米人気ドラマ「フルハウス」続編、「フラーハウス」の圧倒的再現力に脱帽

かつてNHK教育テレビ(Eテレ)で放送されていた「フルハウス」という海外ドラマをご存知ですか?

90年代に小学生だった方やその親御さんにはきっと馴染みのある作品だと思います。

ファミリー向けの「シチュエーション・コメディ」いわゆる「シット・コム」で、アメリカで人気を博した後、世界各地で放映されました。

この作品で三女ミシェル役だったオルセン姉妹(双子で交互に出演)は人気子役としてその名を知られる事となり、「フルハウス」最終シーズンの出演料は何と16万ドル(1人当たり8万ドル)で、当時テレビに出演する子役としては最高額だったとか。

今では総資産数億ドルのセレブ姉妹として、デザイナー業に専念しているとの事。

彼女達自身の実力もさることながら、フルハウスのミシェルとして抜群の知名度を誇っていたからこそ、ファッション業界で意気揚々とスタートを切れた事は間違いありません。

視聴率が悪ければ話の途中でも早々と打ち切りになるアメリカのドラマ界で、シーズン8まで放送出来たフルハウスの人気はかなりの物ですからね。

さて、そんな「フルハウス」の続編「フラーハウス」が現在Netflixにて配信されているのですが、

その「フラーハウス」のキャストも、日本語担当の声優も、何から何まで

凄まじい再現度

なんです。

「フルハウス」ファンも、断片的にしか覚えていない方も必見の奇跡的な再現度なので、まとめてみました!

スポンサーリンク

前作「フルハウス」あらすじ

サンフランシスコに住むタナー夫妻には10歳のD.J.と5歳のステファニー、そして生後9か月のミシェルの3人の娘がいましたが、不幸にも妻パメラが交通事故で亡くなってしまいます。

失意のダニーは親友ジョーイとパメラの弟(義弟)ジェシーに協力してもらい、男手だけで子育てすることになり・・・

という所から物語がスタートします。

子育てを分担する父親とその親友と叔父、シーズンを通して成長していく娘達・・・「ごちゃ混ぜ家族」としてまとまっていく様を笑いあり涙ありでお届けするハートフルコメディ。

NHK教育テレビで放送されていたのも頷けますね。

そして「フルハウス」において一部女性陣にカルト的な人気を誇っていたのが・・・

ミシェル・・・ではなくて、写真右のジェシーおいたんことジェシーです!

イケメンセクシー叔父さんとして、ミシェルとは違う意味で人気でした。

改めて見てもイケメンですよね・・・。

スポンサーリンク

続編「フラーハウス」あらすじ

消防士のトミー・フラーと結婚し、3人の息子の母親となったタナー家三姉妹の長女D.J.ですが、夫のトミーが殉職し、息子たちと共にタナー家(前作フルハウスと同様の家)に戻って来ます。

父親のダニーたちがLAへ引っ越す為、シングルマザーとして3人の子供を育てる事になったD.J.。

気丈に振る舞うも子育てに不安を抱える彼女の本音を聞いたことで、次女ステファニーと旦那と別居中の親友キミーが同居を申し出ます。

そして、20数年の時を経て、新たなごちゃ混ぜ家族が再結成される事となります。

前作はパパが3人

本作はママが3人ですね。

スポンサーリンク

圧倒的再現力

ダニー(父親)・ジェシー(叔父)・ジョーイ(父親の親友)を主軸に据え、3人の男性が女の子の子育てに奮闘する「フルハウス」から、

D.J.(母親)・ステファニー(叔母)・キミー(母親の親友)を主軸に据え、3人の女性が男の子の子育てに奮闘する「フラーハウス」へと続く事になるわけですが、

何がすごいって

登場人物を演じるキャストが軒並み続投しているんです!

これが往年のファンからすると感動的なレベルの再現力で、良くぞ、ここまで揃えられたなと舌を巻くほどです。

前作「フルハウス」で演じた役柄を20数年の時を経て演じる事に、これだけの数のキャストが同意し、出演しているって結構すごい事です。

加えて、日本語の吹き替えを担当する声優さんも同じで、家のセットや間取りの再現性もほぼ完璧です。

ですが、フルハウスで大人気を博したミシェル役のオルセン姉妹のみ、出演を了承しなかったそうです。

もう女優業は引退した彼女達ですし、役者の仕事に未練はないので仕方がないですね・・・。

ですが、フルハウスの面々と仲違いをしているというわけではなく、未だに親交はあるようです。

「GODZILLA」や「アベンジャーズ」に出演しているオルセン姉妹の妹(双子達の下の妹)エリザベス・オルセンに出演を打診する等の動きもあったようですが、なかなか折り合いはつかず。

結局、作中ではNYでファッション関係の仕事をしているという設定で定期的に話題には上るものの、今の所ミシェルとして本人達の出演はありません。

ここまで続投で再現し切ったのですから、代役は使わないで欲しいと思う一方、エリザベス・オルセンの方がオルセン姉妹より綺麗でスラりとしているので、大人になったミシェルとしてありっちゃありかも知れません。

写真はエリザベス・オルセンです。ミシェルとして全然アリですよね?!

女優としてのキャリアも着実に積み上げていますし、フルハウス時代に撮影現場に同席した事もある為、他の出演者とも面識がある様子。

なので、どうしてもオルセン姉妹が無理なのであれば、エリザベスに再打診してみるのも良い案だと思います(何より、姉ちゃん達と似ている!)

まとめ

D.J.の息子3人や親友キミーの娘ラモーナ等、新しい登場人物も加えてより賑やかになった「フラーハウス」。

現在シーズン3までNetflixにて配信されています。

加えて、シーズン4の配信が2018年12月14日に決定したとの事です。

個人的にはD.J.の親友でトラブルメーカーのキミー・ギブラーがフルハウス時代から好きだったので、彼女が主人公の1人になったのも「フラーハウス」の見どころだと思います。

無論、前作同様トラブルメーカーとしてしっかり役割を果たしており、「足が臭い」、「ダニーやステファニーから快く思われていない」等の細かい設定まできちんと再現されています(笑)

「フルハウス」の続編「フラーハウス」、往年のファンで視聴を迷っている方は是非ともご覧下さい!

スポンサーリンク