侮れない?!デウスなどオーストラリア・シドニー発ブランドたち!

オーストラリア・シドニー

日本ではあまり知られていませんが、オーストラリアシドニーには欧米などで注目を集める気鋭のデザイナーが手掛けるブランドが数多く存在するんです。

シドニーといえば大自然や美しいビーチが近いこともあり、開放感があって動きやすい素材感やアウトドアテイストのウエアを提案するブランドが多いのも特徴です。

デニムアイテムに力を入れたカジュアルなブランドも多く、大人カジュアルにもさらりと取り入れられるバランスを備えたものが意外にも多いんです。

ファッションも上級者となると、ちょっとコアなアイテムやブランドで自分を主張したくなりませんか?

そこで今回は一味違った「ビーチカジュアル」を楽しめるシドニーブランドをいくつかご紹介しますので、ぜひ今後のコーデに取り入れてみてください。

スポンサーリンク

DEUS EX MACHINA【デウスエクスマキナ】

シドニー発で最も有名なブランドといえばDEUS EX MACHINA【デウスエクスマキナ】です。

通称「デウス」と呼ばれ、サーフ系ブランドが好きな方で知らない者はいない程有名なブランドです。

2009年シドニーでスタートし、今やロサンゼルス、ミラノ、東京などあちこちにショップをオープンさせています。

サーフだけに留まらず、「サーフ」「バイク」「ファッション」という3つの要素の融合がコンセプト。

海外セレブにも人気があり、俳優のオーランド・ブルームが着用しているのはよく知られています。

ビーチカジュアルやサーフ系ファッションは夏場だけのイメージが強いですが、

夏以外のシーズンではパーカー、トレーナー、ニットなどを展開しているので、冬のコーデにうまく取り入れてオシャレを楽しむことができます。

スポンサーリンク

その他のシドニーブランド

オーストラリア・シドニー

DEUS EX MACHINA【デウスエクスマキナ】の他にも、シドニーには以下のようなブランドが存在します。

NEUW DENIM【ニューデニム】

設立したのはベルギーのブリュッセルでありながら、現在はシドニーで活動する気鋭のブランド。パンキッシュなデザインが持ち味です。要するにベルギー生まれシドニー育ちということです。

TCSS【ティーシーエスエス】

2人のデザイナーがノーザンビーチで設立したサーフウエアブランド。アメリカ西海岸のヴィンテージウエアからの影響も感じられるブランドです。

ZANEROBE【ゼインローブ】

IT業界でキャリアを積んだ2人が2002年にスタートさせた異色のブランド。美しいスキニーシルエットのデニムは特に定評があります。

INSIGHT【インサイト】

ユニークなアイデアとひと手間加えたデザインで洗練されたサーフスタイルを提案しているブランド。定番のデニムでも凝った縫製や素材感が際立っているのが特徴です。

ASSEMBLY LABEL【アッセンブリーレーベル】

2011年に2人のデザイナーがスタートさせたカジュアルブランド。スポーツやアウトドア、アートなど、モチーフは多岐にわたります。

ONE TEASPOON【ワンティースプーン】

女流デザイナーが自由な発想で仕上げたラインナップは、セレブの愛用者が多いのも特徴。複数の大胆な加工を施したデニムはアイコンの一つです。

KSUBI【スビ】

ファッショニスタを唸らせるデニムコレクションを展開。ショーでの挑発的な演出などが常に話題になる実力派ブランド。中でもデニムは世界中のファッショニスタに支持されています。

まとめ

ここ最近のモテそうな男の夏のファッションは大体ビーチカジュアルやサーフカジュアルな事に執筆中に気付きました。

冗談抜きでオシャレな女性ほど、ビーチ系やサーフ系のファッションの男性を好む傾向があるように思います。

なので、きっと女子受けも抜群なはずです(当社比)

ちなみに、個人的にはKSUBI【スビ】のデニムがかなり好みです。

どのブランドもオススメできるものばかりですので、ビーチカジュアルを目指す人もそうでない人も、是非ご自身のファッションに取り入れてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク