『約ネバ』作中で異彩を放ったシスター・クローネについて調査!気になる退場後の扱い

シスター・クローネ

あの大人気漫画『進撃の巨人』も受賞した事で知られる宝島社の権威ある(?)漫画賞『このマンガがすごい!』2018年男部門で見事1位を獲得した漫画『約束のネバーランド』、略して約ネバ

週刊少年ジャンプで連載されているとは思えないストーリーでも話題の漫画作品です。

あらすじを簡潔に書くと、

主人公エマはハウスにて他の孤児達と兄弟同然の環境で健やかに育てられていた。しかし、里親に引き取られて施設を出ていく孤児達が化け物の食肉として出荷されていた事実を知りハウス脱出を決意する。

というホラーなもの。

個人的に懐かしのゲーム作品『クロックタワー』を彷彿とさせるストーリーだなと思いました。

閉鎖空間からの脱出という点では『進撃の巨人』にも似ているかも知れません。

ハリウッド映画にも類似の設定の作品がありましたよね。

設定と言うよりは魅せ方が巧みなのか、ぐんぐん物語の世界に引き込まれる作品です。

なお、ノイタミナ枠にてアニメ化もされており、2019年1月から『GFハウス脱獄編』、2020年10月から第二期の放映も予定されています。

地上波放送を見逃した方はNetflixでも視聴可能です。

さて、そんなサスペンスホラーな物語の中で非常に異彩を放っていたシスター・クローネというキャラクター。

個人的に魅力を感じたキャラなので、彼女について徹底的に調査してみました。

スポンサーリンク

シスター・クローネのプロフィール

シスタークローネ
  • 身長:175cm
  • 年齢:26歳
  • 出身:グレイス・フィールド
  • 認識番号:18684
  • 役職:シスター(飼育長)

シスター・クローネはママ・イザベラによる監視強化の要請で、補佐役として主人公達の暮らす第三プラントに派遣されました。

シスター(飼育長)になるには出荷満期の12歳まで優秀な成績を維持し、その後も弛まぬ努力を続ける必要があります。

シスター・クローネ

ちなみに、なれるのは女子限定です。

シスター・クローネはママであるイザベラを嫌っていた為、彼女の秘密(規則違反やレイのメモに書かれていた内容)をにぎってその座から引きずりおろす計画を立てます。

そしてこのシスター・クローネの行動が主人公達の脱出計画に大きな影響を与えるのです。

最終的には原作漫画第23話「ブチ壊せ!!」、アニメではシーズン1の第8話で退場する事となりますが、その退場シーンは約ネバ有数の名シーンとも言われています。

約束のネバーランド 約束のネバーランド 約束のネバーランド

子供達が脱出を企てている旨をグランマ(大母)に密告し、一か八かのイザベラ失脚に賭けるものの失敗。

散り際の悪あがきとして子供達に脱出のキーアイテムを残し息絶えます。

かなりかっこいい退場の仕方ですよね。

死にざまがかっこいいキャラクターは敵・味方問わず印象に残ります。

スポンサーリンク

シスター・クローネの魅力

彼女の魅力は何と言っても、暗く重苦しい物語展開に一筋の光を感じさせる程のコミカルさです。

アニメ版でも

シスター・クローネ シスター・クローネ

漫画版でも

シスター・クローネ シスター・クローネ シスター・クローネ

ご覧の通り1コマ1コマ大きなインパクトを残すものでした。

そのおかげもあってか、退場後のキャラクター人気投票でも見事TOP10入りを果たします。

個人的には脱出の突破口を作ったキャラなのでもっと上でもよかったのでは?と思います。

まぁ密告を受けたグランマの判断次第では子供達が即出荷となった可能性はありますが・・・。

彼女の顔芸や立ち振る舞い、仕草や態度は感情を全く表に出さないママとの対比で人間味をより強く感じました。

例えるなら、人間味のあるHUNTER×HUNTERのヒソカといった感じです。

「邪魔な子供は即出荷」など、発言や思考は少々残虐ではありますが、施設内で生き残る為には仕方がない行動でもあります。

最終的には敵の敵は味方という言葉通り、子供達サイドに味方する形での退場はかっこよかったです。

実写版『約ネバ』のクローネ役

2020年冬に公開予定の約ネバ実写版では女芸人の渡辺直美さんがクローネ役を演じます。

高身長でマッチョなクローネではありませんが、日本人でかつコメディエンヌである事を考慮したら渡辺さんは適任者の一人ではあると思います。

しかし、クローネの顔芸やコメディチックな描写に関しては期待出来そうですが、シリアスなシーンは一体どうなるのか少々不安ではあります・・・。

なお、ママであるイザベラ役は北川景子さんなので、こちらはイメージ的にも見た目的にもなかなかハマりそうですよね。

退場後のシスター・クローネについて考察

※以下シスター・クローネ退場後のネタバレ含む※

作中で亡くなってしまった為、彼女自身が今後そのままの状態で登場する可能性は低いですが、

シスター・クローネの実子が登場し、物語に絡んでくると面白いのではないかと思いました。

出産経験済みである可能性が高いクローネの子供を、不本意ながらも脱出の手助けをしてくれたお返し(?)として救い出すような展開を期待したいです。

ただし、過去の回想シーンや食べられた後の状態としての登場はある為、クローネフリークとしては作中に存在がなおも残っている事実を嬉しく思います。

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク