日本人の体臭は無臭ではない?今こそ香水を嗜もう!

鼻をつまむ女性

皆さん、ご存知ですか?

「日本人には体臭がない」

そう思っているのって実は我々日本人だけで、外国人にはやや独特のニオイを放っているそうなんです。

これは日本に生まれて日本で育ち、周りもほぼ日本人という環境であれば全く気付かない事です。

例えば、友人や知人の家にお邪魔した時、その家独特のニオイ(生活臭)を感じた経験はありませんか?

一般的に、各家庭にはそれぞれ独自のニオイというものが存在しますが、こと自分の家となるとそのニオイはわかりませんよね?

それと同じで、同胞である日本人の体臭は感じにくいというわけです。

毎日お風呂に入ってこんなに清潔にしているのに臭うと言われると、一体どんなニオイなのか気になりますよね?

そのニオイとはずばり・・・

醤油の香り

であると言われています。

「あなたから醤油の香りがする」と言われて、個人的には特別嫌な気はしませんが、出来れば「良い香りがする」と思われたいですよね?

ニオイに敏感な日本人は無臭爽やかなフローラル系の微香を目指しがちですが、あまり軽過ぎると醤油の香りには抗えなさそうです(笑)

かと言って、自分では自覚出来ない体臭の事を考えて調味料や香辛料を変えるなんて難しいですよね?

ならばこの機会に香水を嗜んでみてはいかがでしょうか?

というわけで今回は、香水をさらっと嗜んで日本人独特の醤油臭(?)を上手くごまかし、邦人にも外国人にも喜ばれる良い香りを身に纏う方法について調査しました。

スポンサーリンク

香水の歴史

古来より洋の東西を問わず、「香り」を纏うために様々な手法が存在しました。

日本ではお香を炊いて着物にその香りを移すという方法や、香油を髪に塗る等の方法を用いて香りを纏ってきました。

そんな香りの歴史の中で、アルコールに香料を溶かす蒸留法がイスラーム社会からヨーロッパに伝来し、独自の進化を遂げたのが現代の香水です。

公衆衛生の概念が確立する以前のヨーロッパでは「入浴すると病気になりやすい」と信じられていた為、この香水が体臭をごまかす為に急速に広まっていったのです。

今ではオシャレに香りを纏うと言えば香水が主流で、香り成分の含まれた柔軟剤やデオドラント、消臭スプレーの類とは一線を画す、スタイリッシュで洗練されたアイテムとして認知されています。

スポンサーリンク

香水の付け方

香水をつける男性

香水は身体のどこにつけても良いわけではありません。

一般的には体温が高いとされている耳の後ろうなじ手首等につけます。

つけ過ぎて強烈な香りを放たないよう、2~3プッシュに抑えましょう。

香水はつけている本人が思っている以上に周囲に香っているので、使い続ける内に香りが弱く感じても、2~3プッシュの原則は崩さないようにした方が良いです。

他にも、足首太ももの内側などの下半身のあまり体温が高くない位置につける事で、芳香を抑えて良い感じに香らせる事が出来るとされています。

あるいは身体につけずとも、ハンカチ等にプッシュしてポケットに香りを忍ばせるという手法も洗練された香りの楽しみ方だと思います。

また、よりオシャレに香水を嗜むのであれば、トップノート・ミドルノート・ラストノートの概念を理解する必要があります。

香水はつけた瞬間から香りが変化していくので、どのノートの香りをどのシーンに合わせたいかを考慮し、いつつけるべきかを考えましょう。

例えば、「起き抜けにラストノートの甘い香りに包まれたい」と考えるなら、就寝前に香水をつけるべきなのです。

なお、香水は芳香の持続時間と濃度によってパルファム・オードパルファム・オードトワレ・オーデコロンの4つの等級に分類されるのですが、日本ではあまりその辺を意識して販売されていないので、今回は割愛します。

スポンサーリンク

どんな香水をつけるべき?

香水の付け方と並んで重要なのが、どの香水をつけるのか?という事。

たまに小説なんかで「安っぽい香水のニオイがする」という表現が出てきますが、大抵嫌な香りとして読み手には印象付けられます。

「安っぽい香水のニオイ」なんて言われても、素人にはピンと来ませんよね・・・。

そもそも、高い香水と安い香水で値段はかなり違いますが、どうしてここまで価格に差があるのか皆さんはご存知でしょうか?

高級ブランドの香水である事や海外輸入品である事も関係しては来るのですが、高い香水は

合成香料の含有率が低く、天然香料をより多く使用している傾向にあるのです。

要するに、自然界に存在する植物や花をふんだんに使用した天然香料なら、自ずと価格も上がるというわけです。

故に、天然香料は鼻につき難く、合成香料より高貴な芳香が期待出来ます。

加えて、1つの香水に含まれる香料の種類の多さも価格に影響を与えます。

あらゆる種類の香料により調香された複雑な香りの香水は、ただ単にレモンの香りがするフレグランスより高価な事は想像に難くありません。

そんな数ある香水の中で私が個人的におすすめしたいのはこちら、

【HERMES】エルメス ナイルの庭 EDT 100ml 【あす楽対応】【送料無料】香水

価格:9,828円
(2019/3/7 00:48時点)
感想(126件)


エルメスの「ナイルの庭」

です。

グリーンマンゴー、ロータスフラワーがトップノートを彩り、アロマティックラッシュがミドルノートを支配。ラストノートはインセンス、シクラメンウッドでしっとり。

爽やかで嫌味のない、男女問わずおすすめしたいフレグランスです。

ただし、いくら天然香料を使用した爽やかで万人受けすると言われている香りであっても、香水はその人独自の体臭と混ざり合って芳香を放つという特性上、万人受けするものは存在しないと言えます。

要するに、生理的に苦手な相手(主に遺伝子的に相性が悪いとされる異性)のニオイはどれだけ高価な香水を使おうが鼻につく可能性は高いはずです。

なので、無理に万人受けする香りをチョイスせず、自分の好みの香りがする香水をTPOに合わせて選ぶようにしましょう。

なお、本場フランスでは、香水をつけずに外出する事服を着ないで外出する事に等しいとまで言われています。

少しでも興味を持たれた方は是非香水の上手な嗜み方を身に付け、ワンランク上のオシャレに挑戦してみましょう。

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク