捨てるなんてちょっとおかしいですよね?

そこで、あの札束に隠された秘密を考えましたが、やはり偽札なのではないかという結論に至りました。だから、林田はわざわざ札束を一切使わずに海辺に隠した・・・そして、最終的には燃やしましたよね??

つまり、その札束には忘れたくても忘れられない何か大きな事件が隠れているのでしょう・・・

次回予告で紹介されたとおり、二枚のお札の製造番号が同じだという告知がありましたし、林田の経営していた印刷工場と札束に何か因果関係があるということは間違いなさそうです。

以上、最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

関連記事:広瀬すずの実家が意外だった件・・・
関連記事:anone 第2話のあらすじ&ネタバレ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク