ファッションはどこにお金をかけるべきか。オシャレに見えるポイントなども解説します。

一つのコーディネートを作るのには、実に様々なアイテムが必要になります。特に冬場は洋服を揃えるだけでもホントに大変ですよね。しかし全てのアイテムにお金をかけていては、いくらお金があっても足りません。

そこでファッションはそもそもどこにお金をかけるべきなのか解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

まずは靴。小物ならバッグ。冬場はアウターにお金をかけるべき。

「オシャレは足元から」ファッションに興味のない方でも一度は耳にしたことがある言葉ではないでしょうか。足元というのは自分が思っている以上にホントによく見られます。そして他の洋服が全てファストファッションであったとしても足元にピカピカでデザインの良い靴を履けば、それだけでオシャレに見えます。

次に小物ならバッグです。ちょっと値段は張っても、デザインが良くて作りがしっかりした物を選ぶべきです。特に女性は普段から身につけているものだけあって、男性が持っているバッグはしっかりと確認しています。また、バッグや靴は流行り廃りがないので、ものさえ良ければ長く使うことができますよね(日頃からお手入れはしているという前提です)。

冬場はイメージしやすいかもしれませんが、アウターにはお金をかけるべきです。コートやダウンなど様々なアイテムはありますが、アウターも基本的には値段相応のデザインになっており、順番的には靴の次に見られるといって良いでしょう。

例えば手元に3万円の資金があり、春のコーデを作るとしたら皆さんはどのように考えますか?おそらく多くの人は洋服に2万円ぐらい使い、残りの1万円で靴を購入するとお考えではないでしょうか?それはそれで悪くないのですが、

私の中では靴に2万円、その他の洋服に1万円ぐらいの配分が理想的です。少し大胆と思われるかもしれませんが、そのぐらい足元は重要なんです。これが革靴やブーツなどになると、1万円の違いで見栄えや作りが全く違ってきたりするんですよね。

スポンサーリンク

そもそも大勢の人はどのような点を意識して洋服を購入しているのか。

先ほどお話しした通り、足元よりは他のアイテムを重要視している傾向にありますが、特に意識していないっと言った方が早いのかもしれません。

お店に入りお目当ての商品を見つけ、それがたとえ高価でも自分が気に入った物だったら購入するといった具合です。

それはそれで良いことなのですが、それではなかなか洋服がたまらずにコーディネートの幅が広がりません。

男性の洋服ってそれなりのブランド物になるとホントに高いんですよね。Tシャツやヘンリーネックシャツなどのインナーでも1万円超えなんて普通です。

女性からしたら「ありえないー!」と思われるかもしれませんが、男性は普通に買っちゃいます。たしかにインナーにもこだわりたいところですが、それでは冒頭にも述べたようにいくらお金があっても足りません。

そしてインナーや小物にお金を使いすぎて、目に行きやすい靴やアウターなどを手抜きする人を見かけます。

シンプルに考えて、まだ洋服が揃っていないうちは、アウター、靴以外は全てファストファッションで揃えるとかで良いんです。ある程度、洋服が揃った段階でジーンズなどのボトムスやインナー、小物などに力を入れる。

昔はボトムスにもお金をかけるべきだと思っていましたが、最近は低価格でもホントにデザイン、履き心地の良い物が多くなりましたので今回は割愛しました。

まとめ

ファッションは、全てのアイテムが揃って初めて機能すると言っても過言ではありません。そして特に目が行きやすい靴やアウターなどからお金をかけていくべきだと説明しました。いくらインナーが良くても、靴やアウターが安っぽければキマらないんですよね。

これを機に回りの人と差をつけて、男性、女性どちらからも注目されるオシャレな男になってくださいね。

 

 

 

スポンサーリンク