川島キーパーの嫁が元ホステスってマジ?美人すぎる顔画像もチェック

日本代表のゴールキーパーといえば、もうすっかり定着してお馴染みの川島永嗣さんですが、

これだけイケメンですのでやっぱり奥さんは美人なのか!?と調べていましたが・・・ホントに美人でしたよ!笑

しかも、元ホステスなんていう噂も・・・

そこで今回は、川島永嗣さんのさんについて気になるポイントを調査していきますよ〜!

スポンサーリンク

川島キーパーの嫁が元ホステスってマジ?

川島永嗣さんの嫁さんが元ホステス!?という噂の前に、奥さんの基本的な情報からチェックしていきましょう!

まず、お名前についてですが、

川島広子さん

ですね!

意外に地味な名前ですよね・・・笑

お二人は2014年9月10日に入籍されています。当時27歳でしたので、2018年現在は31歳ですね!

で、気になる“ホステス”という情報ですが・・・

確たる証拠があるわけではないので、極めて信憑性が低いことはわかりました!

なんでも、

  • あるクラブのナンバーワンホステスだった彼女を川島選手が口説いた
  • ホステス時代の源氏名が広子だった

こんな風に根拠のない噂が広まり、いつしか川島選手の嫁さんは“元ホステス”なんていう情報が出回っていたようですね。

ただ、たしかにパッと見た感じでは元ホステスと言われて全くおかしくないかも・・・

美人すぎる嫁さんの顔画像をチェック!

皆さん、おまたせしました!!

ここからは、皆さんが一番気になるであろう川島選手の嫁さんの顔画像を載せちゃいます〜!!

ホステスなんて噂されるぐらいですので、きっと美人なのは間違いないでしょうが・・・

コチラが嫁さんの川島広子さんですね!

川島広子

えぇ!?メッチャ美人!!!

噂どおりのべっぴんさんですよね!これで、芸能人ではないということが不思議でたまりません。

この勢いでもう一枚見ちゃいましょう!

川島広子

いや〜羨ましい!!

こんな素敵な奥さんがいるからこそ、彼がピッチであれだけのドヤ顔を披露するのでしょう(全く関係ないですね・・・)!

嫁さんの顔写真をチェックしてみましたが、いかがでしたか?

こりゃ、元ホステスなんて言われる理由がよ〜くわかりますよね!?

個人的にもパッと見た印象で、「この人、きっとホステスだろうなぁ〜」と決めつけちゃいましたもん!!

また、ご主人(川島選手)もおっしゃっていましたが、

エキゾチック

という言葉がピッタリな女性ですよね!

ん!?エキゾチックって“異国的”という意味ですが、えぇ!?もしかしてハーフだったりして!?

スポンサーリンク

川島広子がハーフってマジ!?

お名前を見る限りでは、生粋の日本人に見えますが、

ひょっとしたらハーフなのでは?という疑問が湧いてきました。

そこで、早速調べてみましたが・・・

やっぱりビンゴでしたよ。

彼女は、日本とコロンビアのハーフでした!美女が多い国として知られるコロンビアの血が混じっていたとは・・・

うん。美人なのは納得。

でも、さすがコロンビア美女のお相手というだけあって、川島選手のスペックも全く引けを取らないという感じですよね!

日本の守護神ですよ!

あと、ドヤ顔ですし!笑

川島永嗣のプロフィール!

川島永嗣
  • 氏名:川島 永嗣(かわしま えいじ)
  • 生年月日:1983年3月20日
  • 出身地:埼玉県与野市(現さいたま市中央区)
  • 身長:185cm
  • 職業:サッカー選手
  • ポジション:ゴールキーパー

少年時代は地元の「与野八幡サッカースポーツ少年団」で基礎を学び、当時からゴールキーパー志望だったようです!

与野西中学校時代に本格的にキーパーのポジションを始めて、埼玉県選抜に選ばれます。この頃、ドイツとオランダへ遠征に行った経験も。

その後、「埼玉県立浦和東高等学校」へ進学し、3年の間に選手権・国体・高校総体と高校サッカー3大全国大会すべてに出場しました。

このように、川島選手の経歴を振り返ってみると、青春時代の全てをサッカーに注ぎ込み、誰もが憧れるような舞台で活躍していたことがわかります。

さすが、日本代表の守護神だけのことはありますよ!

しかも、

学業も優秀で、周囲からは大学進学を勧められていたようですが、プロとして食べていくことを決断します。

ただ、地元浦和レッドダイヤモンズのセレクションは不合格(泣)

最終的には、もうひとつの地元クラブである大宮アルディージャ(2001〜2003)への加入が決定。

その後の経歴は、

  • 2004-2006:名古屋グランパス
  • 2007-2010:川崎フロンターレ
  • 2010-2012:リールセ
  • 2012-2015:スタンダール・リエージュ
  • 2015-2016:ダンディー・ユナイテッド
  • 2016-:FCメス

こんな感じですね!

学業も優秀だった川島選手は、多国語も巧みに操り、英語・イタリア語・ポルトガル語などを話せるようです!

彼に言わせてみれば、英語でコミュニケーションを取るなんて朝飯前なんでしょう。

海外でもしっかり自分の意見を言えるように日々研鑽を積んでいる・・・日本の守護神が予想以上に男前すぎて惚れ惚れした方も多いのではないでしょうか?

2018年の目玉イベント「ロシアワールドカップ」でも、チームの要として注目されること間違いなし!!ですので、もし腑に落ちないところはもう一度チェックしておきましょう!!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク