沖田臥竜の読み方や本名は?代表作(作家)や嫁など家族構成もチェック!

元山口組幹部の沖田臥竜さんが、長年の夢だった作家として今は至るところで活躍されているようですね。

なんでも現役の頃から読書が好きで、服役中などは書くことと読むことしかやることがなかったこともあり、読書三昧の生活を送っていたようです。

そんなちょっと変わった経歴をもつ沖田臥竜さんですが、そもそもこの名前は本名なのか?読み方がわからない・・・という意見も多いですし、一体どんな作品をつくっているのか、代表作品などに関する情報も知りたいです。

ということで、今回は沖田臥竜さんについて色々と調べてみましたので、ぜひご確認ください。

スポンサーリンク

沖田臥竜さんのプロフィール情報

沖田臥竜
  • 氏名:沖田臥竜(おきた がりょう)
  • 生年月日:1976年生まれ(2017年8月現在、41歳)
  • 出身地:兵庫県尼崎市
  • 前職:元山口組直系二次団体幹部
  • 職業:作家

名前の読み方がちょっとわかりませんでしたが、「がりょう」と読むんですね。

また、本名についてですが、ネット上では「崎田俊昭」ではないかと言われています。

沖田さんの経歴についてですが、若い頃からヤンチャな少年だったようで、暴走族として非行を繰り返していたようです。

そして、暴走族の先輩について回っているうちに、ごく自然にヤクザの世界に入ったようですね。

なんでも、現役時代は飲食店などを経営していたようで、元幹部だったということもあり、ビジネスセンスはこの頃から養われていたのでしょう。

しかも、幹部にまで上り詰めた沖田さんですが、なぜ足を洗うことを決めたのでしょうか?

その理由は、もともとヤクザの世界に入った時に、「親は一代」と決めていたようで、その親分が引退したと同時に足を洗ったようです。

そして、現在は作家として社会で活躍されていますが、作家になったキッカケは、12年間の刑務所での服役中だったと言われています。

刑務所ではごく限られたことしかできず、ご本人はいつも本を読んでいたようです。また読書を重ねるにつれて、文字を書くことにも興味が湧いてきたようです。

服役中は書くことと読むことしかやることがなかったこともあり、ひたすら読書に打ち込んでいたところ、読書が好きになり、もしヤクザをやめたら小説家になろうと考えていたようです。

そして、長年の夢だった作家になり、現在は幅広く活躍されています。

沖田臥竜さんの嫁さんはどんな方なの?

さて、気になる沖田臥竜さんの嫁さんがどんな方なのかについてですが、

見つかりました!

コチラの方です。

沖田臥竜の嫁さん

写真の右側が沖田臥竜さんの奥さんになります。とても綺麗な方ですよね。

お子さんもいらっしゃるようで、現在は幸せな家庭を築いていますね。

沖田臥竜さんの代表作ってどんなの?

さて、最後に沖田さんの代表作品をアップしますので、ぜひご確認ください。

スポンサーリンク

生野が生んだスーパースター 文政〜現在、男道にて修行中〜

文政〜現在、男道にて修行中

どんな物語かというと、主人公の文政はヤクザ顔負けの破天荒な人生を送っている人物で、どんな相手にも自分勝手を貫き通す文政と、そんな大将に翻弄されながらも慕い、支えるファミリーが織りなすストーリーを描いている作品です。

しかも、文政は実在の人物というから面白いですよね。

なんでも沖田さんが兄弟と言っている仲で、関西では知らない人はいないぐらい有名な方だったようです。

そんな実在する方のリアルな生活を描いているだけに、読み応えのある作品なのは間違いないでしょうね。

沖田臥竜さんについてまとめ

  • 名前の読み方は「おきた がりょう」
  • 本名は「崎田俊昭」
  • 代表作は「文政〜現在、男道にて修行中」
  • 嫁さんは予想通り美人な方だった

過去にヤクザという世界で、ちょっと道を外れてしまったのかもしれませんが、今は長年の夢を達成して生き生きと暮らしているようですので、今後も読者を唸らせるような作品をどんどん作っていただきたいですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク