anoneドラマ9話のあらすじとネタバレ感想!

こんばんは!しまじろうです!

さぁ〜ドラマ「anone」も第9話を迎えましたが、いよいよニセ札作りが世間にバレて警察沙汰になっちゃいました。

ハリカたちは一体どうなるのか?

そこで今回は、anone第9話のネタバレや、実際に視聴した上での感想を述べていきます!

anone(あのね)の最終回予想と結末について!ネタバレ注意!

2018.02.21
スポンサーリンク

anoneドラマ9話のあらすじ&ネタバレ!

ニセ札作りの現場を見てしまった万平(火野正平)の首を絞める理市(瑛太)を、

ハリカ(広瀬すず)、亜乃音(田中裕子)、るい子(小林聡美)、舵(阿部サダヲ)は、慌てて止めます!

理市に不信感を抱きつつも、作ったニセ札は外には漏れていないと話し反省する亜乃音たちの様子に、万平は今回のことは表立てないことに。

嘘は嘘で隠すしかない、と万平は皆に告げますが、用心深い理市は、万平に仲間にならないか?と誘います。

が、キッパリ断られてしまいます。

ハリカは自分が試した両替機もニセ札は通らなかったと嘘をつき、理市にニセ札作りを諦めさせますが、

ATMで理市が試し返却されなかったニセ札が元で事件は明るみに、警察の捜査が進むことに。

理市の妻・結季(鈴木杏)は、ニュースに流れる防犯カメラに映った男が自分の夫だと確信して、家を後にします。

そんな中、

ハリカは彦星から会いたいと言われて…

彦星はハリカに会いたいため、「病室までぶどうパンを持ってきてほしい」と依頼します。

亜乃音にプレゼントされたワンピースを着てデートすることを楽しみにするハリカを囲み、亜乃音たちに束の間の幸せな時が流れます。

が、自分の余命を隠す舵は、自分とならずっと一緒に居られる予感がすると打ち明けたるい子の気持ちに応えられないことがやりきれなくて・・・

こんなに辛くても、いつかは笑えるようになる。といって何とか平常心を保とうとします。

ハリカが彦星とのデートに出かけた直後、証拠を隠滅するために捜査の目を潜って理市が印刷所へ現れます。

理市と舵はその場を去り、証拠物件を車に詰め込み逃走します。

舵は理市がこの先もどこかでニセ札作りを続けるつもりだと知り、ついていきたいと頼みます。

そして、彦星のもとへ向かう途中ハリカは、茉歩(藤井武美)と出会い、喫茶店で話し合うことに。

彦星の治療費を茉歩の父親が払うことを知ったハリカは、「ありがとう」と言って号泣。

が、しかし、

彦星に“断られた”と告げます。

好きな人がいるから、と。

そしてついに、

ハリカと彦星が対面します。

とはいっても、2人はカーテンで仕切られたなか会話をはじめ、お互いに顔を合わせることはありませんでした。

で、

舵に自分のことを諦めてほしいハリカは(手術を受けてほしいから)、

君のこと面倒くさくなっちゃった!

と告げます。

もう連絡するのはやめるから。チャットも削除するから。これには彦星も驚きを隠せず、情緒不安定に。

結局、ハリカはぶどうパンを渡すこともできずにその場を去ります。

その頃、

亜乃音の自宅(工場)に警察がやってきます。

るい子と舵はその場を逃走。

が、しかし、

舵はニセ札をもって理市と逃走すると、るい子に伝えます。るい子は置いていくと。邪魔なので。厄介なので。

そこで、

るい子は舵が病気で長くない事実を改めて知ります。

ラストシーンで、

工場からニセ札の紙切れが見つかり、亜乃音は署まで連れて行かれます。

ハリカは何も言わず、その場を見届けていました・・・

スポンサーリンク

anoneドラマ9話の感想はコチラ!

いよいよ次回は最終回ですが、

一体どんな結末を迎えるのか?ホントにワクワクして寝れませんよ!笑

第9話では、それぞれの人間関係に亀裂が生じる様子が浮き彫りになり、

理市と結季、ハリカと彦星、るい子と舵、またハリカと亜乃音・・・など。

彼らが、

ようやく手に入れたささやかな幸せの火が吹き消されようとしている光景は、もう辛すぎて見れないシーンも。

特に、ハリカが彦星との別れを告げたあと、病室のトビラに立ちすくまって号泣しているシーンは誰もがもらい泣きしたと思います。

このバラバラになった人間関係が修復されるとは思えませんので、また最後はゼロになって物語が終わるのか?

一番気になるポイントは、

やはりハリカがどうなるのか?

ですね!

彼女がニセ札作りに加担していることがバレて同罪になるのか、それとも無罪にはなったものの、また一人ぼっちの人生が待ち受けているのか?

anoneのラストシーンに注目しておきましょう。

スポンサーリンク