650ERとは?米ガルフストリーム社の飛行機の価格や画像もチェック!

国会から平成31年度予算で外相専用機の導入に意欲を示しているという何ともいかがわしいニュースが入ってきましたが、

その候補機種の名前が、米ガルフストリーム社の650ERというらしいです。

今まで聞いたことのない機体だけに、一体どんな飛行機なのか?非常に気になります。

まぁVIPな飛行機で高価格だということは何となく想像できますが。

そこで今回は、米ガルフストリーム社の650ERについて気になるポイントを調査していきます。

スポンサーリンク

外相専用機の候補になっている650ERってなに??

まずは外相専用機の候補になっている650ERとは一体どんな飛行機なのか?ということですが、

なんでも最大20人乗りが可能な小型飛行機で、日本から米国の東海岸までは給油なしで飛行できる優れものみたいです。

気になる機体の画像ですが、

コチラが「ガルフストリーム G650ER」です! 

ガルフストリーム G650ER

いや〜正直な感想ですが、めちゃくちゃカッコいいと思いましたよ!

ちなみに、G650ERとは旧型:G650の派生系で、G650の航続距離を伸ばしたニューモデルなんです。2014年に発表されたモデルですので、まだまだ新しい機体なんです。

てか、めちゃくちゃ最新の飛行機ではありませんか!

G650よりも飛行時間が900km(500海里)も長いみたいですし、なんでも地球を一周する最短記録も成し遂げたというわけですから、

スペックが凄いということは素人でもわかります。

650ERの価格はいくらなの?

次に気になる機体の価格ですが、

調査したところ、650ERのユニットコストは6,868万(USドル)でした。

これを日本円に換算すると、

約77億円

になります。

飛行機が高いことぐらいは承知の上ですが、これほどの資金を飛行機の購入に充てる事を検討している政府には、

わざわざ国民の怒りを買うような行為をしでかしているとしか思えません。

政府が利用する専用機の中には100億円を超えるような代物もあるみたいですので、とびっきりの高級品というわけではなさそうですが、

それにしても庶民からしてみればその額を聞いた瞬間・・・

その財源をもっと国民のために使えよ!!

と思ってしまいます。

外相専用機を導入検討している理由は??

そもそもなぜ外相専用機を導入検討しているのか?

外相の言い分としては以下の通りです。

皇族や首相の外遊には政府専用機が使用されるが、外相は民間機が使われている。

引用:産経ニュース

要するに「外相にも皇族などと同じように専用機を設けて欲しい」という要望です。

その理由として、会談相手から食事に誘われても飛行機の搭乗時間の関係で断る事も少なくない為、とにかく中古でもいいから専用機がほしいという半ば切実なものです。

そこで関係者からも、三菱重工業が開発している低価格の国産ジェット旅客機「MRJ」はどうか?という提案はあったみたいですが、

航続距離に不満があるようで難色を示しているとの事。

たしかに、お偉いさん達が行う重要な会談といえば、日本の将来を左右する会だというのは間違いありません。

しかし、だからと言ってそんな高額を政府の予算に捻出するのもどうなのか?という話です。

中古でも良いとの発言もあったので、先ほど挙げた金額までは必要ないかもしれませんが、機体を購入することが決まれば、日本中からブーイングが殺到しそうな予感です。

無論、専用機体を購入する事で日本の外交力が大幅に向上するのであれば、個人的には悪い事だとは思いません。

いずれにせよ、専用機体購入により日本の外交力が向上する予感がしないのは残念です。

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク