いときん(イーティーキング)の肺腺がんはいつから?原因や発見が遅れた理由は?

ET-KINGのリーダーいときん(38)が肺腺がんのため、治療に専念しているという衝撃のニュースが入ってきました。

これまで数々の名曲を作ってきたET-KING:リーダーの報道に、多くのファンが戸惑いを隠せないのではないでしょうか?

しかも、肺腺がんのステージ4で脳に移転していると聞くと、ちょっとがんの中でも重病に位置するのかもしれないという想像が膨らんできました。

今年の健康診断でがんが見つかったということですが、ステージ4ということでしたので、もしかしたら以前からガンを患っていたかもしれませんよね?

いつからがんになったのか?なぜ発見が遅れたのか?また、がんになった原因などもちょっと気になります。

ということで、今回は、ET-KINGのリーダー「いときん」について色々と調べましたので、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

いときん(ET-KING)の肺腺がんはいつから?

まず、いときんはいつからガンを患っていたかという問題についてですが、これについては私も専門家ではないので正確な情報を届けることはできませんが、おそらく2〜3年前からじわじわと進行していたのではないでしょうか?

いきなりガンを患ってステージ4まで進行するということは考えにくいですよね?

しかし、後ほど説明しますが、肺腺がんはがんの進行速度が早いようですので、ひょっとしたら1年前ぐらいからガンを患っていたかもしれないという可能性もあります。

肺腺がんは発症早期では全く症状が出ないので、ご本人も気づかないでしょうし、また肺腺がんは早期診断が難しいと言われ、検診していてもレントゲンで分からないケースも多いようです。

これらのことから、いつから肺腺がんになっていたのか?という問題については、医者でも判断が難しいようですね。

いときん(ET-KING)が肺腺がんを患った原因は?

次に、いときんさんが肺腺ガンを患った原因についてですが、一体どんなことが考えられるでしょうか?

パッと思い浮かぶのが、肺という単語からついつい「タバコ」をイメージしてしまいますが、一概にタバコだけが原因で肺腺がんになるとは言えないようです。

というのも、ここ最近の出来事で言えば、歌舞伎俳優の中村獅童さんが初期の肺腺がんを患い、彼がガンを患ったことで、肺腺がんがどんな病気なのかということに注目が集まりました。

そして、肺腺がんに限っては、タバコを吸わなくても発症するというケースが多いという専門家の意見も出ており、いときんさんはタバコを吸っていそうなイメージですが、もし仮に吸っていなかったとしてもガンを発症する可能性は十分にあるということです。

他に考えられる原因については、ネット上で色々と調べて見ましたが、空気中の大気汚染物質やアスベストなどもガン発症に関係していることがわかりました。

しかし、いときんさんが大気汚染物質で・・・というのも考えにくいですよね。

まぁ肺がんの全体の3分の2は原因不明ということデータもあるぐらいですので、原因を突き止められない可能性も当然ありますし、やはり普段の私生活(食事、運動、睡眠など)が一番影響を与えることは間違いないでしょうから、そのあたりのプライベートな部分はご本人に聞かない限りわかりません。

いときん(ET-KING)のプロフィール情報

いときん
  • 氏名:いときん
  • 生年月日:1979年3月3日
  • 出身地:兵庫県三田市
  • 職業:MC、トラックメイカー、プロデューサー

日本のJ-POPグループ「ET-KING」のリーダーで、MC兼トラックメイカーとして活動している。

代表曲は、「愛しい人へ」「ギフト」など。

個人的には「愛しい人へ」が一番好きで、辛い時に聴くと元気や勇気をもらえる、ET-KINGの名曲です。

スポンサーリンク

いときん(ET-KING)のガン発見が遅れた理由はなんで?

今回、がんの発見が遅れたというよりは、がんの進行速度が早かったと考える方が妥当ですね。

というのも、いときんさんは毎年定期的に健康診断を受診されているようですが、昨年の健康診断では何も症状が説明されていなかった可能性が高いでしょうし、もし仮に何らかの説明を受けていたとしても、たった一年でステージ4までいっていますので、本当に進行速度が早いガンだということがわかります。

ただし、人間ドック(精密検査)をもっと早く受けていれば、がんの早期発見に繋がったかもしれませんね。

まぁ一般的には毎年の健康診断だけで済ませる人が多く、なかなか人間ドックまで受ける人も正直少ないので、発見が遅れたのはやむを得ないといっても良いのではないでしょうか?

獅童さんのように人間ドックを受けていないと、がんの早期発見はちょっと難しいでしょうね。

特に40代以上はがんの発症率が高いので、CTスキャンを2年ごとに受けるなどの対策をしておいた方が良いみたいですので、ご参考までに。

いときん(イーティーキング)についてまとめ

突然のがん発症というニュースを聞いてファンの方々は戸惑いを隠せないと思いますが、一番辛いのはご本人でしょうし、病と向き合って懸命に戦っている「いときん」さんを今後も応援していきましょう。

彼の復帰は多くの方が望んでいますし、また名曲を世に送り出してほしいので、いときんさんの復活を心より祈っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク