【のおがた夏まつり2017】花火大会の日程と見どころ情報をご紹介。 

今年もいよいよ「のおがた夏まつり2017」が開催されますが、その中でも注目のイベントといえば、やはり花火イベントではないでしょうか?

意外にも知られていませんが、約6000発の花火が打ち上げられる「のおがた夏まつり」の花火イベントは、福岡県の花火大会の規模でも上位に入るほどです。

スポンサーリンク

のおがた夏まつり2017花火大会の日程。

のおがた夏まつり2017花火大会の日程は、

  • 開催日:7月30日(日)
  • 開催時刻:20:00〜21:00(予定)
  • ※小雨決行、荒天の場合は順延予定。

  • 開催場所:直方リバーサイドパーク
  • 住所:福岡県直方市殿町7-1 (※直方市役所前、河川敷)
  • 開催場所がイマイチわからない方は、直方市役所を目指して行けば大丈夫です。

のおがた夏まつり2017花火大会の見どころ。

まずは冒頭で説明したとおり、花火大会の規模では県内でも屈指の大迫力6000発の花火です。しかも、打ち上げ場所と観覧席が近いので、その迫力をリアルに実感できます。

また、市街地としては大玉の8号玉(直径約200m)が打ち上げられますので、夜空を見上げながら一瞬の色彩を楽しむことができます。

そして、「のおがた夏まつり花火大会」の目玉といえば、なんといっても花火を滝のように見せる仕掛け「花火ナイアガラ」です。

のおがた夏まつり花火ナイアガラ

川面に映る鮮やかな花火と1000mにもおよぶ光のシャワーを目の前で見れば、誰もが感動し、その光景に魅了されるでしょう。

他にも、この夏まつりは地域の活性化、および人と人の繋がりを大切にしたいという思いも強く、学生や小さな子供が様々なショーに出演して大人達を楽しませてくれるのも魅力です。

花火ナイアガラの仕組みってどうなってるの?

花火ナイアガラ(ナイアガラの滝)は通称:ナイアガラと呼ばれ、火の粉を高所から降らせて見せる演出のことを指します。

ロープに火薬をつめた管を等間隔で吊るし、導火線に連結させる仕組みで、一度火をつけると長時間持続することも特徴です。

他に花火ナイアガラを見れる花火大会はどこなの?

同じく福岡県内で花火ナイアガラを見れる花火大会は、

有明海花火フェスタ(福岡県柳川市)

有明海花火大会
  • 打ち上げ数:約8000発
  • 見どころ:まるで宙に浮いたように見える「スカイナイアガラ」。

あしや花火大会(福岡県遠賀郡芦屋町)

芦屋花火大会
  • 打ち上げ数:約7000発
  • 見どころ:全長250mのダイナミックなナイアガラ。

くきのうみ花火の祭典(福岡県北九州市若松区)

くきのうみ花火大会

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

  • 打ち上げ数:4000発
  • 見どころ:全長260mのナイアガラが若戸大橋にかかる。

他にも福岡県内で「花火ナイアガラ」を見れる花火大会はありますので、気になる方は下記のサイトでチェックしてみてください。
http://hanabi.walkerplus.com/list/ar1040/

のおがた夏まつり2017花火大会の日程、見どころを再チェック!

花火大会の日程は、

  • 開催日:7月30日(日)
  • 開催時刻:20:00〜21:00(予定)
  • ※小雨決行、荒天の場合は順延予定。

  • 開催場所:直方リバーサイドパーク
  • 住所:福岡県直方市殿町7-1 (※直方市役所前、河川敷)
  • 開催場所がイマイチわからない方は、直方市役所を目指して行けば大丈夫です。

花火大会の見どころは、

  • 福岡県内でも屈指の大迫力6000発の花火。
  • 市街地としては大玉の8号玉(直径約200m)が打ち上げられる。
  • 1000mにもおよぶ光のシャワー「花火ナイアガラ」。
  • 花火以外のイベント(学生、子供が様々なショーを行う)も充実。

見どころ満載の花火大会ですので、一度も行ったことがない方は、今年こそはぜひ参加されてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク